地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年4月22日

制度開始以来、2番目の利用台数
名寄市・排雪ダンプ助成2017年度実績

 【名寄】名寄市は、排雪ダンプ助成事業の2017年度申請実績をまとめた。気温の上がる日が少なく、12月と2月の集中した降雪によって降り積もり続ける状況だったことなどが影響し、ダンプ台数にすると8105台となり、助成制度がスタートした1998年以来、過去2番目に多い数字となった。
 同事業は、市指定の業者に排雪ダンプ1台(6000円程度)を依頼して利用した際、一般住宅で2000円、店舗併用住宅で1000円を助成する制度。17年度の当初予算では、一般住宅で5000台分、店舗併用で500台分の合わせて1050万円の助成額を見込んでいた。だが、気温の上がる日が少なかった影響で雪が解けにくかったことに加え、12月と2月の集中的な降雪などによって降り積もり続け、12月から3月の累積降雪量は前年度比138センチ増の792センチ、最大積雪深が35センチ増の140センチとなり、申請件数が大幅に増加。結果、降っても解けるを繰り返した前年度に比べ、申請件数が1145件増の2641件、ダンプ台数が3780台増の8105台となり、ダンプ台数については助成制度開始以来、過去2番目となった。
 助成制度スタートから約20年が経過し、市民に定着して有効活用されている一方で、頭を悩ませているのが、市内関係事業所のダンプ保有台数の減少だ。 公共事業の削減などで各事業所の保有台数や人材が減少傾向にあることに加え、道路排雪業務にダンプ台数が割かれるため、助成申請が集中する1月下旬から3月初旬は、依頼しても待たなければならない状況となっている。さらに、ダンプドライバーの高齢化や人材不足も進んでいる状況から、持続的な除排雪体制の維持が課題となっている。

[ 2018-04-22-19:00 ]


駆け抜ける爽快感を
美深・28日にトロッコ王国開国

 【美深】本物のレールの上を「ガタン、ゴトン」と駆け抜ける爽快感が味わえる人気観光スポット「トロッコ王国美深」が、28日に開国する。
 1985年に廃止された日本一の赤字ローカル線「旧国鉄・美幸線」の一部が、トロッコ運行という形で復活。往復10キロの旅は、オンリーワンの体験ができる観光施設として人気が高い。
 また、駐車場(100台収容)とトイレ完備。「味処にうぷ」が、午前11時から午後2時まで営業している。
 今年は、28日から10月21日まで毎日運行。入国受付時間は、午前8時半から午後4時までだが、夏期(7月7日〜8月25日)は、午後5時まで延長する。
 入国料金は、大人二人以上の場合一人1500円、大人一人の場合1800円。中高生1200円、小学生700円、幼児無料。
 運行は、第1便が午前9時発。それ以降は、1時間ごとに運行し、午後4時発が最終便。夏期は追加ダイヤあり(午後5時発)。
 体験乗車の予約先(営業時間内のみ)は、トロッコ王国美深(01656-2-1065)。

[ 2018-04-22-19:00 ]


1年分のレシピを本に
下川商業高・料理研究部2年生が作成

 【下川】下川商業高校料理研究部の仲良し女子生徒3人が、1年間で作った料理17品をレシピ本にまとめ、学校行事などで利用している。
 料理研究部は、部員を確保できず2年間休部していたが、前年度に現在2年生の前田聖奈部長、山本愛奈さん、御家瀬奏さんが入部して活動を再開。入部の理由に、前田部長は「保育士を目指して、栄養を考えた料理を作りたいと思った」、山本さんは「お菓子作りが好きだから」、御家瀬さんは「仲の良い2人が入るので、自分も興味を持った」と言う。毎週火曜に、前回作ったメニューのレシピ作成と、次に作るメニューを話し合い、町内で材料を買い、木曜に調理。作った料理のレシピは校内で掲示して紹介。前年度は学校祭や町内のうどん祭りにも出店。高体連、スキー部の各壮行会でも、大会へ出場する生徒たちへの応援メッセージ入りで、栄養満点のおにぎりを作って配った。
 レシピ本のタイトルは「cooking is fun 料理は楽しい」。豆腐と旬の食材を使ったハンバーグ、スポンジケーキの代用でビスケットを使ったティラミスなど、アイデアの詰まった料理を、洋食・和食・デザートに分けて紹介している。

(写真=レシピ本を作成した料理研究部の山本さん、前田部長、御家瀬さん、顧問の瀬尾教諭=左から=)

[2018-04-22-19:00 ]


生命力あふれる可憐な姿
春の花「クロッカス」咲き誇る

 ○…名寄市内でも春を告げる花「クロッカス」が咲き始めており、道行く人の目を楽しませている。
 ○…クロッカスは、アヤメ科クロッカス属の総称。ヨーロッパ、北アメリカ、西アジアに自生し、耐寒性は高く寒冷地でも露地栽培が可能。葉は花が終わると伸びる。花はコップ状で花弁は6個、各弁の長さは3から4センチ程度。花壇、鉢植え、ロックガーデン用などに栽培されている。
 ○…春咲き種と、秋咲き種があり、園芸上では春咲き種をクロッカス、秋咲き種をサフランと称している。黄色のラージイエロー、柴色のパープルビューティー、白色のジャンダーク、白地に青紋りのあるキング・オブ・ザ・ストライプドなど花色は豊富。俳諧では春の季語。
 ○…日中の最高気温が10度を超える日も多くなどなど、名寄地方も春らしい陽気となっている昨今。気温の上昇とともに花を開かせる姿は、小さく可憐(かれん)な花ながらも強い生命力を感じさせる。
 ○…市内でも家庭の庭先や歩道の植樹升、道端などでクロッカスの愛らしい姿がちらほら。春の訪れを感じさせながら、道行く人の目を楽しませている。〈名 寄〉

(写真=可憐な姿で道行く人を楽しませるクロッカス)

[2018-04-22-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.