地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年11月22日

齊藤院長(片平外科・脳神経外科)講師に理解深める
名寄市・市民の健康を守る医療講演会

 【名寄】第16回市民の健康を守る医療講演会が21日にホテル藤花で開かれ、「老化は予防できる!」をテーマに、片平外科・脳神経外科の齊藤武志院長を講師に、老化予防について学んだ。
 名寄市、名寄市国民健康保険、名寄新聞社の主催、北星信用金庫の後援。市民約100人が聴講した。老化について齊藤院長は「年月とともに細胞が傷つくために老化する。老化を予防するためには細胞を若く保ち、がん細胞を排除することが挙げられるが、この2つは両立しない関係性にあり、老化の速度を遅くすることはできるが、止めることはできない」と説明。
 炭水化物など糖分の摂りすぎは、老化や寿命を左右するとし、「糖を過剰摂取すると、余った糖はタンパク質と結び付き不良化し、老化促進物質であるAGEが作られる。これを『糖化』という。また、食材を加熱調理することによっても、AGEが短時間に生成される。これにより、体を構成する組織や血管がもろくなり、動脈硬化や糖尿病の合併症、認知症などの原因にもなり、老化や病気を引き起こす原因となる」と説明。加えて、「糖質は必須栄養素ではない。糖質が外から入ってこないと、ケトン体がブドウ糖に替わるエネルギーとして脳などで使われる」とした。
 食べる順番も食後の血糖値上昇を緩やかにしてくれるとし、「最初に野菜やキノコ類、海藻類などのおかずを食べることで、食物繊維が糖の吸収を緩やかにしてくれる。また、ゆっくりとよくかんで食べ、1日3食の規則正しい食習慣を心掛けること。食後1時間以内にウオーキングなどの運動も効果的」と呼び掛けた。

(写真=老化予防について講演した齊藤院長)

[ 2017-11-22-19:00 ]


今シーズンも旧豊西小Gに
名寄市議会総務文教委・市がスケートリンク開設説明

 【名寄】名寄市議会総務文教常任委員会(東千春委員長)が21日に市役所名寄庁舎で開かれた。毎年、冬シーズンに向けて開設場所が課題となっている市営スケートリンクで、市教育委員会が「昨年と同様に南小学校グラウンドでの開設を名寄スケート協会と協議したが、水質に問題があるため、来シーズン以降も含め南小を断念した」とし、「今シーズンも旧豊西小グラウンドで開設する」と説明した。
 南小グランドでの開設に向けた協議は、より多くの市民が利用しやすい場所を設定するためのものだったが、調査の結果、リンクに使用する地下水の水質が氷に大きく影響することが明らかになったため、今シーズンも旧豊西小グラウンドで開設することに。
 同委員会で市教委が協議経過や開設場所を報告し、「南小での開設は断念したが、来シーズン以降も旧豊西小に固定したわけではない。市民が気軽に足を運べる場所での開設をスケート協会と検討する」と説明。
 市民からも候補地として声が上がっている南広場については、商工会議所から提案された新図書館を含む複合施設の建設場所となっていることを踏まえ、開設は難しいとした。

[ 2017-11-22-19:00 ]


さをり織りの魅力発信
名寄・25日に「まちなかマーケット」

 【名寄】「まちなかマーケット」(名寄市社協主催)が、25日午前10時から午後2時まで、ここほっと(西條名寄店1階西側テナント)で開かれる。名寄産業高校家庭クラブのメンバーが作成したさをり織り作品の展示・販売も行われる。
 同マーケットは、市内の福祉事業所が集い自慢のグルメなどを販売するイベントで、毎月第4土曜日に開催。同クラブのメンバーは「さをりでつむぐ地域の絆〜つながる心、笑顔とともに〜」をテーマに研究に取り組んでいる。北海道カラーデザイン研究室代表の外崎由香さんから色について学び、それを基に名寄みどりの郷の「さをり織り」を生かした作品を作るなど、地域住民とのつながりを持った研究を展開。この研究は平成29年度北海道高等学校家庭クラブ連盟研究大会で最優秀賞に選ばれた。
 マーケットでは、さをり織りで作成したスマホケースやポーチ、鍋敷きなどの成果品を展示・販売し、多くの市民にさをり織りの魅力を発信したい意向。

(写真=まちなかマーケットをPRするチラシ)

[2017-11-22-19:00 ]


ピヤシリスキー場のオープン延期

 【名寄】25日にオープン予定だったピヤシリスキー場は、ゲレンデの積雪不足によりオープンは延期されることとなった。
 同スキー場を管理する名寄振興公社では、今月1日からリフト搬器の取り付け作業を開始。同14日には安全祈願祭を開催するなど、オープンに向けて準備を進めてきた。
 オープンは今後の積雪状況次第とのことで、同公社では「ゲレンデのコンディションが整い次第、オープンしたい。確定次第、ホームページなどでお知らせしたい」としている。

[2017-11-22-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.