地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年5月26日

地域で支える体制を強化
美深町地域包括支援センター「オレンジかふぇ」開設

 【美深】美深町地域包括支援センター(所長・小野勇二町保健福祉課保健福祉グループ主幹)は25日、認知症に関する情報交換の場として、ほっとプラザ☆スマイル内に「オレンジかふぇ」をオープンさせた。
 国は、認知症施策の一環として、情報交換の場としてのカフェ設置を進めており、同町でも認知症の人やその家族に加え、認知症に関心のある人などが自由に参加できる集いの場「オレンジかふぇ」(午後1時〜同3時)を開設した。参加無料。
 同センター保健師の久保始子副主幹、社会福祉士の寒藤亮太さんが中心となり、2カ月に1回のペースで開催する計画で、コーヒーやお茶などを飲みながらの交流をはじめ、体操、脳トレ、介護の専門職による相談会などを通じ、地域で支える体制を強化・充実させていく。
 開催初日の25日は、コーヒーやお菓子などを味わいながら談笑し合うとともに、脳トレゲームを楽しむ参加者の姿が見られ、和やかな雰囲気に包まれていた。
 久保副主幹は「認知症は、人に言いづらい病気。美深町でも増加することが予想されるため、どのような病気かを知ってもらい、みんなで、地域で支えていきたい」と話すとともに、「気楽に来ていただければ」と呼び掛けている。

(写真=オレンジかふぇの中心となる久保副主幹=左=、寒藤さん)

[ 2018-05-26-19:00 ]


「ヘルシーDo」認定受け安全安心
名寄振興公社・「もち米ようかん」商品化
アスパラまつりでお披露目販売

 【名寄】名寄振興公社(久保和幸社長)が、名寄産もち米を使った商品「もち米ようかん」を開発した。生産量日本一の名寄産もち米と、身体の疲労感を軽減する効果があるオリゴノールを取り入れたアスリート・スポーツ食。オリゴノール配合の商品として道北で初めて北海道食品機能表示制度「ヘルシーDo」の認定も受け、名寄をPRする商品となっており、27日開催の「なよろアスパラまつり」でお披露目販売される。
 北海道経済産業局の農商工連携事業として開発した商品。日本一の名寄産のはくちょうもち米を使い、函館のイカをコラボさせた「もっちりいかめし」と、乳酸菌を入れた甘酒「もちあま」に続く第3弾だ。
 同公社総務課の長谷川奈緒子主任が中心となり、「もち米を使用したアスリート・スポーツ食」をテーマに昨年5月から開発を進めてきた。大きな特徴は、機能性表示食品として「運動による身体的な疲労感を軽減する」ことが認められているオリゴノールを配合していることだ。北海道庁が創設した健康食品ブランドである同制度「ヘルシーDo」の認定も取得。オリゴノール入り商品としては道北で初、同制度の商品認定としては上川北部で初となっており、安全安心な商品としても太鼓判を押された。
 商品は、食べやすいようスティック状となっており、1袋2本入り(1本30グラム)。パッケージには観光キャラクター「なよろう」が描かれている他、「もち米生産量日本一のまち名寄市」などと表示して名寄を前面にPRしたものとなっている。価格は1袋税込み250円で、アスパラまつりでお披露目するとともに、なよろ温泉サンピラー売店で販売する。

(写真=1袋税込み250円で販売する「もち米ようかん」)

[ 2018-05-26-19:00 ]


新団長に阿部雅司さん
ファイターズ名寄応援団の総会

 【名寄】北海道日本ハムファイターズ名寄応援団(宮田史子団長)の総会が24日に紅花会館で開かれた。任期満了に伴う役員改選では、新応援団長に名寄市スポーツ振興アドバイザーの阿部雅司さんが就任した。
 北海道日本ハムファイターズは2004年、札幌ドームを本拠地に誕生。同名寄応援団は同年6月に発足し、観戦ツアーや少年野球大会支援のビールパーティーなどを通じ、日ハムファンの拡大や交流を深めている。
 総会には会員、来賓20人が出席。本年度の事業計画で、少年野球秋季大会支援を目的とした「仲間の集い(8月)」、ファイターズファンの交流を深める「応援感謝の集い(11月)」の開催をはじめ、少年野球秋季大会(応援団長杯)の支援(9月)、観戦ツアーなどを計画。
 この他には、近隣後援会との連携として上川地域のエリアミーティング(情報交換会など)への参加や、士別・下川・美深の各後援会との連携事業などに取り組むことを決めた。

(写真=事業計画を決めた名寄応援団の総会)

[2018-05-26-19:00 ]


29日に天文台でライブ

 【名寄】「アコースティックライン 2018北海道ツアー」が、29日午後7時半(開場同7時)からなよろ市立天文台「きたすばる」で開かれる。
 カリビアンフルート第一人者の赤木りえさん、フラメンコを基軸としたカットギター奏者の伊藤芳輝さん、独創的なスタイルのカホン奏者の佐藤裕一さんのトリオによる演奏を聴く。
 チケットは2500円で、同天文台、エンレイホールチケットセンターで取り扱っている。

[2018-05-26-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.