地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年12月29日

国内外から11チーム
名寄・2月7日から国際雪像彫刻大会

 【名寄】「第18回なよろ国際雪像彫刻大会ジャパンカップ」が、来年2月7日から10日までの4日間、南広場を会場に開かれる。出場するのはアメリカやロシア、カナダ、オランダなどの海外チームと、国内からは道内や愛知県の合わせて11チームで、今大会も素晴らしい芸術作品が見られそうだ。
 毎年、国内外から芸術家などが集まって作品の完成度を競い合うとともに、名寄の国際交流にも大きく貢献したイベントとなっている同大会。今大会に出場する海外チームはアメリカ、ロシア、カナダ、オランダ、トルコ、インドネシア、韓国の7カ国。国内からはチーム愛知をはじめ、北海道雪像彫刻研究所、東海大学、北海道芸術デザイン専門学校の4チーム。
 日程は、2月6日に出場チームが名寄入りし、午後6時から駅前交流プラザ「よろーな」で歓迎会を開催。競技は翌7日午前8時からスタートし、10日まで行う。競技時間は7日から9日までが午前8時から午後10時まで。10日午前6時から同9時まで。
 競技最終日は、制作作業終了後に作品の審査を行い、正午から表彰式、午後1時から会場で「さよならパーティー」を開催。
 9日から12日まで雪像を公開する予定で、大会事務局のなよろ観光まちづくり協会では「多くの人たちに制作作業の様子や素晴らしい作品を見ていただきたい」と来場を呼び掛けている。

(写真=開催をPRするポスター)

[ 2017-12-29-19:00 ]


工藤漱太君が高校制す
全道ノルディック・女子は鴨田鮎華さん優勝

 【下川】下川町、下川スキー協会など主催の第33回全道ノルディックスキー競技大会が、28日に下川スキー場で開催。地元勢はジャンプ競技の女子の部で下川商業高校の鴨田鮎華さん、高校男子でも同校の工藤漱太君が優勝。成年の部で名寄ジャンプクラブの安澤翔一さんが2位に入る健闘を見せた。
 ジャンプ、クロスカントリー、コンバインドが行われ、全国各地から集まった、幼児から一般までの450人が熱戦を繰り広げた。ジャンプ終盤のK点65メートル級競技中、2本目に入った際、停電でリフトや放送機器が使えなくなるトラブルが発生し、以降の競技は2本目を中止した。

(写真=果敢に飛ぶ地元勢=ジャンプ中学生の部=)

[ 2017-12-29-19:00 ]


ガラガラ回し一喜一憂
美深・年末年始大売り出し抽選会

 【美深】美深町商工会(園部一正会長)の年末年始大売り出し抽選会が、28日からSUN21を会場にスタートした。多くの町民が足を運び、「何が当たるかな?」と楽しみにしながら抽選器を回している。
 売り出し期間は、12月1日から1月3日まで。参加店で買い物500円ごとにシールが進呈され、シール10枚を貼った専用台紙1枚で1回の抽選チャンスが得られる。
 抽選会は28、29、30日、1月2、3日(各日とも午前10時〜午後5時)。本年度も外れなし。灯油200リットルや商品券1万円など景品総数3386本を用意した。
 初日から多くの町民が来場し、抽選器のハンドルを回してガラガラ。飛び出す玉の色に一喜一憂していた。

(写真=景品を楽しみにしながら抽選器のハンドルを回す来場者)

[2017-12-29-19:00 ]


京丹波の小学生と再会
下川・子ども交流で町内散策など行う

 【下川】町と友好関係にある京都府京丹波町の小学6年生6人が、24から27日まで下川に滞在。地元小学生と交流を深めた。
 町は友好関係にある京丹波町、岐阜県御嵩町、神奈川県横浜市戸塚区の3地域と双方間の子ども交流に取り組んでいる。京丹波町とは、森林・林業施策を互いに学び、まちづくり交流を展開。夏には下川小の5・6年生6人が京丹波を訪問しており、今回は京丹波の小学6年生6人が下川を訪れ、下川の子どもたちと再会した。
 25日は気温が高く、この時期には珍しい雨も降ったことから下川らしい極寒やサラサラ雪は体験できなかったが、両町の子どもたちは下川小学校の校舎をはじめ、町内を散策。エコハウスでクリスマスの飾りを作った。
 京丹波の山内幸宗君と谷口沙弥さんは「下川に絶対行く―という約束を果たせてうれしい」「下川は雪が多く、校舎や備品に地元の木がたくさん使われている。各教室にどんな樹種が使われているか書いてあり興味深い」。下川小6年の更谷洸太君は「京丹波では思い出をつくれた。下川では京丹波と違うところを見て楽しんでもらいたい」と語った。

(写真=下川小のはるにれの木で記念撮影した京丹波と下川の小学生)

[2017-12-29-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.