地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年2月20日

特殊詐欺被害1000万円超える
名寄警察署29年統計・刑法犯で窃盗が最多

 【名寄】名寄警察署(P裕署長)は、平成29年の交通事故と事件の統計をまとめた。交通事故は、人身事故が前年に比べて減少し、死亡事故は前年と同数の1件1人だった。事件では、刑法犯認知が前年に比べ増加し、窃盗が最多となった。さらに特殊詐欺事件が3件発生しており、合計被害額は1000万円を超えた。
 交通事故は、人身事故が22件(名寄21件、下川1件)で、前年比4件減。負傷者は26人(重傷4人、軽傷22人)で、前年比9人減となった。
 死亡事故は1件1人で、前年と同数。昨年4月26日昼ごろ、名寄市東6南5の国道239号で、60歳代男性が運転する普通貨物車が、30歳代男性運転の大型貨物車と60歳代女性運転の普通貨物車と衝突する事故で死亡した。
 人身事故の内訳をみると、道路別では市道10件、国道7件。場所別では直線14件、交差点8件。類型別では出合い頭と追突で各6件。違反別では前方不注視と安全不確認で各5件、一時不停止4件、動静不注視3件と続いた。物損事故は675件で、前年比79件減だった。
 事件では、刑法犯認知が103件で前年比5件増。内訳は重要事件2件(放火、強制わいせつ各1件)、暴行・傷害の粗暴犯13件、窃盗58件(空き巣13件、自転車盗9件、車上狙い5件、事務所荒らし、倉庫荒らし各3件)だった。

[ 2018-02-20-19:00 ]


18人が学びや巣立つ
名寄ピヤシリ大学・卒業、修了式で別れ惜しむ

 【名寄】名寄ピヤシリ大学(学長・小野浩一市教育長)の第35回卒業式と大学院の第27回修了式が20日に市民文化センターで行われた。
 在学生の温かい拍手に迎えられ、卒業生9人と修了生9人が入場。小野学長から卒業証書、修了証書が手渡された後、対象の学生に皆勤賞と精勤賞、自治会活動功績賞、運営委員長特別表彰(大学4年間と大学院2年間皆勤だった学生)なども贈られた。
 在校生を代表して3年生の平野優さんが「ここで学んだ知識を発揮し、今後も明るい明日を目指して地域貢献活動に取り組んでほしい。皆さんが築いた伝統を守り、学習に努めたい」と送辞。
 卒業生代表の池田幸眞さんと修了生代表の山口茂さんは、今までの活動を振り返りながら周囲の支えに感謝するとともに、「これからも地域の中で貢献活動を実践していきたい」などと答辞を述べた。
 最後に出席者全員で「仰げば尊し」を歌って別れを惜しむとともに、卒業生・修了生を祝う会も開かれた。

(写真=小野学長から卒業証書を受ける学生)

[ 2018-02-20-19:00 ]


楽しみながら基礎学ぶ
名寄・カーリング体験イベント

 【名寄】名寄ウィンタースポーツライズ青年部(小川達也部長)主催の「北海道銀行フォルティウスとカーリングを体験しよう!」が17日に道立サンピラー交流館カーリングホールで開かれた。
 冬季スポーツを応援する「北海道日本ハムファイターズゆきのね奨楽金」の助成事業を活用した体験イベント。2014年ソチオリンピック出場チームの北海道銀行フォルティウス(小笠原歩さん、吉村紗也香さん、小野寺佳歩さん、近江谷杏奈さん、船山弓枝さん)を講師に招いた。
 参加対象は小学生で、市内の1年生から5年生まで29人が参加。初心者と経験者のグループに分かれ、最初は氷上を素早く移動するための足の滑らせ方や、ストーンを投げるフォームなどの基礎練習を行った。
 初心者グループを担当した小笠原さんは、フォーム練習で「滑らせる方の足をしっかりと氷の上に置き、顔を上げてお尻を下げること」などと分かりやすく指導していた。初めてカーリングを体験した子どもたちは、不慣れな氷の上で何回も転ぶなど悪戦苦闘しながらも、楽しそうな表情で練習していた。
 また、名寄カーリング協会の女子メンバーも指導をサポートした他、同ファイターズマスコットキャラクターの「B☆B」も子どもたちと一緒にカーリング体験してイベントを盛り上げた。

(写真=北海道銀行フォルティウスを講師に開かれたカーリング体験イベント)

[2018-02-20-19:00 ]


大正時代の人形など
北国博物館・22日から「ひな人形展」を開催

 【名寄】名寄市北国博物館(吉田清人館長)の「ひな人形展」が、22日から同館ギャラリーホールで開かれる。
 3月3日の「桃の節句」「ひな祭り」に合わせて開催する恒例展。今年も市民から寄贈されたひな人形をはじめ、女びなや男びななどを描いた掛け軸、飾り布を展示する。
 ひな人形は古いもので大正から昭和50年代のものまでが飾られる他、ひな祭りや名寄周辺のひな人形、飾り方の解説もパネルで展示する予定。
 入場は無料で、展示期間は3月4日まで。同館では「少し懐かしいひな人形を展示するので、多くの人に足を運んでいただき見てほしい」と来場を呼び掛けている。

(写真=多くの来場を呼び掛けるポスター)

[2018-02-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.