地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年12月13日

仮置き踏まえ増額妥当
下川町環境保全対策審議会・埋め立てごみ処理手数料で答申

 【下川】下川町環境保全対策審議会(林宏会長、委員7人)が12日に町役場で、谷一之町長から諮問を受けていた「町のごみ処理手数料見直し」に答申した。
 町の埋め立てごみ処理場は、来年4月から名寄市内「広域最終処分場」を利用。これに伴い、ごみの分別・処理方法、費用負担の在り方など見直しが必要となり、審議会では住民意見を踏まえながら、昨年8月から今年12月まで、5回にわたって審議を重ねた。
 答申は3月にも一度行っており、町で埋め立てごみのストックヤード(仮置き場)の建設を決定。これに伴い、ごみ処理の費用負担も見直すが、次年度は現行を維持し、平成31年4月と同32年4月に10キロ当たりの単価を43円ずつ値上げし、家庭系129円、事業系172円とする案で検討。一方で、資源ごみの手数料は家庭系のみ無料だったが、事業系も無料にして再資源化を促す考え。
 今回は2度目の答申で、費用負担見直し案の審議結果を報告。林会長が谷町長へ答申書を手渡した。答申書では「手数料でストックヤードの建設・管理を考慮し、住民負担を求めるのは妥当」「急激な金額上昇による住民負担増を避けるため、激変緩和は措置すべき」「事業系資源ごみ無料化は、資源化を促すために妥当」「町民・事業所のごみの抑制・原料・分別への意識を高め、ごみ全体の排出量削減と資源化策を進めていただきたい」と記した。

(写真=答申書を谷町長へ手渡した林会長)

[ 2017-12-13-19:00 ]


火災予防に注意喚起
名寄消防署が歳末飲食店パト

 【名寄】名寄消防署(佐々木幸雄署長)の「歳末飲食店パトロール」が12日に名寄地区の飲食店で行われ、署員が火災予防を喚起した。
 歳末の忘年会シーズンを迎え、火災予防意識の普及、高揚を目的としたパトロール。風連地区(9店舗)では今月4日に実施し、この日は名寄地区の飲食店98店舗を対象に行われた。
 パトロールは、同署員が2人一組、4班態勢で各店舗を巡回。
 飲食店を訪れた署員は(1)火を使用している際はその場を離れない(2)コンロの周りに燃える物を置かない(3)換気扇はこまめに清掃する―など火災予防のためのポイントが記された啓発チラシを、飲食店の従業員に配付。防火管理の徹底を呼び掛けていた。

(写真=飲食店を巡回し防火管理の徹底を呼び掛けた名寄消防署員)

[ 2017-12-13-19:00 ]


きね持つ手に力を込め
もち米サポーター養成塾・修了式で活動を振り返る

 【名寄】第4回「もち米サポーター養成塾」(村中洋一塾長)が9日に名寄市総合福祉センターで開かれた。塾生たちは、なよろもち大使と一緒に餅つきを体験。修了式も行われ、活動を振り返った。
 名寄市食のモデル地域実行協議会(臼田進会長)による事業で、生産日本一を誇る名寄のもち米を市民の誇りとしてもらおう―と同塾を企画。一年を通して生産者と交流して学ぶことを目指し、今年は4回開講。小学生から一般まで塾生14人が受講した。4月にもみまき見学、5月に田植え体験、10月に稲刈り体験を行い、今回の修了式を迎えた。
 なよろ名誉もち大使の水間健詞さんと及川友和さん、11代目なよろもち大使の今田正志さんと大出崇博さんによる餅つき講座でスタート。村中塾長のほ場で収穫した新米の「はくちょうもち」15キロを用意した。続いて、塾生たちがもち大使と一緒に餅つきを体験。重たいきねの扱いに苦労しながらも、手に力を込めて餅をつき、でき上がっていく様子を実感。つき上がった餅は正月用ののし餅として作った。また、バターしょうゆや、きな粉をまぶして試食。バターの塩味が餅ともマッチするなど新たな食べ方、おいしさを発見していた。
 修了式が行われ、久保和幸副市長から塾生に「もち米サポーター」の認定書が贈られた。

(写真=力を振り絞りながら餅をつく塾生たち)

[2017-12-13-19:00 ]


堂々と練習成果を披露
美深こども文化祭・サンタからのプレゼントに笑み

 【美深】美深町文化協会(菅野勝義会長)主催の第11回美深こども文化祭「キッズ・オン・ステージ」が10日に町文化会館COM100で開かれた。
 次代を担う子どもたちの文化活動の成果を発表する場で、本年度は美深北斗太鼓芸能保存会少年部、美深町幼児センター、キッズ呼布の会、ヤマハ音楽教室、美深小学校金管バンド、山下ピアノ教室、美深一輪車クラブ、ODSmoversの総勢約150人が出演。
 ステージでは、各団体の子どもたちが自信に満ちた表情で、堂々と練習成果を発表。会場を埋めた保護者や地域住民らから大きな拍手を受けていた。
 また、サンタクロースとトナカイに扮(ふん)した同協会役員が、子どもたちに菓子をプレゼント。一足早いクリスマスプレゼントに満面の笑みを浮かべていた。

(写真=活動成果を発表したステージ=上=、子どもたちにプレゼントも贈られた)

[2017-12-13-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.