地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年11月2日

受章の知らせに喜び語る
秋の褒章・地道な功績をたたえ
本紙管内からは2氏に栄誉

 【名寄】平成29年秋の褒章で、本紙管内から2人の受章が決まった。名寄市東2南11の北星信用金庫理事長、岡本守氏(64)が業務精励(金融業)で黄綬褒章。名寄市風連町北栄町の保護司、川原夏子氏(73)が更生保護功績で藍綬褒章を受章する。共に長年の地道な功績がたたえられたもので、両氏とも受章の知らせに晴れやかな表情を見せている。
 業務精励・金融業(黄綬褒章)=昭和28年9月、名寄市の生まれ。名寄高校を経て、立命館大学経営学部卒。同51年に名寄信用金庫入庫。公園通支店長、士別支店長を経て、平成15年常勤理事(兼旭川支店長、本店長)。同19年10月、士別信金と合併。同24年6月、北星信金理事長。全国信用金庫協会広報委員会委員、北海道信用金庫協会監事、同協会広報委員長、名寄地区防犯協会長、名寄日台親善協会副会長などを務め、幅広く活躍している。
 地元名寄に帰り、経済に関わる仕事に就きたい―と名寄信金へ入庫。「名寄、士別、旭川、下川など営業畑が長く、地域やお客さまを身近に感じられる信金に就職し、本当に良かったと思う」と語る。受章の報告に、「大変光栄に思っている。この褒章は役職員、諸先輩、お客さまに支えられての受章だと思っている」と喜びの表情。
 更生保護功績(藍綬褒章)=昭和19年7月、士別市の生まれ。保護司となったきっかけは、合併前の旧風連町から声が掛かったこと。さらに、当時、同町で保護司を務めていた親戚からの勧めもあり、平成2年から旭川保護観察所の任命を受けて保護司活動をスタートさせた。現在は旭川更生保護女性連盟の副会長をはじめ、風連更生保護女性会長、名寄市社会福祉協議会副会長なども務めており、更生保護活動にも貢献。25年には法務大臣表彰も受けている。
 今回の受章は、27年間の長きにわたる功績が評価されたもので、「ただ長く務めてきただけで、このような章をいただき身に余る光栄であると同時に、家族の支えで続けられていると思っている。また、書類作成など分からないことを、旭川保護観察所の職員に教えてもらうなど協力していただいたことにも感謝したい」と話す。

[ 2017-11-02-19:00 ]


多くの聴講呼び掛ける
北星信金合併10周年記念企画・13日に「尾木ママ」招き講演会

 【名寄】北星信用金庫(岡本守理事長)の合併10周年記念講演会が、13日午後7時(同6時半開場)から市民文化センターエンレイホールで開かれる。講師には「尾木ママ」の愛称で親しまれている教育評論家の尾木直樹氏を招き、「尾木ママの7つの人生力〜ありのままに今を輝かせる力〜」をテーマに講演する。
 講演会は、北星信用金庫レディースサークル「ひまわり会」の協賛。平成19年10月の北星信金誕生から10周年を記念した、お客さま感謝企画。
 講師の尾木氏は昭和22年、滋賀県の生まれ。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、22年間子どもを主役としたユニークで創造的な教育実践を展開。その後、大学教員に転身し22年、合計44年間教壇に立つ。現在は法政大学特認教授。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として子育てと教育、メディア問題などに関する現場に密着した調査・研究に取り組んでいる。また、テレビなど各メディアで活躍している。
 講演は70分程度を予定。入場は無料だが、本店・各支店窓口で入場整理券を配布しており、同庫では多くの地域住民の聴講を呼び掛けている。

(写真=教育評論家の尾木直樹氏を招き開かれる講演会のPRチラシ)

[ 2017-11-02-19:00 ]


今月から投影番組変更
天文台のプラネタリウム

 【名寄】なよろ市立天文台「きたすばる」(村上恭彦台長)は、プラネタリウムの投影番組を変更。今月から「ロゼッタ〜彗星の謎にせまる〜」=写真、「ナナとハチ ちきゅうにおちてきたネコのものがたり」を投影している。
 「ロゼッタ」は、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)による彗星探査機で、打ち上げからおよそ10年の歳月をかけて、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到達している。これまでにないリアルな彗星の姿の映像撮影、生命誕生に深く関わる「グリシン」や「リン」の発見、着陸機「フィラエ」を降下させるなど、その活躍が広く知られている。ミッションは当初予定より延長され、昨年9月に無事終了した。番組では、彗星探査機「ロゼッタ」の話題を中心に、彗星の成り立ちや観測の歴史、NASA(アメリカ航空宇宙局)の彗星探査機「スターダスト」などを、CGを用いて紹介。午後4時と午後7時から投影する。
 「ナナとハチ ちきゅうにおちてきたネコのものがたり」は、ネコと宇宙、時間が織りなす昔話形式の物語。土・日曜日と祝日の午後2時から投影する。
 また、小惑星、彗星の衝突や地球を取り巻くストーリーを描いた「INCOMING!」も火曜日から金曜日までの午後2時と、火曜日から日曜日までの午後6時から投影している。なお、月曜日は休館となっている。

[2017-11-02-19:00 ]


落雷で信号機故障・JR宗谷本線運休

 【名寄】1日午後10時半ごろ、JR宗谷本線・名寄駅付近に落雷し、同駅構内の信号機が故障した。
 この影響で、1日夜は旭川〜名寄間の普通列車2本が運休した。
 信号機を修理するため、2日は旭川〜稚内間で、始発から午前中の普通列車、快速列車、合わせて14本が運休。
 一方、午前中の特急列車となる下り「宗谷」、上り「サロベツ2号」の2本は通常通り運行した。

[2017-11-02-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.