地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年3月11日

特別賞や入賞に笑顔
書心書道教室・全国学生書道展で健闘

 【名寄】第49回全国学生書道展(国際書道協会主催)の審査会が、このほど同協会本部(札幌)で行われ、市内西11南4の書心書道教室(主宰・米山秋水さん)で学ぶ生徒9人が特別賞や入賞を果たし、喜びの笑顔を見せている。
 全国の幼児から中学生までを対象とした公募展で、道内を中心に作品5615点の応募があった。書心書道教室の子どもたちは毎年、さまざまな書道展で入賞するなど活躍。同コンクールでは、小学2年から同5年までの児童5人が特別賞に輝いた他、幼児4人が入賞。
 特別賞には、上家美咲さん(南小2年)、及位南々美さん(東小2年)、榎本至孝君(南小3年)、米山結衣さん(西小4年)、上家心優さん(同5年)が選ばれ、それぞれが素晴らしい書をしたためた。
 幼児の入賞者は、中山莉桜香さん(南保育所年長)、藤原悠夏さん(カトリック幼稚園年長)、一戸愛生さん(同年長)、一戸葵生さん(同年中)の4人。
 特別賞に選ばれた上家心優さんは4歳から同教室で書を学んでいる。同書道展では「武士の世」の文字をしたため、「『武』の文字の全体的なバランスをとるのが難しかったです」と振り返るとともに、「自分が思う通りの字が書けたときは、とてもうれしい」と話している。

(写真=全国学生書道展で特別賞や入賞に輝いた書心書道教室の生徒たち)

[ 2018-03-11-19:00 ]


旭川駅乗り継ぎ改善
JR北海道・17日にダイヤ改正実施

 JR北海道は、17日にダイヤ改正を実施する。宗谷本線関係では、旭川行き快速列車と札幌方面特急列車との旭川駅乗り継ぎが改善される。
 改正内容は、名寄発旭川行きの快速「なよろ6号」が、名寄発午後1時25分、旭川着午後2時45分に変更され、乗り継ぎ列車となる旭川発午後3時、札幌着午後4時25分の特急「カムイ30号」までの待ち時間が短縮される。
 また、名寄発旭川行きの快速「なよろ8号」が、名寄発午後2時33分、旭川着3時55分に変更され、乗り継ぎ列車は現行に比べて30分早い旭川発午後4時、札幌着午後5時25分の特急「カムイ32号」となる。
 なお、札幌〜稚内間の特急「宗谷」1往復、旭川〜稚内間の特急「サロベツ」2往復の運行ダイヤは変更されていない。
 その他、札幌〜函館間の特急「北斗」3往復の車両が更新され、すべて「スーパー北斗」となり、所要時間が短縮。「スーパー北斗」は12往復となる。
 ダイヤ改正の詳細は、JR北海道のホームページにも掲載されている。

[ 2018-03-11-19:00 ]


楽しい思い出胸に
名寄市東保育所で修了式

 【名寄】名寄市東保育所(吉川郁子所長)の第39回修了式が8日に同保育所で行われ、修了児23人は楽しかった保育所での生活を振り返った。
 保護者や在所児、職員らが見守る中、修了児一人一人の名前が告げられ、少し緊張した表情で入場。吉川所長から修了児に保育証書が手渡された。
 吉川所長は「強い心と優しい気持ちを大切にして、小学校では勉強と運動を頑張ってください。また、自分のことだけではなく、周りの人のことも考えて、我慢したり優しくしたりできる人になってください。皆さんなら大丈夫。自信を持って小学校に入学し、たくさんの友達をつくってください」などと挨拶。
 所児全員で「思い出のアルバム」を歌い、保育所での思い出を振り返り、修了児は「4月から元気な一年生になります。皆さんこれからも仲良く遊んでください」と在所児に別れを告げた。
 在所児から花束を受け取った修了児は、この日のために毎日練習してきた歌「ずっといっしょ」を熱唱。涙と笑顔があふれる修了式となり、紙吹雪が舞う中、修了児たちは楽しい思い出がいっぱい詰まった保育所を後にした。

(写真=修了児23人が心を込めて歌声を響かせた東保育所の修了式)

[2018-03-11-19:00 ]


懐かしの生活道具など
北国博物館・24日から新着資料展

 【名寄】名寄市北国博物館(吉田清人館長)の新着資料展が、24日から同館で開かれる。
 市民から寄贈された昔懐かしい物品などを紹介する恒例展。今回は、本年度に市民から寄贈された生活道具や歴史的資料などを中心に展示し、一昔前の日本の暮らしなどを振り返る。
 展示は、観賞しやすいよう娯楽・芸能、衣服、食習、教育などのジャンルに分けることとしており、スライドプロジェクターや名寄岩の写真、昭和時代に使用されていたジャンプとクロスカントリーのスキー板やスキーウェア一式、パン焼き器、ご飯炊き土鍋、プリントゴッコ、ワープロなど多彩な寄贈品を展示する予定。
 昭和生まれの人には昔懐かしさを感じさせ、平成生まれの人たちには見たことない資料なども展示する予定となっていることから、同館では多くの来場を呼び掛けている。展示は4月8日までで、入場は無料。

(写真=来場を呼び掛ける新着資料展のポスター)

[2018-03-11-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.