地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)

日曜随想天塩路

会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2004年5月17日付

2カ月ぶり日本語で

第18回

 腹がペコペコだったので、オーッとばかりに食べ始めたが、食べても食べても終わらない。それでも全部食べてしまった。結局、その夜、飛行機の中で夕食を食べそこねた。
夕方、ピーターとジュデイが車で私をエアポートまで送ってくれた。2カ月もお世話になってしまった。ホバートのエアポートは旭川空港にそっくりで、乗り降り手続きも簡単なものだ。手を振って、ピーターとジュデイと別れ、夜の七時にタスマニアを離れた。
 私の隣の席は、珍しく日本人の若い女性だった。日本人と直接、話すのは2カ月ぶり(電話で、フミコと話したのは別として)で、何か話し方がギクシャクしているのが自分でもわかった。
 多分、常に英語にとり囲まれ、話す時も自分の少ないボキヤブラリーで表現していたのだろう。彼女は学生で、シドニーに留学して今年4年目という。「こちらに良い仕事があれば残りたいけど、なさそうなので来年は日本に帰ろうかどうしようか迷っているのです」と彼女は素直に言った。
 北海道の江別で生まれ、2年過ごしたので「時々北海道にも行きました」と懐かしそうであった。
 「永住権を取っても仕事がないのじゃ意味ないように思いますし、皿洗いまでして残っても、それじゃ大学で4年間勉強した事が生かせないですものね」と彼女は言った。
 オーストラリアは日本よりも仕事が少ないらしい。経済成長率は日本よりも低いわけだし、農業国であるし実際には白人優先社会が根底にあるのだろうから、いい仕事にありつくチャンスは少ないだろう。
 「大学への政府からの予算も年々削られて、余裕がなくなっているので、留学生はネギを背負ったカモみたいなものですよ」と彼女は笑った。それだけの高いお金を払って大学に行っても、就職出来ないのじゃ本当にカモネギだと私も思う。
 海外留学というのも再考すべき時期に来ていると思う。花嫁修行くらいのつもりなら、さして問題もないが、大学を卒業して条件のよい会社への就職を考えるならやめた方が利口かもしれない。私みたいに社会からドロップアウトしてみたければ話は別であるが。
 国際感覚を身に付ける事も大切であるが、若い時期に中途半端に外国で過ごすとアイデンティティーの問題で悩む事になる。それを一生引きずっていくかもしれない。
 私は日本で生れ育ち、30歳の時に初めて外国へ行った。外国で暮らした。だから日本人としてのアイデンティティーは既に自己の中で確立されており、アイデンティティーの事では悩まずにすんだ。
 しかし、骨の髄まで日本人だから、逆に外国には溶け込めないし、根を下ろせなかった。なじめないのだ。外国へいくのは旅が好きだからである。何年外国に居たって必ず日本に帰って行く、そういう人間だ。

(写真=シドニーベイの水上バスからシティーを見る)

著 者 紹 介
 栗岩英彦さん(59)の「オーストラリア自転車の旅・パートU」をシリーズで掲載します。栗岩さんは長野県出身。東京農大卒。会社員生活のあと「世界一周の旅」を目指しインド、アフリカ、アフガニスタン、パキスタン、ヨーロッパ、南アフリカなどを訪問。平成3年下川へ。7年から北町でレストラン「モレーナ」経営。14年2月から4月までオーストラリアのタスマニア島(州)を自転車旅行。同島は北海道とほぼ同じ面積。旅行記は同島に近い小さなフリンダース島から始まる。

[ 2004-05-16-17:00 ]

 
BACKNUMBER

2004年5月

第1回「旅先で知り合い食事」
第2回「大魚に戦いを挑む」
第3回「村に1軒のレストラン」
第4回「友人と別れ、また一人旅」
第5回「冒険小説そっくりの船」
第6回「イースターで大移動」
第7回「シドニーの肉食文化」
第8回「ジュディとの再会」
第9回「海を見下ろす丘の家」
第10回「10年ぶり体重10キロ減」
第11回「ガラクタ市楽しむ」
第12回「キャンプ地にごみなし」
第13回「パブでビールと音楽を」
第14回「簡素なピーターの朝食」
第15回「友人と島へピクニック」
第16回「ピーター家族がそろう」
第17回「カレー大盛りに仰天」
第18回「2カ月ぶり日本語で」
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.