地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)

日曜随想天塩路

会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

Back Number


2009年
1月
2月
3月
31日「名寄で公開授業」   21日「エゾシカの死に想う」
4月
5月
6月
     
7月
8月
9月
     
10月
11月
12月
     

2008年
1月
2月
3月
12日「自分の未来と現実」
26日「数検グランプリ金賞を受賞して」
2日「団塊世代のヨーロッパ映画音楽」
9日「バレーボールを通して」
23日「平和に生きる」
8日「清い瞳」
15日「先生、こんにちはー」
22日「開校60周年に当たって」
29日「がんばること」
4月
5月
6月
26日「小さな凶器」 3日「誠実・自主・愛郷を目指して」
24日「智恵文のごみ問題」
7日「漢字検定に寄せて」
7月
8月
9月
  2日「体験クルーズの感想」
9日「体験クルーズでの思い出」
23日「体験クルーズを振り返って」
30日「戦争と郷土」
6日「地域交流センター」
10月
11月
12月
     


2007年
1月
2月
3月
13日「火災報知器の設置普及へ」
20日「実行委員になり得た事」 
10日「今までを振り返って」
17日「飛べ!鳥人たち」
24日「地域交流センターの役割」
17日「新たな取り組み」
24日「”人生・車窓の如く”―学校講演―」
31日「名寄の冬を満喫」
4月
5月
6月
7日「天塩川流域の森づくり」
14日「名寄市の警察官として」
21日「名寄へ来て」
12日「消防学校派遣を終えて」
19日「中名寄小百三年の歴史を見つめ」
2日「出向で学んだこと」
9日「Airてっし1周年を迎えて」
16日「楽しかった日光旅行」
23日「聞くことを学ぶ」
30日「社会人2年生」
7月
8月
9月
21日「美深署少年補導員41年間に想う」
28日「まもなく100周年迎える東風連小」
4日「地域から期待される下川商業高等学校に着任して」
11日「約束」
18日「コロポックルのサマーキャンプ」
25日「美しい自然が名寄の自慢」
1日「社会人になって」
8日「交通死亡事故の絶無を目指して」
22日「バル・エル・ランチョ」
29日「スポーツで健康と交流」
10月
11月
12月
6日「歌うことの楽しさ、その喜びを」
13日「旭潔を紹介します」
20日「いつまでも熱く!」
27日「林貞子さんを想う」
10日「Let’s Curling!!」
17日「名高新聞局の伝統と未来」
24日「職業体験学習」
1日「穀物状況とアメリカ酪農」
8日「生きた証の表現」
22日「バレーボール雑感」

2006年
1月
2月
3月
 7日「世界平和と国連」
14日「森林浴」
28日「下川の4つの星」
4日「福祉の推進を期し」
11日「『安全・安心』まちづくり」
18日「昔遊び」
4日「そったく〜十人十色の輝き〜」
18日「限りない未来へ」
25日「北の古里名寄」
4月
5月
6月
1日「なかよし?」
8日「『ケ抜き談義』みどりおか」
15日「Airてっし開局」
22日「演歌療法」
29日「B&Gクルーズ」
13日「ようこそ恩根内へ」
20日「教育基本法改正の行方」
27日「創立50周年」
3日「ありがとう」
17日「クルーズに参加」
24日「『山親父のふるさと』」
7月
8月
9月
1日「生活環境保全林」
8日「夢に向かって」
22日「私の昭和と父」
29日「ピヤシリの自然に魅了」
5日「特認校紹介」
12日「地球ハーモニーなよろ」
19日「山村留学の里仁宇布」
2日「半年が過ぎて」
9日「祭りで思うエコごころ」
16日「なよろ山遊会設立10周年を記念」
23日「山と山菜」
10月
11月
12月
7日「保育士になって」
14日「国境の島、国後島を訪問して」
21日「東アジア共同ワークショップ」
11日「後進育成の力に」
18日「ねんりんピックに参加して」
2日「安全で安心な車社会」
9日「地域の文化が子どもを育てる」

2005年
1月
2月
3月
8日「講演会を終え」
15日「講演会を終え」
22日「究極のぜいたく」
29日「世界遺産に接し」
5日「完走バンザイ」
12日「追憶」
19日「伝承講座とは」
26日「救える命」
5日「新たな歩みを」
12日「海外旅行雑感」
26日「思い出」
4月
5月
6月
2日「笑顔でボラ!」
9日「"花の景観"を」
16日「ピンポン人生」
23日「学校と家庭の連携」
30日「すばらしい町」
7日「新井英一ライブ〜ライブは人生のサプリメント」
21日「体験旅行に参加」
28日「過疎と結婚式」
4日「社会人になって」
18日「安全意識の輪を」
25日「笑顔がうれしい」  
7月
8月
9月
9日「子どもも大正琴」
16日「秘書という仕事」
23日「清涼な空気の下で」
6日「健康の森」
13日「東小コミ・カレ」
20日「マスターズ陸上」
27日「海洋セミナー」

3日「秋風にそえて!」
10日「仮装パレード」
17日「海洋セミナー」
24日「20周年記念大会」
10月
11月
12月
1日「特認児童の今」
8日「キッズスクール」
15日「新規就農」
22日「『いのち』の大切さ」
29日「子どもは、地域で伸びる」
5日「楽しかったコンサート」
12日「認定病院に指定」
19日「ザ・ど・にち会」
26日「気軽に声を」
3日「国際協力と日本」
17日「多くの善意に感謝」
24日「オンリー・ワン」

2004年
1月
2月
3月
10日「行財政の改革」
17日「行財政の改革」
24日「広報紙づくり」
31日「中名寄小の教育」
7日「親子ふれあい」
14日「きっかけ」
22日「遺失と拾得」
29日「雪像製作楽しむ」
6日「分村80年」
13日「百年継なぐ児童」
20日「生涯学習」
27日「真冬体験キャンプ」
4月
5月
6月
3日「1年間を振り返り」
10日「息子の引っ越し」
17日「伴走を務めて」
24日「南小80年のあゆみ」
1日「ハウスで生甲斐」
8日「名短での生活」
15日「御影石」
22日「開院から半年」
29日「子供の安全」
5日「看護体験終えて」
12日「信頼の絆で」
19日「生活の質雑感」
26日「自然と共に学ぶ」
7月
8月
9月
3日「子どもの安全2」
10日「俳句大賞の受賞」
17日「子どもの心」
24日「3カ月振り返り」
31日「伴奏をつとめて」
7日「人生どう生きる」
14日「消防100周年に思う」
21日「生涯学習の喜び」
28日「藤島町交流事業」
4日「孫から元気を」
11日「友達ができた」
18日「海洋体験の思い出」
25日「海洋体験に参加」
10月
11月
12月
2日「夢に向かって」
9日「布との会話」
16日「ボウリング」
23日「安心安全な環境」
30日「救急業務の現況」
6日「旅行の思い出」
13日「海外研修を終えて」
20日「二人の旅」
27日「消費者の被害」
4日「共立トラスト」
11日「生涯スポーツ」
18日「ド市訪問に思う」
25日「”交通安全”に思う」

2003年
1月
2月
3月
5日付「資料館への思い」
12日付「風にふかれて」
19日付「教訓を生かす」
26日付「『忘れな草』」
2日付「完走を第一に」
9日付「6度目の芝居の話〜宝くじに当たらなかったあなたの為に〜」
16日付「新鮮な四季」
2日付「平和を考えて」
9日付「死闘の3日間」
16日付「環境ビジネス」
23日付「学校を終えて」
30日付「私の父」
4月
5月
6月
6日付「1年を振り返り」
13日付「国体を振り返り」
20日付「離れて得た物」
4日付「詩吟」
11日付「自然に囲まれて」
18日付「体験クルーズで」
25日付「5月の風」
1日付「命の尊さ」
8日付「地域スポーツ考」
15日付「旅友のみち草」
22日付「話し方」
29日付「名寄駐屯地創設100周年?」
7月
8月
9月
6日付「体験クルーズで」
13日付「俳句のつれづれ」
20日付「ただいま風連町」
27日付「防災研修会」
3日付「私とゴルフ」
10日付「カレッジ生活」
17日付「薬草と出合って」
24日付「へっちゃLAND」
31日付「花火の思い出」
7日付「野外体験活動」
14日付「セミナーに参加」
21日付「子供とリーダー」
28日付「学校物語に学ぶ」
10月
11月
12月
5日付「キノコ銀座」
12日付「俳句と出会う」
19日付「二度目の人生」
26日付「少年団とは何か」
2日付「沖縄に行って」
9日付「人生に克つ」
16日付「人形劇にふれて」
23日付「桜の森をつくる」
7日「カーリング」
14日「全国大会に出場」
21日「100号キャンバス」
28日「引き出しあって」
   
 
BACKNUMBER

最新の天塩路
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.