地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年8月31日

地域資源を最大限に生かして
名寄・宗谷本線活性化フォーラム
石破茂氏(自民党衆議院議員)が講演

 【名寄】自民党衆議院議員で政界の鉄道ファンとしても知られる石破茂氏を招き、宗谷本線活性化推進フォーラムが30日に名寄市民文化センターエンレイホールで開かれた。講演で石破氏は「地域で持っている資源を最大限に生かしながら、JR、国、道、地域が一緒になって鉄道を支えることが大事だ」と連携を訴えた。
 同フォーラムは宗谷本線活性化推進協議会(会長・加藤剛士名寄市長)が主催。地域住民約800人が来場するとともに、JR北海道の島田修社長も出席した。
 前段で加藤市長が「鉄道が当たり前にある時代は終わったように感じる。鉄道という素晴らしいインフラを活用する創意工夫により、地域を発展させる情熱と覚悟が必要。地域住民が問題と向き合い、宗谷本線活性化の機運を全国に広めたい」と挨拶。
 続いて、石破氏が「鉄道網を活(い)かした地方創生について」をテーマに講演。国鉄の分割民営化から30年が経過し「三島会社(JR北海道、四国、九州)は分割民営化した時点で経営は難しいと最初から分かっていた。北海道は札幌一極集中が進み、高速道路も伸びており、鉄道と並行すればJRの利用が減るのは当たり前」と指摘した。
 また、鉄道が好きになった経緯も語り「旅そのものが好き。鉄道は単なる移動ではなく、旅や物語があると感じる。地元の鳥取県には新幹線はなく、夜行列車を利用。夜に移動できるので時間を有効に使える」と語った。

(写真=鉄道の優位性などを訴えた石破氏)

[ 2017-08-31-19:00 ]


防災、災害時対応へ活用
下川町・ゼンリンと住宅地図提供で協定

 【下川】下川町と国内最大手の地図製作会社「ゼンリン」(本社・福岡県北九州市)が30日に町役場で「災害時における地図製品等の供給等に関する協定」を締結した。町は「災害時における減災、防災対策、災害発生時の地域住民などから寄せられる被害状況の位置確認や現地調査に、大量の地図を要し、地図製作会社と連携を深め、多様な情報の共有化を図ることで、災害発生に備えるとともに、災害発生時の迅速な対応が可能になる」と説明した。
 協定では、ゼンリンが自社製作下川町版の最新住宅地図(B4判)5冊、広域図(縦119センチ、横85センチ)5枚、住宅地図ネット配信サービス(使用ID)などを町へ無償で提供し、下川での災害発生時、防災訓練などで使用できるようにする。さらに災害発生時には、本来有料となる地図の複製を無償で許可する他、住宅地図が不足した場合、町からの要請書に基づき、可能な限り提供する。
 協定期間は1年だが随時継続更新。地図は5年ごとに更新され、今回の地図は4月に更新されたばかり。更新があった場合は、最新版と取り換える。
 ゼンリンは、国内で大きな災害が相次ぐ中、平成25年から同様の協定を全国各地で結んでおり、下川で防災マップの作成を考えていることを知り、地図提供の協力を申し出た。下川町が全国で368番目、道内で9番目、旭川を除く道北で初めてとなる。
 今回の調印は、谷一之町長とゼンリン北海道エリア統括部の中村英二部長で交わした。今後、見守りを要する世帯住宅の位置確認など、さまざまな目的で住宅地図を生かせないか、両者で可能性を検討していく考え。

(写真=協定を締結したゼンリンの中村部長=左=と谷町長)

[ 2017-08-31-19:00 ]


芸術通じて交流深める
美深・高文連道北支部美術展、研究大会

 【美深】第51回高文連道北支部美術展・研究大会が30日に町文化会館COM100で始まり、生徒たちの熱、思い、努力などが詰まった見事な作品の数々が並んでいる。
 北海道高等学校文化連盟道北支部(支部長・杉田良二名寄産業高校校長)の主催。高文連道北支部(士別以北利尻)の10校、約130人の生徒と引率顧問が集う道北の高校美術部の大会(30日〜9月1日)で、平面(絵画)20点、立体6点を全道大会に出品する。
 開会式で、大会委員長の楡木伸司浜頓別高校長が「創作活動の過程の中で、作品とどのように向き合ってきたかのプロセスが大切。自己の成長に感謝し、次の創作活動のヒントを得られることが素晴らしいこと」などと挨拶。続いて、当番校生徒を代表し、浜頓別高美術同好会の小澤麗奈会長は「高校同士の交流を深め、楽しんでもらえればと思う。皆さんの協力をいただきながら大切な高校生活の良い思い出となるように努めたい」と述べた。
 COM100エントランスホール、ギャラリー、小ホールには、生徒たちそれぞれが思いを込めて制作した作品がずらり。引率顧問が慎重に審査するとともに、生徒たちが各作品を鑑賞し、芸術を通じて交流を深めた。

(写真=作品を鑑賞する生徒たち)

[2017-08-31-19:00 ]


誘導に従い素早く避難
美深町特別養護老人ホーム・河川氾濫想定し自然災害訓練

 【美深】美深町特別養護老人ホーム(芳賀浩二施設長)は30日、天塩川氾濫を想定した自然災害訓練を実施した。
 特養では毎年、火災を想定した避難訓練に取り組んでいるが、自然災害を想定し、福祉車両を活用して避難所に移動する訓練は初めて。美深町、美深小学校などが協力した。
 訓練は、天塩川の水位が避難判断水位に達し、避難準備・高齢者等避難開始発令が出されたとの想定。避難周知放送を受け、西棟利用者が職員の誘導に従ってホールに速やかに避難。さらに、職員2人が利用者に扮(ふん)し、東棟避難口から福祉車両に乗車して避難所の美深小体育館に避難した。
 対策委員長の芳賀施設長は「ほぼ全員が要介護者。人の手、福祉用具を活用しての避難となる。車両での往復で20分を想定していたが、11、12分で移動できた。反省もあるが、改善し、人命の安全な避難を優先に考えたい」と総評した。

(写真=職員扮する利用者を福祉車両に乗車させる職員)

[2017-08-31-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.