地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年7月29日

風舞あんどんは14基予定
12、13日に風連ふるさとまつり・石上久美子歌謡ショーも

 【名寄】第40回風連ふるさとまつりが8月12、13の両日、風連駅前通り、市役所風連庁舎前広場、西町公園で開かれる。12日の前夜祭は南富良野町生まれの歌手・石上久美子さんの歌謡ショーや盆踊りなど。13日の本祭りは子ども縁日や餅つき・餅まきをはじめ、夜にはあんどん行列「風舞あんどんオン・エア」でまちを盛り上げる。
 風連まちづくり観光、名寄市、風連商工会、道北なよろ農協、上川北部森林組合などで構成する同まつり実行委員会(委員長・有門優上川北部森林組合長)が主催。風連3大まつり(白樺まつり、ふるさとまつり、冬まつり)の一つとして親しまれている。
 日程は、12日の前夜祭は、午後5時から風連駅前通り(雨天時はふうれん地域交流センター)でスタート。風連御料太鼓の演奏、レイ・アロハのハワイアンフラダンス、風舞連の阿波踊りに続き、午後6時15分から石上久美子さんの歌謡ショーを楽しむ。午後7時15分から子ども盆踊り、大人盆踊りで、まつり前夜を盛り上げる。13日の本祭りは、午前10時から市役所風連庁舎前広場と西町公園で開始。「ちびっ子広場」は子ども向けの縁日を用意。「突けよ ふうれん魂」では午前10時半から餅つき、午後2時から餅まきを行う。
 「わがまち特産物」コーナーは青果、野菜を即売。「焼肉・飲み物」コーナーでは道産牛ロース(2人前2000円)、ビール、ジュースを販売。「ピカイチ広場」は午前10時半と午後0時45分から大道芸、バルーンアートを繰り広げる。
 午後6時45分からクライマックスのあんどん行列「風舞あんどんオン・エア」がスタート。今年は各種団体や事業所などから14基が参加予定で、あんどん行列は市役所風連庁舎前を出発し、駅前中心部へ。勇壮な武者絵などが描かれたあんどんと引き手がまちを練り歩きながら、あんどんの明かりで夜のまちを彩る。午後8時半から抽選会でまつりを締めくくる。

[ 2018-07-29-19:00 ]


「自分のプレー出し切りたい」
下川商高の久末雅輝君・フットサル道選抜に

 【下川】町内在住で下川商業高校2年生の久末雅輝君(17)が、18歳以下のフットサル北海道選抜選手に選ばれた。今月15日に札幌市で行われた同選抜のセレクション(選考会)を受けて見事合格したもので、久末君を含めて14人が選抜された。8月に兵庫県で開催される全国大会に出場する。
 久末君は、小学2年生のときに友人に誘われ、当時住んでいた青森県でサッカーを始めた。3年生の頃に親の地元である下川町に移り住み、下川サッカー少年団に入団。中学時代は学校にサッカー部がなかったため、名寄のクラブチームに所属してサッカーを続けてきた。
 中学生になってからフットサルの魅力にはまり、中学3年の卒業前から旭川のフットサルチーム「ディベルティード旭川」に所属。両親のサポートを受けながら週3回、旭川での練習に通って実力を伸ばし、昨年は若手選手で構成した同チームで参加した旭川のリーグで得点王とベストファイブにも選ばれた。
 さらに、札幌で開催された今年3月の北海道フットサル選手権、5月のエスポラーダ・スボルメカップにも出場して同チームの優勝に貢献するとともに、現在はチームが参入している北海道フットサルリーグで活躍中。
 今回のセレクションは、8月9、10の両日に兵庫県神戸市で開催される「第7回グリーンアリーナ神戸カップ U―18フットサルフェスティバル」の出場に向けて北海道代表チームを編成するためのもの。久末君は、2回目のセレクション挑戦で見事に初合格し、「普段は社会人と一緒に試合をすることが多いので、同世代とプレーできるのは刺激になる」と期待に胸を膨らませている。

(写真=北海道選抜選手に選ばれ、8月の全国大会に出場する久末君)

[ 2018-07-29-19:00 ]


幅広い業務を知る
名寄図書館・夏休み恒例一日司書体験

 【名寄】市立名寄図書館(鈴木カヲル館長)の「一日司書体験」が27日、同館名寄本館で行われ、子どもたちが本の貸し出し・返却などの仕事を通して、図書館業務の一端を知った。
 夏休み恒例のイベントで、午前中は小学3年生以上、午後からは小学1・2年生が体験。司書職員たちから図書館業務の説明を聞くとともに、注意点として「友達が借りた本のことを他の人に言わないようにしましょう」などと個人情報保護について学んだ後、司書体験に入った。
 カウンター業務は本の貸し出しと返却の受け付けで、本に付いているバーコードを読み取り、貸し出しや返却の情報をパソコンに登録した。
 一般の来館者にも応対し、利用者カードを受け取り、貸し出し期間などを伝えながら本を手渡していた。また、図書整備業務では本のビニールカバー掛けなどの作業を体験。本を用いて情報を調べるレファレンス業務や事務室のパソコンを使用して書籍の登録作業にも取り組んだ。
 子どもたちは、司書職員の手を借りながらそれぞれの仕事を進めるとともに、図書館業務が幅広く、多岐にわたっていることを知った。

(写真=本の貸し出し・返却などの仕事を体験する子どもたち)

[2018-07-29-19:00 ]


限定のダムカード配布
下川サンルダム

 【下川】旭川開発建設部は、下川町に建設中の国直轄最北端ダム「サンルダム」で、建設中限定のダムカードを配布している。
 ダムカードは、2007年からダムを知ってもらおうと、国土交通省、水資源機構などの各管理ダムで、訪れた人へ配布している。
 カードのサイズ、掲載情報項目は全国で統一しており、表面にダムの写真、裏面にダムの形式や貯水池の容量、建設技術など、細かな情報を凝縮して掲載。
 サンルダムのカードは、午前9時から午後5時まで、土・日曜、祝日も含め毎日、管理棟で配布。現在は整備中で一般開放していないことから、管理棟外設置のインターホンで管理者を呼び出せば、もらうことができる。

(写真=配布されているサンルダムカード)

[2018-07-29-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.