地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年4月30日

携帯電話の部品をメダルに
東京オリ・パラ競技大会組織委・名寄、下川郵便局が回収箱設置

 【名寄・下川】名寄郵便局や下川郵便局は、東京オリンピック・パラリンピック(2020年開催)のメダル作成に使われる、使用済み携帯電話を回収している。
 日本郵便は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に賛同し、使用済み携帯電話の回収箱を、全国約3000の郵便局、北上川地区連絡会内でも30局のうち、士別、士別中央通、名寄、下川、音威子府の郵便局5局に設置している。
 同プロジェクトは、大会で使用される金・銀・銅メダルを、使用済み携帯電話などの小型家電から抽出した「リサイクル金属」で製作する、国民参加型プロジェクト。
 回収箱は3月28日から来年3月末まで設置しているが、既定の数量に達した場合、期間を短縮する可能性もある。下川郵便局では26日現在で5、6個の携帯電話が持ち込まれている。
 下川郵便局の高橋一之局長は「スマートフォンに移行した後、使用済みガラケーをしまい込んでいる方もいらっしゃると思います。不要であればぜひ、リサイクルに回していただきたい」と協力を呼び掛ける。

(写真=下川郵便局に設置されている回収箱)

[ 2018-04-30-19:00 ]


88人が学びスタート
風連瑞生大学で入学、始業式

 【名寄】風連瑞生大学(学長・小野浩一教育長、学生88人)の2018年度入学式・始業式が27日、ふうれん地域交流センターで行われた。
 本年度の入学生は大学に5人、大学院に8人。また、大学、大学院ともに2年制で、修了後は研修生となって学び続けられる。
 入学式では、在学生の拍手に迎えられて新入学生が入場。小野学長が「本学での学びを通して若さを保ち、自らの可能性を発揮して明るい学生生活を送ってほしい。また、次世代を担う若者たちに伝統や文化を引き継いでほしい」と式辞。
 新入学生の紹介に続き、在学生を代表して小栗信雄さん(大学2年)が「下級生や上級生といった垣根のない同じ仲間として、大学での学びを大いに楽しんでほしい」と歓迎の言葉。新入学生の金原勇作さん(同1年)が「皆さんの仲間入りができてうれしい」と喜び、「教養を身に付け、積極的に地域へ貢献したい」と力強く抱負を述べ、新たな学びをスタートさせた。

(写真=5人が新たな仲間に加わった風連瑞生大学の入学式・始業式)

[ 2018-04-30-19:00 ]


車体に磨きをかける
名寄・SL「キマロキ」一斉清掃

 【名寄】名寄SL排雪列車(キマロキ)保存会(中田一良会長、会員36人)は25日に一斉清掃を実施。会員たちは汗を流しながら車体に磨きをかけた。
 「キマロキ」は24日にシートを外し、今シーズンの公開がスタート。一斉清掃はシート外しとシート掛け作業を業者に委託するようになって以降、会員たちが集まる機会を設けよう―と実施。
 昨年まではゴールデンウイークの連休後に行っていたが、大勢の人が訪れる前に磨き上げた車両の姿で出迎えよう―と初めて連休前に実施。会員10人が参加した。
 車体に付いたほこりや汚れをきれいに落とした後、軽油と廃油を混ぜたものを古布に含ませて「油拭き」を行い、美しく光り輝いた艶を出した。
 足回りから車両全体にかけて作業を進め、車体を優しくいたわりながら、丹精込めて車両を磨き上げていた。「黒光りの雄姿」に磨きをかけよう―と多くの鉄道ファンに親しまれる「キマロキ」を目指し、熱心に作業へ励んでいた。

(写真=車体に艶を出し「油拭き」に汗を流す会員たち)

[2018-04-30-19:00 ]


身近な花や草木生かし
なよろ野の花の会・北国博物館で「野外植物展」

 【名寄】「野外植物展」が、25日から5月6日まで北国博物館ギャラリーホールで開かれている。身近に見られる花や草木を生かし、写真や観察記録、リースなどさまざまな作品が並んでおり、訪れる人たちの目を楽しませている。
 なよろ野の花の会(上野紘一会長、会員30人)が主催。毎年、芽吹きの季節に開催する恒例の展示会となっている。
 会場には、地域の植物の写真や観察記録、標本、植物を活用したリース、オブジェなど80点を展示。
 永島健さんは名寄市内や近郊に育つ季節の花を撮影。名寄市の花「エンレイソウ」をはじめ、エゾエンゴサク、カタクリ、珍しい花ではツバメオモトなどを写している。安田みずきさんは道内の植物を調査し、滅滅危惧種も含めて自作の「フラワーソン新聞」に観察記録をまとめている。また、標本やリース、オブジェなども飾られており、会員たちがそれぞれ得意の分野を持ち、花や草木を生かした力作がずらりと並んでいる。
 同館を訪れた人たちは、春の到来や花の季節が間近に迫っていることを感じながら、作品をじっくり鑑賞している。開館時間は午前9時から午後5時までとなっている。

(写真=写真や観察記録、リースなどが並ぶ展示会場)

[2018-04-30-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.