地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2018年1月25日

国内最高峰のゲームに期待
全農日本カーリング選手権・28日から名寄を会場に開幕

 【名寄】「第35回全農日本カーリング選手権大会」が、28日から2月4日までの日程で、名寄市日進の道立サンピラー交流館を会場に開催される。男子では前年度優勝の「チーム北海道」、女子は「北海道銀行」や前年度優勝の「中部電力」をはじめ、地元名寄の3チーム(男子2チーム、女子1チーム)を含め、全国の予選を勝ち抜いた男女全18チームが熱戦を繰り広げる。期間中は選手、大会スタッフをはじめ報道機関など多くの関係者が名寄を訪れる予定で、国内最高峰のカーリング大会が名寄の冬を熱く彩る。
 大会は日本カーリング協会の主催。名寄では平成23年以来、7年ぶりの開催で、全国5ブロックの予選を勝ち抜いた男女各8チームに、開催地推薦枠男女1チームの計18チームがエントリー。男子は「teamIWAI(北海道)」「チーム北海道(同)」「チーム東京(東京都)」「軽井沢CC(長野県)」「北海道大学(北海道)」「チーム京都(京都府)」「青森県協会(青森県)」「名寄協会(北海道)」と、開催地枠の「名寄市役所」。一方、女子は「富士急(山梨県)」「青森Jr(青森県)」「札幌CA(北海道)」「Karuizawa(長野県)」「札幌国際大学(北海道)」「チーム広島(広島県)」「北海道銀行(北海道)」「中部電力(長野県)」と、開催地枠で「名寄協会」。
 大会日程は、28日は午前10時から公式練習、午後6時10分から開会式。翌29日午前8時半から予選リーグがスタート。2月3日午後3時から準決勝。同4日午前10時から男子決勝、午後2時半から女子決勝を予定。試合は同交流館2階観覧席から観戦できる(無料)。なお、大会の様子は期間中、日本カーリング協会によりYouTube(ユーチューブ)でライブ中継する予定。また、女子準決勝、男女決勝はNHK「BS1」で生中継される。

(写真=28日から名寄で開催される全農日本カーリング選手権大会のPRポスター)

[ 2018-01-25-19:00 ]


「50億超で仕上げたい」
美深町・山口町長の30年度予算査定

 【美深】平成30年度予算編成に伴う山口信夫町長の査定が24日に町役場中会議室で始まった。今泉和司副町長の査定段階で、一般会計の歳入総額の見込み額である50億円程度となっているものの、慎重に精査している。
 予算編成は、美深町第5次総合計画を、着実かつ住民に直接目に見える形で推進することなどを念頭に置きながら進められている。
 各課から出された予算請求額は、52億5700万円。15日から23日までの7日間(土・日曜日を除く)で行われた今泉副町長の査定で、50億3300万円まで縮小。歳入総額の見込み額と同額程度に近付けた。
 町長査定初日は、議会事務局と総務課。査定実施に当たって、山口町長は「昨年の暮れから積み上げてもらった予算請求額は、約53億円。副町長査定で50億円程度まで整理してもらった。50億円を超える予算に仕上げたい」と述べ、積極的な予算編成とする考えを示した。その後、あらためて各課の担当者から事業内容を聞き取りながら予算請求内容を精査している。
 なお、今後の町長査定の日程は、25日が農務課、建設水道課。教育員会。26日が住民生活課、保健福祉課となっている。

(写真=予算編成に向け、各課の請求内容を聞く山口町長)

[ 2018-01-25-19:00 ]


世界最高峰の技、間近で!
平昌五輪前の最終調整・海外、全日本選手が美深で合宿

 【美深】2月9日開幕の「第23回オリンピック冬季競技大会」(韓国・平昌)フリースタイルスキー競技エアリアル種目に出場する海外チームと全日本チームが、27日に来町。国際スキー連盟(FIS)公認の美深スキー場エアリアルサイトで、大会直前の最終調整のためのトレーニングを行う。
 美深町が五輪直前合宿の受け入れを行い、美深スキー連盟や美深町エアリアルプロジェクト委員会など数多くの関係団体が協力に当たる。
 来町するのは、メダル候補でもある強豪のスイス、カナダ、ベラルーシ、イギリス、ドイツの選手とコーチ36人に加え、日本代表の田原直哉選手(ミルキーウェイ所属)ら全日本チーム8人。
 27日にカナダ、ベラルーシ、全日本。29日にスイス、イギリス、ドイツが同町入りの予定。平昌五輪直前の2月8日まで合宿を行うが、実質的なトレーニング期間は、28日から2月7日までとなっている。
 平昌五輪が直前に迫り、エアリアル熱が上昇中の同町。役場や町民体育館などに懸垂幕、市街地にバナー、町内各所にポスターを設置し、海外チーム、全日本チームの来町を歓迎している。また、美深スキー場エアリアルサイトでのトレーニングは見学可能。同委員会は「世界最高峰の技を間近で見ることができるので、多くの皆さまの応援をお願いします」と呼び掛けている。

(写真=海外、全日本のエアリアルチームを歓迎するポスター)

[2018-01-25-19:00 ]


楽しく運動能力アップ
びふかスポーツクラブKids

 【美深】NPO法人びふかスポーツクラブ(中林佳昭理事長)の第9回「Kids」が23日に町民体育館を会場に行われた。
 小学生会員を対象とした事業で、同クラブ企画・運営委員会が考案した運動能力向上プログラムを実施している。
 この日は約60人が参加。トランポリンの他、縄跳び、スラックラインなど5種目に挑戦して、友達と一緒に楽しみながら全身持久力、筋力、平衡性を高めた。
 その中の一つである「筋肉ぷるぷる+体幹トレーニング」では、空気椅子を1分間キープしたり、肘から手首を床に付けて腕とつま先で体を支えたりするなどし、腕や足がプルプル。筋力を一層鍛えた。

(写真=体幹トレーニングなどに取り組んだ児童たち)

[2018-01-25-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.