地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年10月16日

伸びやかなハーモニー
恒例の名寄市民合唱祭

 【名寄】第24回名寄市民合唱祭が14日に市民文化センターエンレイホールで開かれ、愛好者たちがメロディーと調和したハーモニーを響かせた。
 同実行委員会(三谷正治委員長)が主催、Harmonyなよろ(三谷会長)が主管。今年は友情出演の道庁男声合唱団と合わせて4団体が出演した。
 ステージは、鈴石女声コーラスの合唱で幕開け。「案山子」「明日があるさ」など5曲を歌った。名寄白樺合唱団は「忘れないで」「混成合唱のための組曲『旅』」より「村の小径で」など5曲を合唱した。
 続いて、道庁男声合唱団が登場。市生涯学習課長で市公民館長の仙石徳志さんが人事交流で道庁に勤務したこともあり、同合唱団にも所属。それを縁に同合唱団が友情出演し「きんいろの太陽がもえる朝に」「亜麻色の髪の乙女」「夏の終わりのハーモニー」「虹と雪のバラード」など11曲を披露した。名寄ピヤシリ合唱団は「宗谷岬」「友だちになった日」など6曲を歌った。また、道庁男声合唱団と名寄白樺合唱団(男声)で「いざ起て戦人よ」。出演者全員で「巣立ちの歌」を歌い、ホールいっぱいに美しく伸びやかなハーモニーを響かせて聴衆を魅了した。

(写真=友情出演した道庁男声合唱団のステージ)

[ 2017-10-16-19:00 ]


講演や芸能発表楽しむ
風連、下川、剣淵、和寒・4町高齢者大学の交流研修会

 【名寄】名寄市風連町、下川町、剣淵町、和寒町の4町高齢者大学(学級)の交流研修会が13日、ふうれん地域交流センターで開かれ、研修や芸能発表が行われた。
 名寄、剣淵、和寒、下川の各教育委員会が主催。交流研修には、4町の高齢者大学・学級から150人が参加。午前の研修では、終活カウンセラー協会上級カウンセラーの桜庭康喜さんが「少しでも不安や心配をなくし安心して楽しくいきるために〜心とモノの整理(終活)を始めませんか〜」をテーマに講演。
 芸能発表は、風連瑞生大学スコップ三味線趣味の会による演奏「じょんがら女節・浪花節だよ人生は」で開幕。踊りや詩吟、手品、カラオケなどのステージで盛り上がった。
 午後の研修では、風連国保診療所長の松田好人さんが「生活習慣病のおはなし」をテーマに講演するなど、参加者は日ごろの健康管理の参考としていた。

(写真=終活をテーマとした講演に耳を傾ける参加者たち)

[ 2017-10-16-19:00 ]


熊本テルサ北海道食材市に参加
きたいっしょ推進協議会・3町村の魅力発信

 【美深】美深、音威子府、中川の3町村連携組織「きたいっしょ推進協議会」(会長・山口信夫町長)は7、8、9の3日間、ホテル熊本テルサの「北海道ご当地食材市」に参加。新鮮野菜や加工品などの販売を通じて、3町村の魅力を発信した。
 昨年に続く熊本県内での地域PR。じゃがバターや音威子府そば、ウインナー、かぼちゃどぶろく、かぼちゃあまざけなどの試食試飲に加え、ジャガイモ(北あかり)とカボチャ(クリユタカ)、美深コロッケといった特産品を販売した。
 同協議会事務局によると、販売商品は全て完売。「観光やふるさと納税のパンフレットを配布、地域PR動画も流した。間違いなく3町村をPRできた」としている。また、同ホテルの「北海道バイキング」で中川町産ベーコン使用のピザ、美深町産北あかりのじゃがバター、オータムパーティープラン(11月14日まで)では、美深町産小麦「ハルユタカ」使用のラーメンサラダが出されており、多くの宿泊者らが、3町村自慢の味を楽しんでいる。

(写真=多くの来場者に3町村の魅力を伝えたきたいっしょ推進協)

[2017-10-16-19:00 ]


五輪選手村建材に地元材使用
下川・「木の日感謝の集い」で報告

 【下川】第27回「木の日感謝の集い」が13日にバスターミナル合同センターで開かれ、森林組合、木工場など町内各林産業関係の従業員や家族160人が一堂に会した。
 同集いは下川町林業労務改善協議会(濱下伸一郎会長)が、10月8日の「木の日」にちなんで毎年開催。会場には関係者の子どもたちも集まり、和やかムードに包まれた。
 濱下会長が挨拶で「2020年に開催される東京五輪の選手村の建物に、下川町産の製材、集成材が使用されることが決定した。全国から応募がある中で選ばれたのは大変名誉なこと。関係機関の力添え、品質管理に努める皆さんのたまもの。感謝申し上げます」と報告。加えて「皆さんは町を支える木材産業の最先端で活躍されている。厳しい環境の中、大きく育ってくれた木材への感謝の気持ちを大切にし、大きな目標を抱きながら創意工夫を楽しんで、ものづくりならではの喜びを味わっていただきたい。毎日の仕事に、責任と自信を持って過ごしてほしい」と話した。
 懇親会に入り、料理を味わいながら抽選を楽しむなど親睦を深め、参加者一同、心を一つにした。

(写真=木の日に感謝して乾杯した参加者たち)

[2017-10-16-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.