地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年4月5日

「よいこ」に成長して
名寄・西小学校で48人が入学式

 【名寄】名寄西小学校(堀江充校長)の入学式が5日に同校体育館で行われ、新入学児童48人による6年間の小学校生活が始まった。
 新1年生たちは保護者と手をつなぎ、少し緊張した表情を見せながらも元気に登校。入学式に先立ち、受け付けを終えた児童たちは不安な顔をのぞかせながら自分の教室に移動。自分の名前が書かれた席に座り、担任教諭から式の流れなどで説明を受けた。
 式では、在校生や職員、保護者たちの温かい拍手に迎えられながら入場。式辞で堀江校長が「入学おめでとう。皆さんに『よいこ』になるためにしてほしいことがあります。『よ』は、よく遊び考える子になること。『い』は、命を大切にできる子。『こ』は、困ったときに相談できる子―になって学校生活を楽しんでください」などと伝えた。
 同校児童会の石山梨花さん(6年)が「いっぱい遊んで早くたくさんの友達をつくってください。困ったことがあったら声を掛けてください」などと歓迎した。
 なお、同日は市内の全小中学校で入学式が行われ、新入学児童、生徒が期待を胸に新しい学校生活をスタートさせた。

(写真=48人が新1年生となった西小学校の入学式)

[ 2018-04-05-19:00 ]


SPアワードで大賞
札幌「チエモク」・下川町と共同開発のお膳セット

 【下川】札幌の木工芸品製作販売店「チエモク」(小林千枝社長)が下川町と共同開発した「赤ちゃんお膳セット・もりのともだち」が、ソーシャルプロダクツ普及推進協会主催の「ソーシャルプロダクツ・アワード2018」国内部門大賞に選ばれた。
 「お膳セット」は、下川町産材の需要発掘、付加価値化などを目的に、農林水産省の都市農村共生・対流総合対策交付金(2015年度から3カ年)を活用して開発。町産ハンノキを使ったお椀や皿、町産シラカバを使ったお盆、道産サクラを使ったスプーンなどがあり、チエモク独自の新技術「液体ガラス塗料を生かしたコーティング」が施され、汚れづらく劣化も防げる。
 町の幼児センターで実施したモニターの意見を取り入れ、乳幼児や保護者が片手でも使いやすいように工夫。お盆は底に滑り止めを付け、のせた食器も縁で止まるように設計。食器類も持ちやすく、すくいやすく、ひっくり返りづらい形に仕上げている。
 昨年9月からチエモク直営店やインターネットなどで販売しており、下川町も地元で誕生した子どもへ贈る「百日(ももか)の祝い・お食い初めセット」を、チエモクのお膳セットに切り替えた。価格(税別)はごはんセットで2万1000円、フルセットで3万4500円となっている。
 ソーシャルプロダクツ・アワードは、環境や人・社会への配慮「社会性」と、品質や機能、デザインなど「商品性」の両方を兼ね備えた商品・サービスを表彰するもの。チエモクは昨年11月にエントリーし、3月の表彰式で国内部門大賞を受賞した。減少する北海道の広葉樹の中で、豊富な資源量ながら製品活用されにくかった早生材に着目し、下川町産のハンノキとシラカバを活用。使い手目線の機能性とデザイン、従来の木製食器にない、使い心地と耐久性を実現している―など高い評価を受けた。

(写真=赤ちゃんお膳セット「もりのともだち」)

[ 2018-04-05-19:00 ]


スタンプとクイズで賞品ゲット
北海道150年キーワードラリー・北国博物館もスポットに

 【名寄】JR北海道の「北海道150年キーワードラリー」が、1日からスタート。道内28カ所ある「スタンプ&クイズ設置スポット」を巡って応募すると、抽選で特産品や鉄道グッズなどの賞品が当たるもので、スポットには名寄市北国博物館もエントリーしている。
 今年は、蝦夷地が「北海道」と命名されて150年を迎えることから、同ラリーを企画。北の大地が刻んできた150年の歴史を感じるスポットを巡ってもらうことが狙い。同ラリーには、JR北海道ホームページ内のキャンペーンサイトや、駅などに設置しているパンフレットに記載している応募用紙を入手することで参加が可能。12の応募コースを選択し、選んだ応募コースに該当する「スタンプ&クイズ設置スポット」を巡り、応募用紙に該当スポットのスタンプを押印するとともに、クイズを解いて答えから導き出されるキーワードを記入し、応募する。
 正解者の中から抽選で150人に北海道の特産品や鉄道グッズをプレゼントする。応募コースは、エリアごとにスポットを3カ所巡る「3スポットコース」、4カ所巡る「4スポットコース」が道央、道南、道東、道北にそれぞれ設定。
 スポットには名寄市北国博物館も入っており、音威子府村の「エコ・ミュージアムおさしまセンター BIKKYアトリエ3モア」、稚内駅、礼文島の「北のカナリアパーク」と合わせて「道北4スポットコース」に指定されている。

(写真=スタンプとクイズがセットされているスポット=北国博物館=)

[2018-04-05-19:00 ]


美しい星空が魅了
なよろ市立天文台・よろーなで「宇宙の写真展」

 【名寄】なよろ市立天文台「きたすばる」(村上恭彦台長)の「宇宙(そら)の写真展」が、17日まで駅前交流プラザ「よろーな」で行われており、
美しい星空や幻想的な天体などの写真が展示されており、来館者を魅了している。
 会場には、なよろ天文サークル「天斗夢視」会員、同天文台ボランティア、写真愛好家、同天文台職員らが撮影した作品27点を展示。
 国際宇宙ステーション(ISS)が北極星を目指し移動する軌跡を収めた作品や、アニメ「となりのトトロ」に登場する「猫バス」と満天の星を収めた作品、直径95キロのクレーターを収めた「月面・ポシドニウス」などの他、名寄の夜景とオリオン座と冬の大三角を収めた「冬の空」など風景と星空を一緒に写し込む星景写真も展示している。
 また、オリオン大星雲「M42」、地球から4600万光年離れている「M104ソンブレロ銀河」、夜空に大輪の花を咲かせる「ひまわり銀河」といった、宇宙の神秘を感じさせる一枚など、力作がずらり。訪れる人たちは写真の前に足を止め、じっくりと見入っている。

(写真=17日まで行われている「宇宙(そら)の写真展」)

[2018-04-05-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.