地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年8月31日

国と同水準の負担に疑問
元道議クラブ・沿線市町村長と懇談会
宗谷本線維持で意見

 【名寄】元道議クラブ(中川義雄会長)とJR宗谷本線沿線市町村長との懇談会が31日に市役所名寄庁舎で開かれた。意見交換では、鉄道路線維持に向け、国が沿線自治体と同水準の負担を条件に支援するとした前提に疑問の声が上がった。
 同クラブは道議会議員OBで構成。今回、道北地域の視察研修の一環で名寄を訪れ、懇談会にはOBの中川会長や加藤唯勝さんら8人、現職の中野秀敏議員と三井あき子議員(旭川市)、沿線首長ら11人が出席した。
 名寄市の加藤剛士市長が現状を説明。「国がJRに2年間で400億円支援するが、前提として沿線自治体が国と同水準の負担をすることが条件で、困惑している。車両更新や鉄道施設・設備の基盤改善に費用はかかるが、市町村の財源は限られており、国と同水準というスタンスは納得できない」と訴えた。
 同クラブの佐野法充さん(札幌市豊平区)は「400億円支援は根本的な解決にならない。JRは運転資金がないというが、6800億円の経営安定基金があり、財政的には優良だが、基金は自由に使えない。鉄道を守るためには国に責任を持ってやってもらうしかない。全政治力を結集して国に迫るべき」と訴えた。

(写真=挨拶する中川義雄会長。左は加藤唯勝さん)

[ 2018-08-31-19:00 ]


安全安心の車社会へ寄与
名寄地区自動車整備協会・創立50周年記念式典で発展願う

 【名寄】名寄地区自動車整備協会(村上義信会長)の創立50周年記念式典が30日にホテル藤花で開かれ、関係者が記念の節目を祝うとともに、整備業界のさらなる発展を願った。
 全国的なモータリゼーションの波に乗り、名寄地方も整備業者が増加する中で、1955年(昭和30年)に名寄公民館の一室を使用し、自動車整備士講習を開設。67年(昭和42年)3月には名寄、風連、下川、美深、音威子府の地方一円の会員が集い、組織の前身となる旭川整備振興会名寄部会を創立。2011年4月に名寄地区整備協会と改称。現在は会員34人(34事業所)で組織。旭川地方自動車整備振興会の事業計画に基づいての企業の体質改善、完全整備と適正整備料金の収受、定期点検の普及、整備士の育成・技術講習などの他、従業員の親善を図るボウリング大会なども開催している。
 記念式典には、会員、来賓ら30人が出席。同協会歴代会長の村上義雄さん(3代目)、坂井洸治さん(4代目)に感謝状を贈呈。会員各事業所に記念品が贈呈された後、来賓の齋藤義明北海道運輸局旭川運輸支局首席陸運技術専門官、松永孝道旭川地方自動車整備振興会副会長が「北海道においては、車がないとわれわれの日常生活が成り立たず、整備工場は不可欠。誇りを持って日ごろの業務に当たってもらいたい」などと祝辞を寄せた。祝宴では、和気あいあいと交流する姿が見られ、明日の整備業界発展へ気持ちを新たにしていた。

(写真=名寄地区自動車整備協会の創立50周年記念式典の様子)

[ 2018-08-31-19:00 ]


匂い袋の製作に協力
下川・町民児委が障害支援施設で

 【下川】下川町民生委員児童委員協議会(筒渕忠雄会長)11人は29日に町立障害者支援施設「山びこ学園」(町内一の橋、白石仁施設長)を訪れ、「山びこまつり」で展示販売する作品作りを手伝い、関係者に喜ばれた。
 職員と利用者は現在、9月8日にコモレビを会場に開催する山びこまつりに向けて、展示販売品作りに取り組んでいる。
 民生児童委では毎年、この作品づくりに協力し、学園利用者との交流を深めている。今回はラベンダーの匂い袋を56個を作成した。
 また、同委員は同地区の町立障害者グループホーム「ういる」(白石仁施設長、入居者5人、世話人1人同居)へ雑巾も寄贈した。入居者の中山繁庫さんが代表して、感謝の言葉を述べた。

(写真=山びこまつりの商品づくりを手伝った民生委)

[2018-08-31-19:00 ]


楽しく運動能力伸ばす
びふかSCのKids事業

 【美深】NPO法人びふかスポーツクラブ(中林佳昭理事長)第3回Kidsが30日に町民体育館で行われ、館内に元気な声が響いた。
 Kids事業は、小学生対象の運動能力向上プログラム。さまざまなスポーツ、遊びを通じて体力、運動能力を伸ばすサポートをしている。
 小学1年生から5年生まで約60人が参加し、「トランポリン」、「玉入れリレー」、「パイプライン」、「キャタピラー」、「○人○脚」の5種目を楽しんだが、笑顔の中にも真剣な表情で熱心に取り組んだ。
 その中の「○人○脚」は、足にバンドを巻いて2人3脚や3人4脚に挑戦するというもの。歩幅や呼吸が合わずに転倒してしまう場面も見られたが、諦めずに駆け抜けた。

(写真=呼吸を合わせて駆け抜けた子どもたち)

[2018-08-31-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.