地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年8月20日

北海道純雪と愛知県ガマゴリ
26、27日に下川うどん祭り・全国トップ級2店を迎える

 【下川】第14回しもかわうどん祭りは、同実行委員会(実行委員長・石谷英人しもかわ観光協会長)主催、8月26日(正午から午後8時半)、27日(午前9時〜午後2時半)の2日間、にぎわいの広場(町内共栄町)で開催される。今年は、うどんの各全国大会で優勝を独占している札幌市内の「北海道純雪うどん」が道内イベントでは初出店。さらに昨年に続き、愛知県蒲郡市「ガマゴリうどん」も再び出店する。全国トップ級の2店を迎え、下川特産手延べ麺と共に、うどんの魅力を発信する。
 うどん祭りでは毎年、全国トップ級のうどんをゲストに迎えている。「北海道純雪うどん」は、香り高いさけ節のだし、道内産の小麦と塩にこだわったうどん。全国ご当地うどんサミット2015、2016を2年連続優勝、全国まるごとうどんエキスポ2016でも優勝している。うどん祭りではホタテの天ぷらも添える予定。
 「ガマゴリうどん」は、愛知県三河湾産のアサリを乗せ、だしを利かせたスープが人気のご当地うどん。「うどんサミット2013」と「うどんエキスポ2014」で優勝している。
 他に、下川手延べうどんや道内のうどん店が並ぶ。恒例の「うどん早食い競争」は、27日の締めくくりとして会場を盛り上げる。人気の「手延べうどんつかみ取り」も予定。さらに下川を皮切りにスタートする道内8つの麺イベント(下川町、弟子屈町、釧路市、幌加内町、岩見沢市、浦臼町、新得町、鹿追町)と連動した「北海道麺ロードラリー」も行う。スタンプの数に応じた特産品が抽選で当たる企画で、イベントの知名度アップを狙う。

(写真=しもかわうどん祭りの告知ポスター)

[ 2017-08-20-19:00 ]


10月17日に岸谷香誕生50年記念ライブ
美深・チケットの販売を開始

 【美深】美深町教育委員会、COM100文化ホール自主事業実行委員会は、19日から「岸谷香 KAORI PARADISE2017 HAPPY 50th ANNIVERSARYぶらりひとり旅inBIFUKA」のチケット販売している。
 元プリンセスプリンセスのボーカル、岸谷さんの誕生50年を記念した弾き語りツアー。ソロ曲、プリンセスプリンセスの名曲「M」や「Diamonds(ダイヤモンド)」などをピアノとアコースティックギターで届ける。
 会場は町文化会館COM100。10月17日午後6時半開場、同7時に開演する。
 チケット料金は全席指定5000円。3歳以上有料、3歳未満はひざ上1人まで無料だが、席が必要な場合は有料。
 チケット取り扱い先は、チケットぴあ(Pコード341─605)。美深町がCOM100窓口、大丸佐藤商店、いけの、水本電器商会、びふか温泉、恩根内センタープラザ。名寄市がTSUTAYA名寄店、西條名寄店サービスカウンター。問い合わせ先は、町文化会館COM100(01656-2-1744)。

(写真=岸谷香ライブをPRするポスター)

[ 2017-08-20-19:00 ]


白い小さな姿美しく
名寄・ソバの花が農地を彩る

 ○…深緑に包まれた農村では、農作物が咲かせる美しい花で彩られる季節を迎えているが、名寄地方でも白い小さなソバの花が、畑一面に咲き誇る光景が見られ、青空とのコントラストを演出している。
 ○…ソバは大きくは秋ソバと夏ソバに分類。秋ソバは7月上旬から下旬に種をまき、9月中旬から10月には収穫。夏ソバは5月から6月にまいて夏に収穫する。生育期間が短く、また土地や気象条件が比較的良くない環境でも栽培が可能とあり、丘陵地などでも栽培されている。
 ○…市内のソバは主に転作作物として栽培。は種時期に差があり花の期間もバラバラだが、間もなく最盛期を迎える。
 ○…緑一面のほ場を、かわいらしい小さな花が飾り、まるで純白のじゅうたんを敷き詰めたような風景。風が吹くたびに緩やかな白いウエーブを生み出し、見る人にさわやかな冷涼感を与えている。

(写真=見る人にさわやかな冷涼感を与えるソバの花=道立サンピラーパーク=)

[2017-08-20-19:00 ]


市民水泳大会で参加募集

 【名寄】名寄水泳協会、名寄市教育委員会主催の平成29年度市民水泳大会が、10月1日午前1時から南水泳プールで開かれる。
 大会は青少年の健全育成や地域住民の体力向上を図り、健全な社会づくりなどに貢献することを目的に開催。参加対象は、名寄市内に在住・勤務・在学者、同協会会員、主催者が認めた者。競技種目は小学1・2年、同3・4年、同5・6年、中学、高校、一般は各区分の男女とも自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライで、小学と一般は25メートル、中学・高校は50メートル。個人メドレーとメドレーリレー、リレーは100メートルで、全て男女混成を認め、区分の組み合わせも自由。小学生未満(幼児用プール使用)の宝探しとビート板バタ足(本年度から事前申し込みが必要)、小学生(各区分とも25メートル)のビート板バタ足も行う。なお、ビート板バタ足は浮輪が使用でき、浮輪の貸し出しも行う。
 競技方法は全てタイムレース決勝で、参加人数により男女混合でレースを行うことがある。また、小学1・2年の競技のみ小学未満の参加を認める。
 参加種目は1人3種目以内(個人メドレーとリレー種目は除く)。参加料は無料。大会当日は、午後0時15分から同45分まで受け付け。同1時開会式。競技開始は同1時20分。参加希望者は9月12日までに、南水泳プール、B&G海洋センタープール、スポーツセンター窓口、風連さくら保育園にある申込書に必要事項を記入し、いずれかに提出するとよい。問い合わせは、名寄水泳協会理事長の白岩さん(090-9758-2391)まで(午後6時以降)。

[2017-08-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.