地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年10月5日

意見交換をメインに
名寄市議会・16日から12会場で報告会

 【名寄】名寄市議会(黒井徹議長)の議会報告会が、16日から19日までの4日間、市内12会場で開かれる。
 同報告会は、平成21年度施行の「名寄市議会基本条例」に基づいて毎年開催。市民の意見や要望を反映させるとともに、議員一人一人の資質向上を図った議会運営などを目的としている。
 昨年までは、毎年7月ごろをめどに1回開催していたが、より多くの市民意見を聞くことなどを狙いに、今年から春と夏をめどとして2回に増やし、1回目は4月に開催。2回目となる今回は、「2日間日程」「市内6会場」「議員9人ずつの2班体制」だった1回目の開催方法を、「4日間日程」「12会場」「4、5人ずつの4班体制」に見直すことに。従来よりも班体制を細分化することで開催日数と会場を増やし、できるだけ幅広く市民の声を聞く機会としていく考えだ。さらに、前回までの報告会の開催場所は各地域の中心施設が主だったが、市民が足を運びやすいよう、今回は町内会館を主な会場としている。
 開催日程は、16日が午後1時半から東12区町内会館、同6時から1区町内会館。17日が同6時から栄町団地集会場、同7時から智恵文多目的研修センター。18日が同6時から豊栄福祉会館、同7時から子育て支援センター「ひまわりらんど」。最終の19日は同1時半から西部地区集落センター、同3時半から児童センター、同6時から東風連子供と老人福祉館と瑞生コミュニティセンター、同6時半から高見区町内会福祉会館、同7時から東部地区集落センターとなっている。
 報告会では、定例会の審議概要や各常任委員会(総務文教、市民福祉、経済建設)の活動内容、議会改革の進捗(しんちょく)状況などを報告する。
 一方で、市民との意見交換の時間もできるだけ多く確保することとしており、市議会では「多くの市民に会場へ足を運んでいただき、議会や行政に対する意見を聞かせてほしい」と呼び掛けている。

[ 2017-10-05-19:00 ]


現金460万円だまし取られる
名寄で特殊詐欺被害・同様の予兆電話に注意

 【名寄】名寄警察署は5日、名寄市内在住の70歳代女性が特殊詐欺被害で現金460万円をだまし取られたことを発表した。犯人グループが電話した後、直接現金を手渡しさせる手口で、同様の予兆電話も数件あることから、注意を強く呼び掛けている。
 同署によると、4日午前、女性の長男と名乗る男から電話があり、「会社から預かったお金が入ったかばんを盗まれた。あるだけのお金を用意できないか」と言われた。女性は長男と信じ込んでしまい、金融機関3店舗を回り、合わせて現金460万円を引き出した。
 同日午後、男から再び電話があり、「自分はお金を取りに行けなくなったので、上司の息子が取りに行く」と言われた。その後、自宅から外に出ると20歳代の男が現れ、引き出した現金の全額を手渡してしまった。
 同署では、今回の特殊詐欺事件と同じような予兆電話が高齢者宅に数件かかってきており、通報が寄せられていることから、現金を要求するなどといった不審な電話には十分注意するよう呼び掛けている。

[ 2017-10-05-19:00 ]


「おいしい」と笑顔
美深町・添田町の新高梨が給食に登場

 【美深】今年も姉妹町の福岡県田川郡添田町から新高梨(150個)が届き、4日の給食メニューとして登場。子どもたちが、シャキシャキ食感の甘い梨を頬張った。
 美深町と添田町は、旧国鉄日本一の赤字線が取り持つ縁で、昭和56年10月に姉妹町としての盟約を締結。各分野にわたる交流を深めている。
 美深町総務課企画グループによると、両町の農畜産物交流は3年目。添田町からは毎年梨が届き、美深町は一作年に牛肉、昨年はもち米を贈っている。
 添田町の梨は今年も大きくずっしりしており、果汁もたっぷり。美深町幼児センター、美深小学校、美深中学校、美深高校の給食として提供した。
 このうち美深小3年生は、みずみずしい梨を味わい、「おいしい」と満面の笑みを浮かべていた。

(写真=シャキシャキ食感の甘い梨を頬張る児童)

[2017-10-05-19:00 ]


ゴール目指して力走
美深・町民健康マラソン大会

 【美深】美深町教育委員会(石田政充教育長)が主催の第43回美深町民健康マラソン大会が1日、天塩川堤防を発着点に開かれ、晴天の下、多くの出場者がゴールを目指した。
 町民が健康で明るい生活を営むため、健康づくりを目的に毎年開催・距離は2、3、5、7キロ。天塩川堤防の途中を折り返すコース設定となっている。
 111人が出場。開会式で石田教育長が「すがすがしい汗を流し、けがのないよう一生懸命練習成果を出してほしい」と、健闘を願って挨拶。出場者は、ストレッチなどで体を温めるなど入念に準備を行い、スタート後は、大会関係者らの声援を受け、心地よい汗を流しながら力走した。

(写真=晴天の下、ゴールを目指す出場者)

[2017-10-05-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.