地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年8月9日

約3億円減の約80億円
名寄市・29年度普通交付税が決まる

 【名寄】名寄市への国からの29年度地方交付税のうち、普通交付税の交付額が決まった。28年度よりも約3億円少ない約80億円となった。合併算定替えに伴う交付税での優遇が徐々に縮小されていることなどが減少の要因とみている。ただ、決定額が、29年度当初予算に計上した額を上回っていた。また、合併に伴う優遇は、33年度に終了することから、これを見越した財政運営を今後はさらに求められることになりそうだ。
 名寄市の一般会計の歳入に占める交付税の割合は、29年度当初予算で約40%と高い。貴重な財源となっているだけに、市では毎年、予算編成に当たり、手堅く交付額を見込み、やや低く見積もるようにしている。29年度当初に計上した額は風通交付税が78億4000万円、そして特別交付税が7億6500万円の合計で86億500万円としている。
 このうち、交付額が決定しているのが普通交付税で、80億5180万4000円となっている。28年度の決定額は83億6682万1000円となっており、3億1501万7000円の減額となっている。28年度については、過去3年間の交付税算定で過少評価があったとされ、その錯誤措置があり、交付税が伸びた部分がった。だが、29年度はそれがなかった。さらに合併算定替えに伴う交付税での優遇が縮小されていることも、減額要素となったようだ。合併算定替えは、合併後10年を経過した28年度から徐々に縮小され、28年度が27年度対比で10%、29年度は30%、30年度は50%、31年度70%、32年度90%となり、33年度でゼロになる。

[ 2017-08-09-19:00 ]


江戸前担ぎで「ソイヤ・サ」
下川神社祭の本みこし巡行

 【下川】下川神社祭(加藤幸夫祭典委員長)が7日から行われ、8日の本祭りでは地元「下川神輿・一心會」(大西功会長)20人以上と、道内各地の有志50人以上が「京みこし」(400キロ)を、伝統の江戸前担ぎで巡行して盛り上げた。
 今年の祭典当番公区は錦町、旭町、北町で、8日は午前からトラックに乗せた本みこしとふるさと太鼓が同神社を出発。神社周辺や当番公区を巡回した。
 午後1時20分からは多くの人に担がれた本みこしが神社前を出発。この日は気温も低く涼しい風が吹き、担ぎ手にとって過ごしやすい一日となった。「ソイヤ」「サ」と掛け声を響かせ、市街地を練り歩いた。
 駐輿(ちゅうよ)所は6カ所。元町公区の駐輿所は横山商店からあけぼの園前に統合され、ターミナルロード沿い駐輿所は、新設のまちおこしセンター「コモレビ」に変更された。各所で商売繁盛、交通安全を祈願するとともに水分補給を繰り返し、下川病院前で入院患者、特養老人ホームあけぼの園前で利用者にも元気を届けた。
 児童25人の子どもみこしも「ワッショイ」と気合十分。元気な姿を見せた。 化粧をした稚児9人の行列、下川小鼓笛隊・下川中吹奏楽・自衛隊・渓流太鼓の音楽行進も行われた。本みこし宮入り後の餅まきには、多くの人たちが集まり、にぎわいを見せた。

(写真=まちを練り歩いた本みこし)

[ 2017-08-09-19:00 ]


8日未明に部分月食
なよろ市立天文台・村上台長と永吉さんが撮影

 【名寄】部分月食が8日未明に起こり、なよろ市立天文台「きたすばる」の村上恭彦台長と永吉竜馬さんが月食を撮影した。
 名寄で月食が見られるのは平成27年4月以来で、前回は皆既月食だった。
 今回の部分月食は8日午前2時23分から欠け始め、3時23分に最大で直径の25%ほどまで欠け、4時19分に元に戻った。時々、薄雲で見えづらくなることもあったが、おおむね全体を通して見ることができた。
 永吉さんは食の最大時に同天文台所有の口径12・8センチ屈折望遠鏡で撮影。村上台長は午前1時56分から4時16分まで5分おきに同天文台で撮影、写真を比較明合成し、月食の過程を記録した。
 観望会も開催するとともに、月食の様子をインターネットの動画で配信。全国からアクセスがあり、2時間ほどで1400人以上が視聴した。なお、動画はYou Tubeで見ることができる。

(写真上=写真を比較明合成し月食の過程を記録=村上台長撮影=)
(写真下=食の最大を迎えた月=午前3時21分、永吉さん撮影=)

[2017-08-09-19:00 ]


ナイツら人気芸人集結
美深・9月12日にお笑いステージ

 【美深】COM100文化ホール自主事業実行委員会は10日、ナイツやニッチェら人気芸人が集結する「美深で爆笑!お笑いステージ」の前売り券販売をスタートさせた。
 美深町での人気芸人によるステージは、平成27年度以来2年ぶり。お笑いステージは、町文化会館COM100文化ホールを会場に、9月12日午後6時半開場、同7時開演。ナイツ、ニッチェ、平野ノラ、どぶろっく、おとぎばなしが出演する。
 前売り券は一般3000円、高校生以下1500円。当日券は500円増し。全席指定。チケット取り扱い先は、チケットぴあ(Pコード481─143)。COM100窓口、大丸佐藤商店、いけの、水本電器商会、びふか温泉、恩根内センタープラザ(美深町)。TSUTAYA名寄店、西條名寄店サービスカウンター、エンレイホールチケットセンター(名寄市)。問い合わせは、COM100(01656-2-1744)へ。

(写真=「美深で爆笑!お笑いステージ」をPRするポスター)

[2017-08-09-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.