地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年3月25日

若年労働力の管外流出進む
名寄公共職業安定所・新規高卒者就職状況まとめる

 【名寄】名寄公共職業安定所は、今春高校卒業者の1月末就職内定状況をまとめた。内定率は95・5%で、前年同期比0・9ポイント増と好調に推移している。一方、就職内定者のうち、管内事業所の割合は48・7%と半数に満たない状況で、若年労働者の管外流出が進んでいるのが実情のようだ。
 同安定所によると、今春3月の高校卒業者は前年比50人減の613人。このうち、学校や安定所の紹介による就職希望者は、1月末現在で157人(前年同期比47人減)となっている。希望就職先を地域別で見ると、管内希望者は80人で、地元での就職希望者は全体の50・9%となっており、地元就職志望は前年同期比10・3%低下。就職希望者の約半数が、道内主要都市へと流出している。
 求人状況をみると、7月当初から管内事業所を中心に前年を上回る求人に恵まれ好調に推移。1月末現在では411件で、このうち管内は286人(同2人増)。求人を主な産業別にみると、建設業133人(同31人増)、製造業37人(同4人増)、運送業・郵便業16人(同5人増)、卸売・小売業78人(同12人減)、医療・福祉62人(同13人減)など。
 内定状況をみると、内定者数は150人で、前年同期比43人減。このうち管内内定者の割合は48・7%で、前年同期の61・1%と比較しても、若年労働者の管外流出に歯止めが掛からない状況。また、管内の就職内定率を男女別にみると、男子が94・3%に対し、女子は88・9%で前年同期比5・9%マイナスとなっており、管内就職志向が強い女子が、実際に寄せられている求人とのマッチングに少し苦戦している様子がうかがえる。

[ 2018-03-25-19:00 ]


小中学生43人が熱戦
下川・31日にジュニアジャンプ大会

 【下川】下川スキー協会、町教育委主催の第44回下川ジュニアジャンプ大会兼第5回スズキ杯ジュニアジャンプ大会は、31日午前8時45分から町スキー場シャンツェで開かれる。
 下川町は世界で活躍する、スキージャンプ選手を数多く輩出。ジュニア大会は、その下川町でシーズンを締めくくる大会として開催されるが、本年度は従来と比べ1、2週間遅く開かれる。
 雪解けが心配されるが、下川町では例年、3月末の積雪で十分競技が可能とのこと。積雪は十分だが、木製アプローチに詰め込んでいる氷が、解けることなく維持できるかがポイントで、雪や遮光ネットで覆っているため問題なさそう。
 町内をはじめ、小樽市、札幌市、上川町、旭川市、余市町などから小学生の低学年4人、中学年12人、高学年12人と、中学生15人の合計43人がエントリーしており、熱戦を繰り広げる。

[ 2018-03-25-19:00 ]


懐かしい生活道具など
名寄・北国博物館の新着資料展

 【名寄】名寄市北国博物館(吉田清人館長)の平成29年度新着資料展が、24日から同館で開かれており、来館者の目を楽しませている。
 市民から寄贈された昔懐かしい物品などを紹介する恒例展。同館には本年度、市民などから23件、356点の物品寄贈があり、このうち今回の展示では、生活道具や歴史的資料などを中心に141点展示している。
 展示は、観賞しやすいよう娯楽・芸能、衣服、食習、教育などにジャンル分け。昭和50年代に年賀状などの家庭用印刷機として大ヒットしたプリントゴッコはじめ、なかなか見ることのできない手廻し計算機や昭和時代に使用されていたクロスカントリースキー板、スライドプロジェクター、化石、ワープロなど多彩な寄贈品が並んでいる。
 昭和生まれの人には昔懐かしさを感じさせ、平成生まれの人たちには見たことない資料などが展示されており、来館者は一昔前の暮らしを振り返っている。
 展示は4月8日までで、入場は無料。

(写真=一昔前の暮らしを振り返っている新着資料展)

[2018-03-25-19:00 ]


チョウザメ剥製寄贈
美深町・松浦武四郎出身の松阪市へ

 【美深】美深町は、北海道の名付け親と言われる幕末の探検家「松浦武四郎」の生誕200年を記念し、松浦武四郎の出身地である三重県松阪市にチョウザメの剥製を寄贈することを決めた。
 松浦武四郎は文化15年(1818年)、伊勢国一志郡須川村(現在の三重県松阪市)で生まれた探検家。6度にわたる蝦夷地探査を通じて、アイヌの人々と交流を深めるとともに、数多くの記録を残した。
 同町は新年度、開拓120年を迎えることから記念事業を計画。併せて松浦武四郎生誕200年、北海道命名150年も記念し、松阪市へチョウザメの剥製(50〜60センチ)を贈ることを決定。
 町総務課企画グループ振興係によると、既に同市への寄贈を伝えている。予定では、今夏に同市へと送り、松浦武四郎記念館に展示されるとのことだ。

[2018-03-25-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.