地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年3月18日

絆のハーモニー奏でる
熊本ユースシンフォニー&どさんこジュニアオーケストラ
4月に地震復興祈念ジョイントコン

 【名寄】「熊本地震復興祈念ジョイントコンサートin名寄〜北と南の絆のハーモニー〜」=写真=が、4月1日午後3時からエンレイホールで開かれる。熊本ユースシンフォニーオーケストラと、どさんこジュニアオーケストラが出演する他、トランペット奏者で熊本出身の田尻大喜さんも出演する。
 主催は熊本地震復興祈念ジョイントコンサート実行委員会(委員長・佐藤勝名寄少年少女オーケトラ団長)。主管が名寄市少年少女オーケストラとなっている。
 名寄でのジョイントコンサートでは、熊本ユースの単独ステージでモーツァルトの「バイオリン協奏曲第5番『トルコ風』第1、3楽章」やチャイコフスキーの「バレエ組曲『くるみ割り人形』より『あし笛の踊り』」などを演奏する。どさんこジュニアの単独ステージでは、ビゼーの「カルメン行進曲」などを演奏し、合同ステージではブラームスの「ハンガリー舞曲第1番、第5番」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」などを演奏する予定だ。
 チケットは一般が1000円(当日1200円)、小中高生は500円。エンレイホールチケットセンター、TSUTAYA名寄店、なよろ観光まちづくり協会、道の駅「もち米の里☆なよろ」、陽だまり、風連商工会で取り扱っている。

[ 2018-03-18-19:00 ]


仲間と助け合って
美深町農業支援塾の修了式

 【美深】美深町農業支援塾(塾長・市村匡史美深町集落支援員)の平成29年度修了式が16日に町農業振興センターで行われた。
 美深町は平成27年度、将来の美深農業を担う農業者の育成を図るため、農業支援塾を開設。これまで多くの若手農業者や新規就農予定者らが、土づくりから経営までの幅広い農業を学んでいる。
 本年度は、地元美深町に加え、下川町と音威子府村から14人(1年生8人、2年生6人)が受講し、昨年11月14日から今月16日までの約4カ月間、1年生は農業基礎、2年生はテーマを定めた学習などに取り組んだ。
 修了式には受講生、講師、来賓ら17人が出席。市村塾長は「受講生、講師陣は農業の仲間。仲間の連携を大切にしてほしい。これで、農業の勉強が終わったわけではなく、入門編が終わっただけ。やりがい、生きがいのある農業経営に向け、仲間と助け合いながら進んでほしい」と述べ、受講生に修了証を授与した。
 受講生を代表し、玉川康子さんが「温かい出会いがあり、何ものにも代えられない宝物となった。支援塾で学んだこと、思い出を忘れることなく、農業者として頑張る」と決意を述べた。

(写真=市村塾長から修了証を受け取る受講生)

[ 2018-03-18-19:00 ]


支え合いの地域家族へ
下川町・体制づくりで講演、意見交換

 【下川】「住み慣れた下川町で人と人の結び付きを感じ、支え合い、自分らしい生活が送れる、家族のような地域をつくろう」。そんなまちづくりを考える「安心支えあいネットワーク(協議体)研修会」が15日に町総合福祉センター・ハピネスで開かれた。
 町は高齢化率40%、住民の多くが65歳以上の高齢者となっており、安心して暮らし続けるために、元気な高齢者や若者・子ども世代が、不自由を感じる高齢者を支える一方、高齢者が豊富な人生経験や知恵を生かし、地域や若者・子どもを支えるなど「助け合いの関係」を築くことが求められている。
 町では町社会福祉協議会に「コーディネーター」を置き、さまざまな関係者と情報共有や連携の関係を構築する「協議体」を設け、支え合いの体制づくりを応援する。研修会は町地域包括支援センター主催。各公区の助け合いチーム(役員)を中心に住民30人が参加した。
 前半はNPO法人シーズネット理事(孤立防止担当)の杉谷憲昭さん=小樽市在住=が、札幌で設立した協議体を事例に講話。後半は参加者で意見交換。「見守りたい、活躍してもらいたい高齢者を、引き出すには、意識を変えていくには、どうしたらいいのか」「趣味の団体からつなげていく方法もある」「福祉懇談会を各地区で開催してほしい」などさまざまな意見を出し合っていた。

(写真=支え合い構築へ意見交換を行った研修会)

[2018-03-18-19:00 ]


25日に天塩弥生駅2周年前夜祭

 【名寄】旅人宿&田舎食堂「天塩弥生駅」の「開業2周年前夜祭ライブ」が、25日午後7時から同駅で開かれる。
 「天塩弥生駅」は、北海道新幹線開業と同日の平成28年3月26日に営業開始。国鉄時代の木造駅舎をモチーフとしており、内部は膨大な鉄道関係の物品が並び、大いに人気を集めている。
 ライブには「天塩弥生駅」の歌を作曲した「∞UP∞」の「お〜ちゃん&け〜た」、「天塩弥生駅」通算宿泊数40泊の福島県在住のシンガーソングライター・かとうまさかずさん、富良野市在住のアウトドアガイド・松原良成さんが出演。
 ライブの後は「うたごえ喫茶」を繰り広げ、カラオケでは味わえない、一緒に歌う楽しさを満喫することにしている。
 入場料は500円(宿泊者を除く)。問い合わせは「天塩弥生駅」(090―8898―0397)まで。

[2018-03-18-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.