地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年12月18日

御家瀬選手(下川商業)が4位
名寄ピヤシリジャンプ大会

 【名寄】全日本スキー連盟A級公認の「第48回名寄ピヤシリジャンプ大会」が、16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれ、女子は岩佐明香選手(日本大学)が1本目89メートル、2本目95・5メートル(最長不倒)、男子は内藤智文選手(古河市スキー協会)が1本目96・5メートル(最長不倒)、2本目95メートルでそれぞれ優勝。地元勢は御家瀬恋選手(下川商業高校)が4位入賞を果たすなど健闘した。
 大会は名寄地方スキー連盟(吉田肇会長)などの主催。冬季ジャンップの国内開幕戦で、ワールドカップ遠征組の出場はなかったが、女子31人、男子人90人の計121人が出場した。
 地元勢は女子組で御家瀬選手が1本目83メートル、2本目87・5メートルを飛び4位入賞。瀬川芙美佳選手(下川商業高校)が1本目82メートル、2本目82・5メートルで6位入賞。男子は二階堂蓮選手(同)が1本目88・5メートル、2本目87・5メートルで12位が最高だった。
 会場には多くの市民が訪れ、選手たちの大ジャンプに声援を送った他、恒例の吉田病院による接待所も設けられ、温かい豚汁が選手や観戦者に喜ばれた。

(写真=女子組で4位入賞を果たした御家瀬選手の飛躍)

[ 2017-12-18-19:00 ]


岩佐、内藤が連勝
名寄・吉田杯ジャンプ大会

 【名寄】全日本スキー連盟A級公認「第33回吉田杯ジャンプ大会」が、17日午前9時から名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。女子は岩佐明香選手(日本大学)、男子は内藤智文選手(古河市スキー協会)がそれぞれ優勝。岩佐選手、内藤選手とも15日の名寄ピヤシリジャンプ大会から連勝した。
 名寄地方スキー連盟(吉田肇会長)などが主催。冬季ジャンップの国内第2戦で、ワールドカップ遠征組は出場しなかったが、女子31人、男子人88人の計119人が出場した。
 地元勢では、女子で鴨田鮎華選手(下川商業高校)が1本目68・5メートル、2本目87・5メートルで5位、御家瀬恋選手(同)71・5メートル、81メートルで7位、瀬川芙美佳選手(同)が74・5メートル、78メートルで8位入賞。
 男子は二階堂蓮選手(下川商業高校)が93・5メートル、88・5メートルで5位、下川町出身の伊藤将充選手(土屋ホーム)が92・5メートル、87メートルで7位、伊藤謙司郎選手(雪印メグミルクスキー部)が89・5メートル、87メートルで9位入賞した。

(写真=表彰台に上がった女子組=上=、男子組の選手たち)

[ 2017-12-18-19:00 ]


親子300人で楽しい時間
下川スズキ会のXマス会

 【下川】下川スズキ会(三津橋英実会長)のクリスマス会が16日にバスターミナル合同センターで開かれた。
 下川にテストコースを持つスズキ(本社・静岡県浜松市)を応援しようと毎年、クリスマス会を開催。子どもに景品付きのくじ引き、ケーキ、ジュースを用意するなど家族で楽しめる内容にしたことで、年々親子参加が増え、町を挙げてのクリスマス会となった。
 今年は定員250人の参加を想定していたが、スズキ会員やスズキ社員、幅広い世代の町民300人以上が参加。満席を超える多くの人でにぎわった。
 三津橋会長が「大いに盛り上がってほしい。合言葉は3S。乗るならスズキ、飲むならサッポロ、住むなら下川」と挨拶。谷一之町長は「地元下川商業高生が今年もスズキ本社で販売実習を展開。そのうち1人が同社就職を決めた。これまでに10人以上がスズキでお世話になっている」など話し、乾杯の音頭をとり、パーティー入り。来場者が和やかにビールのジョッキを傾けた。
 景品付きチャリティービンゴゲーム、抽選で盛り上がった他、子どもたちには、サンタクロースとトナカイに扮(ふん)した谷町長と木下一己町議会議長から、プレゼントが配られた。

(写真=多くの人でにぎわったスズキ会のクリスマスパーティー)

[2017-12-18-19:00 ]


友人らと初滑り満喫
美深スキー場がオープン

 【美深】美深スキー場が16日に今シーズンの営業をスタート。この日を心待ちにしていた多くの町民が初滑りを楽しんだ。
 同スキー場は、平均斜度21・5度。緩やかコースが特徴的な初心者にも優しいスキー場で、当初の予定通り16日にオープン。
 初日はリフト無料開放、さらには好天にも恵まれ、多くの町民が来場。純白のゲレンデにシュプールを描きながら滑り降るなど、家族や友人と楽しい時間を過ごしていた。
 なお、営業期間は、来年3月18日までを予定(12月31日、1月1日休業)。
 昼間は、平日が午後1時から4時(小中学校の冬休み期間は午前10時から)、土・日曜日・祝日は午前10時から午後4時。
 ナイターは、午後5時から8時までだが、2月までは月から土曜日(祝日除く)、3月が月、水、金、土曜日(同)の営業となる。

(写真=多くの町民でにぎわった美深スキー場)

[2017-12-18-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.