地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年9月7日

いまだに停電続く地域も
住民生活へ大きく影響・6日の「北海道胆振東部地震」で

 6日午前3時8分ごろ、胆振管内を震源とした地震が発生し、道内全域で一時停電となった。本紙管内(名寄、下川、美深)も発生直後から全域で停電となり、名寄市内では同日午前10時前後から復旧地域が広がっているものの、7日午前10時現在でも停電が続いている地域があり、住民生活や経済活動に大きな影響を与えている。
 「北海道胆振東部地震」と命名された今回の地震は、同管内の厚真町で北海道初となる震度7を観測。この影響で、道内電力供給の拠点となっている苫東厚真火力発電所が緊急停止したことに伴い、全体の発電量と消費量のバランスが崩れ、道内全域となる約295万戸が一時停電。また、道内全域の復旧には1週間以上かかるとされている。
 本紙管内を含む上川北部は震度4を観測、地震発生直後に全域で停電。名寄市内では、6日午前10時ごろから名寄地区西町地域や風連地区南町、午後9時ごろに東小学校周辺など一部地域で復旧が始まり、少しずつだが停電解消地域が拡大。だが、町内会単位で停電が続いている地域がある他、同じ町内会でも解消された世帯とされていない世帯などがある状況。
 市が把握している同日10時現在の停電地域は、名寄地区が名寄産業高校北側の大橋や智恵文の一部。国道40号から東8号道路の間で、上川総合振興局北部森林室名寄分室などがある北1丁目から公園通りの南9丁目までの一部。スポーツセンターから南側の一部。
 風連地区は、市役所風連庁舎周辺の西町や豊里の一部などで市防災担当は「市内全体の約6割が復旧したが、停電が続くくく残り4割の地域は解消めどが立っていない」とし、道内全域の停電被害のため情報把握が困難で、どの地域からどのタイミングで復旧するか不透明な状況だ。今後の対応では「情報の把握に努め、停電世帯を中心にできる範囲でサポートし、市民生活の不安をできるだけ解消したい」と話している。
 名寄市立総合病院では、6日は外来診療、入院診療、手術は救急のみを対応(人工透析、一部検査も対応)。同日中に電源が復旧したため、7日の外来診療は通常通り実施。しかし、同院周辺にある調剤薬局への電力が復旧しておらず(7日午前11時現在)、粉薬を自動で分割する散薬分包機などが利用できず、対応できない場合があるとのこと。このため、同院では7日、小児科のみ薬剤の処方は院内で対応した。この他、同院は、災害派遣医療チーム(DMAT・ディーマット)として6日、医師、看護師など同院スタッフ6人を札幌医大に派遣。被災地での医療支援に当たっている。同院の他、名寄東病院、三愛病院、吉田病院などでも一部を除き通常診療を開始した。
 また、北海道電力道北支社によると、道内の電力復旧率は約40%(7日午前10時半現在)。名寄市内も徐々に電力は復旧してきているが、一部地域では不便な生活を余儀なくされている状況。同支社は、火力発電の復旧に全力を挙げているとし、「電力の需要と供給のバランスをみながら、官公庁、医療機関、公共施設を優先し、復旧作業を進めている。電力需要に供給が追い付かなくなると、復旧した地域でも再び電力が停止する可能性がある」と、電力が復旧した地域でも節電に努めるよう協力を呼び掛けている。
 下川と美深の一部地域でも停電が続いている。

[ 2018-09-07-19:00 ]


市民が不安な生活送る
名寄・市内全域の停電で大きく影響

 【名寄】名寄市内では、地震による直接的な被害はなかったものの、停電によって多くの市民が不安な生活を送っている。
 市は停電後、加藤剛士市長を本部長とする対策本部を設置して状況把握などの対応に追われた。
 名寄、風連両庁舎をはじめ、市民文化センター、智恵文支所で、スマートフォンなどの充電コーナーを6日に開設。停電の影響でテレビによる情報収集が困難となり、多くの市民にとって唯一の情報収集手段がスマートフォンなどの通信機器。市広報車とFMなよろの周知により、各開設場所には多くの市民が詰めかけ、その中でも同センターにはピーク時、300人を超える市民が訪れた他、翌7日早朝から充電する市民の姿も見られた。
 地下水利用世帯などを中心に断水した市民をサポートする給水所も、市役所などに開設。開設所への移動手段がなく、給水に行けない市民に対しては水を届けるなどして柔軟に対応した。
 信号機も非常電源のある国道40号と国道239号交差点(西4南1・北1)を除いた全ての信号機が消えたため、交通量の多い国道40号と公園通り(西4南9・10)、国道40号と徳田17線、大通りと公園通り(大通南9・10)、JR風連駅前(風連町本町)の交差点4カ所で、名寄警察署員が手信号で交通整理を実施。交通整理のなかった交差点ではスピードを落としたり、一時停止して譲り合いながら走行する様子が見られた。
 踏切では、遮断機が下りたままになった所もあり、JR職員が応急対応して遮断機を上げていたが、一時、通行車両が大きく迂回せざるを得ないこともあった。
 JR宗谷本線、都市間バスの高速なよろ号(名寄〜札幌間)、特急えさし号(枝幸〜旭川・札幌間)、特急天北号(鬼志別〜旭川間)、路線バスの名寄〜旭川間は、6日は始発から終日運休。7日以降も始発から運行再開の見通しが立っておらず、公共交通機関の乱れが続いており、旅行客が足止めされている。
 市内一円が停電に見舞われた6日は、飲料水やインスタント食品、懐中電灯、電池、カセットコンロなどを買い求める市民が市内各店に殺到。列に並ぶと店員が注目を聞き、店員が品物を持ってくるという店舗や、店舗外に品物を並べ販売する店舗などさまざま。さらに、停電でも対応可能なガソリンスタンドの前にも、給油を待つ自家用車が列を作った。また、市内の全小中高校が臨時休校となった他、予定されていた学校祭や敬老会などの各種行事も延期、中止となり、多くの市民に影響を与えている。

(写真上から=多くの市民が集まった市役所名寄庁舎の充電コーナー、信号機が消え、交通整理する名寄警察署員、必要品を買い求め行列を作る市民=ベストホーム前=、長蛇の列となった西4南4にある木賀商店のガソリンスタンド)

[ 2018-09-07-19:00 ]


災害用非常食の配布も
美深町・地震による停電で

 【美深】道内全域が停電に見舞われ、美深町でも多くの住民が不安な夜を過ごしたが、7日午前3時52分に国道275号線以南の地域など町内一部で電力が復旧。約6割の世帯で停電が解消された。
 地震発生の6日、町では緊急の対策会議を開催し、備蓄している災害用非常食「長期保存食品アルファ米」を約1000食提供、役場正面玄関での携帯電話充電コーナー設置、町保健センターに高齢者対象の自主避難所開設などの対応策を実施。さらに、断水になるとの誤情報が拡散されたため、早急に広報車3台を出動させ、上下水道が止まる心配がないことを広報した。
 美深スーパーでは缶詰、カップ麺、飲料水などが販売され長蛇の列。コンビニや商店でもパン類やおにぎり、惣菜などの食料品、ライトや乾電池などを買い求める町民の列ができ、売り切れる商品が続出した。
 街中に明かりが一つもない不安の夜となったが、翌7日午前3時52分に国道275号線以南の地域をはじめ、玉川、泉、川西、六郷、斑渓、吉野、新生・敷島の一部電力が復旧。正午現在、国道275号線以北の地域に加え、新生・敷島・辺渓の一部、仁宇布で停電が続いており、復旧のめどが立っていない。
 町総務課総務グループによると、自主避難所の保健センターへの避難者は1人。そして、電力未復旧の地域に、新たに携帯電話充電コーナーを設置したとし、現在、役場、町文化会館COM100(以上午後10時まで)、新生コミセン、恩根内センタープラザ、仁宇布コミセン(同5時まで)で充電が可能。
 臨時休校していた幼児センター、小中学校、高校は、同センター保育部を除いて引き続き休校とした。

[2018-09-07-19:00 ]


4高群など隊員140人
名寄駐屯地からも被災地支援へ

 6日未明に発生した胆振地方東部を震源とする地震を受け、名寄に駐屯している第4高射特科群(末永吉孝群長)、第101高射直接支援大隊第2直接支援中隊(岩佐渉中隊長)の隊員計140人が7日午前、第7師団司令部を置く東千歳駐屯地に向け出発した。
 名寄駐屯地広報班によると、4高群は末永群長をはじめ隊員130人が、大型車、中型車、小型車、レッカー車など車両43両に分乗し出発。同第2直接支援中隊からは、隊員10人が車両5両とともに、東千歳に向け名寄を発った。
 両部隊は今後、第7師団の指揮下で活動することになっているが、具体的な支援地域や活動内容については未定(7日正午現在)となっている。

[2018-09-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.