地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年4月6日

あす告示だが、現職のみ
名寄市長選・無競争がほぼ確実な状況

 【名寄】任期満了に伴う名寄市長選挙が8日に告示される。現職の加藤剛士氏(47)のみが出馬を表明している状況で、告示日当日に対立候補者が現れる可能性は極めて低いことからも、無競争がほぼ確実となっており、静かな選挙のまま、幕を閉じることとなりそうだ。
 今選挙に向けた動きでは、現職の加藤氏が昨年12月に3期目の出馬を表明。「冬季スポーツ拠点化」「安心子育て」「経済元気化」の重点プロジェクトなどを盛り込んで本年度からスタートした「第2次総合計画の着実な推進」と「連携」を掲げ、3月に後援会の事務所開き、総決起大会を開催するなどし、相手が見えない状況の中で臨戦態勢を整えてきた。
 一方の民主系組織も、無競争を避けるべく候補擁立に向けて動き、民間人や名寄市議会議員に出馬を要請したが、候補者を固めることができなかったため、正式に擁立を断念した。
 これにより、2期連続の無競争が濃厚の状態。選挙の可能性がゼロではないものの、告示日に個人も含めて他の組織や団体からの立候補者が出ることは考えにくいため、無風はほぼ確実で、有権者にとって最大の関心値である市長選挙は、15日の投開票を迎えることなく、8日に決着して終わることとなりそうだ。

[ 2018-04-06-19:00 ]


温かいまなざしに見守られ
下川町・幼児センターで入所&進級式

 【下川】町立幼児センター「こどものもり」(センター長・栗原一清保健福祉課長)の入所・進級式が6日に同センターで行われ、幼児18人が集団生活に仲間入りした。
 0歳児から5歳児までの就学前児童が対象で、新入所児内訳は1歳児4人、2歳児なし、3歳児11人、4歳児1人、5歳児2人で、在所児合計76人で新年度をスタートした。
 式には園児、父母、来賓などが出席。谷一之町長が「お家を少し離れ、歌って踊って森遊びして、楽しい日々が待っている。保護者の不安と期待を受け止め、子どもたちを守り、潜在能力を育みたい」と挨拶した。
 年齢分けした5組の全所児が紹介され新入所児たちも、名前を呼ばれると元気良く返事。町長や来賓の挨拶にも一つ一つ、丁寧に返事をしていた。愛らしい児童の姿に保護者、職員もこれからの成長を楽しみにしながら、温かいまなざしを送っていた。
 職員紹介後、みんなで春の歌「チューリップ」を元気いっぱいに歌った。式終了後は職員のパネルシアターも鑑賞し、楽しいひとときを過ごした。

(写真=名前を呼ばれて元気に挨拶する園児たち)

[ 2018-04-06-19:00 ]


北海道の自然イメージ
ラッピング列車が注目集める

 【名寄】北海道の自然をイメージし、車両全体をラッピングした列車がJR宗谷本線などで運行しており、注目を集めている。
 JR北海道では、地域と連携して沿線の活性化に取り組むことを狙いに、主に普通列車で使用しているキハ40形一般気動車4両を「北海道の恵み」シリーズの車両に改造。3月下旬から順次運転を開始している。エリアごとに1両ずつラッピングすることにしており、「道北 流氷の恵み」「道東 森の恵み」「道南 海の恵み」「道央 花の恵み」の列車愛称が付いている。道北エリアは3月下旬から運行開始。道東は今月、道南は6月、道央は7月ごろから運行を予定している。車両の外装は各エリアの自然と特色をイメージし、内装は木目の床や木材を使った座席背もたれが用いられている。座席シート生地も変更された。
 「道北 流氷の恵み」は、幻想的なオホーツク海の流氷や雄大な道北の自然を表現。オオワシやアザラシ、キツネ、フクロウ、ヒグマなどの動物も描かれている。キハ40形が入線する宗谷本線の旭川〜音威子府間をはじめ、石北本線の新旭川〜網走間、函館本線の滝川〜旭川間、根室本線の滝川〜東鹿越間、富良野線の旭川〜富良野間、釧網本線の網走〜緑間で運行する。
 ラッピング車両は1両のみで、運転区間や時刻といった車両運用は日によって異なるため、目にすることができればラッキーといえそうで、存在が際立っている。

(写真=宗谷本線などで運行している「道北 流氷の恵み」)

[2018-04-06-19:00 ]


新入学児童の安全守る
美深・LCや商工女性部などが啓発

 【美深】通学などに不慣れな新入学児童を交通事故から守る啓発活動が5日に美深小学校前で行われた。
 美深ライオンズクラブ(馬場義人会長)、美深町商工会女性部(藤川幹部長)、美深町交通安全指導員会(中林佳昭会長)、美深町などが連携し、小学校入学式に合わせて実施している「新入学交通安全啓蒙(けいもう)」。
 各団体会から約20人が参加。
 真新しいランドセルを背負い、保護者に手を引かれて初登校してきた新1年生に、「おめでとうございます」と祝福するとともに、文房具や夜光反射材、今年の干支(えと)である「戌(いぬ)」の手作りマスコットなどを贈った。
 また、「美深町立美深小学校入学式」の立て看板の前で、美深警察署マスコットキャラクター「ミマモロウ」と一緒に記念撮影する場面も見られた。

(写真上から=入学祝いの文房具などを受け取る新1年生、ミマモロウと一緒に記念撮影する新1年生と保護者)

[2018-04-06-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.