地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)

日曜随想天塩路

会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2004年5月10日付

カレー大盛りに仰天

第17回

4月7日(日)晴れ
 今日はピーターとジュデイの仕事を手伝った。引っ越して間もないので色々とやる事がある。庭を片付け、出たゴミ、ガラクタの類(ガーベッチ)を捨てに行った。車の後ろにトレーラー(カート)を取り付ける。トレーラーは小型トラックの荷台くらいの広さがあり、何でも運べる。
 こちらでは、ポピュラーなもので皆が使っている。車文化の国なのだ。街のはずれにあるゴミ処理場まで行った。入り口で料金を払い指定の場所に捨てる。非常に広い。再生できる段ボールや金属の類は別な所に置く。
 中古品の利用が普及しているので、日本みたいにむやみやたらとまだ使えるような物が捨てられるわけではない。日本人は古くなると捨てる癖があるというよりは、やはりおごっているのだろう。ヨーロッパ人もオーストラリア人も物は大切にしている。日曜市に行くと誰も買わないようなガラクタまで並べている。
 帰りに友達のスーの家に寄った。カートはスーから借りたので、返しに来たのである。スーの家も中がきれいで驚いた。キッチンの間のとり方は、ありきたりでなく楽しいものだった。料理するのが楽しくなる空間だ。
 夕食は私が作った。マトンのカレーとジャガイモとトマトのソテーにごはんというメニュー。家の雑用でジュデイもピーターも腹ペコで食卓についた。ワインと自家製アップルサイダーで乾杯!。テレビはあまり見ない。色々な話をしながら食事した。
4月8日(月) 曇り
 いよいよタスアニアを去る日が来た。ジュデイは朝から仕事に行き、ピーターは山に行く準備とビールを仕込む仕事を始めた。私は午前中にイタリア製のパーコレーターを買いに街へ行った。マイヤーという古いデパートで以前に見つけた。48ドルだが、ちょうどデスカウントセールの期間でたったの2500円で買った。
 ラッキー!。12カップ用、一番大きいサイズだ。日本で買うとかなり高価なものだが、こちらではバカ安く買える。タックスが掛かっていないためだ。
 帰りにアジアンテイストの店に寄って、ナスのカレーライスをお昼ご飯に食べた。大、中の皿とご飯茶わん(小)が置いてあり、そのどれかをまず選び、次にカレーの種類を選ぶ。そのあと、ライスにするかマンドルにするのかと店員に聞かれた。適当に大きい皿をとりナスのカレーを選んだ。ヌードルはやめて、ライスにした。でもこれは大失敗だった。ナント!カレーとライスが大盛りの大盛り。誰が食うんだというぐらいの量なのである。皿にうず高くのったカレーライスを見て、私はうなった。オーストラリアではスモールを注文してちょうど良いという事を忘れていたのだ。

(写真=野生のカンガルー。至る場所で見られる)

著 者 紹 介
 栗岩英彦さん(59)の「オーストラリア自転車の旅・パートU」をシリーズで掲載します。栗岩さんは長野県出身。東京農大卒。会社員生活のあと「世界一周の旅」を目指しインド、アフリカ、アフガニスタン、パキスタン、ヨーロッパ、南アフリカなどを訪問。平成3年下川へ。7年から北町でレストラン「モレーナ」経営。14年2月から4月までオーストラリアのタスマニア島(州)を自転車旅行。同島は北海道とほぼ同じ面積。旅行記は同島に近い小さなフリンダース島から始まる。

[ 2004-05-09-17:00 ]

 
BACKNUMBER

2004年5月

第1回「旅先で知り合い食事」
第2回「大魚に戦いを挑む」
第3回「村に1軒のレストラン」
第4回「友人と別れ、また一人旅」
第5回「冒険小説そっくりの船」
第6回「イースターで大移動」
第7回「シドニーの肉食文化」
第8回「ジュディとの再会」
第9回「海を見下ろす丘の家」
第10回「10年ぶり体重10キロ減」
第11回「ガラクタ市楽しむ」
第12回「キャンプ地にごみなし」
第13回「パブでビールと音楽を」
第14回「簡素なピーターの朝食」
第15回「友人と島へピクニック」
第16回「ピーター家族がそろう」
第17回「カレー大盛りに仰天」
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.