地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年7月30日

コシノジュンコさん講師に
8月16日に名寄文化講演会

 【名寄】デザイナーのコシノジュンコさんを講師に迎えての名寄文化講演会が、8月16日午後6時半(開場午後6時)からエンレイホールで開かれる。コシノさんはNHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」に登場した3姉妹のモデルの1人。多くの市民の来場を呼び掛けている。
 名寄文化講演会市民実行委員会(吉田肇会長)と、名寄市教育委員会の共催。文化講演実行委員会は、市民の文化振興などを目的に著名な講師を招き、活動を展開している。
 本年度の講演会の講師として招いたコシノさんは、文化服飾学院在学中に、新人デザイナーの登竜門といわれる装苑賞を最年少の19歳で受賞。パリコレクションの他、ニューヨークのメトロポリタン美術館や北京など世界各地でショーを開催している。
 また、ブロードウェイミュージカルの舞台衣装や琉球海炎祭の花火デザインなど幅広く活躍。イタリア文化功労勲章・カヴァリエーレ章を受勲し、内閣官房クールジャパン推進会議民間議員なども務めている。平成23年に放映されたNHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」の3姉妹のモデルにもなった。
 講演テーマは「人生をデザインする」。入場料は1000円で、エンレイホールチケットセンター、名寄図書館、北国博物館、陽だまり、なよろ観光まちづくり協会、TSUTAYA名寄店、ブックスレインボー、風連商工会、高橋書店でチケットを取り扱っている。

(写真=文化講演会周知を図るポスター)

[ 2017-07-30-19:00 ]


義援金約400万円届ける
美深町・豪雨被害を受けた添田町へ

 【美深】山口信夫町長は24日、九州北部豪雨災害で甚大な被害を受けた姉妹町の福岡県田川郡添田町(寺西明男町長)を訪問し、義援金約400万円を届けた。
 7月5日の九州北部豪雨災害で、添田町は21地区(2915世帯6188人)に避難指示を発令。死者、行方不明者、負傷者など人的被害はなかったものの、住家被害(全壊1棟、半壊2棟、床上浸水6棟、床下浸水61棟)、道路災害(損壊、埋没、冠水)、橋りょう被害(流失1橋、損壊5橋)など大きな被害を受けた(21日現在)。
 添田町と姉妹町の盟約を結んでいる美深町は、13日から21日まで義援金を募集。個人・団体60件から101万300円の善意が寄せられた。さらに、潟Aウルが美深ふるさと夏まつり会場で、添田町特産品販売を行った際、災害復興支援の義援金を募り、多くの来場者が早期復興を願って募金。2万7819円が集まった。
 山口町長は24日、町民らの善意に、美深町からの災害復興支援義援金を加えた総額403万8119円の義援金を手に添田町役場を訪問し、寺西町長に手渡した。
 寺西町長は、被害状況を報告。「町民一丸となって復興に頑張りたい」と述べた。

(写真=寺西町長=左=に義援金を手渡した山口町長)

[ 2017-07-30-19:00 ]


名寄地区大会で優勝し全道へ
バドミントンJr新人の部・智恵文中2年の松村君

 【名寄】全日本ジュニアバドミントン選手権大会ジュニア新人の部の名寄地区大会が9日、名寄市スポーツセンターで開かれ、智恵文中学校2年の松村卓也君(14)が男子シングルスで優勝。8月7日に稚内市で開かれる南北北海道予選会(全道大会)に出場する。松村君は「全道大会への出場は初めて。ベスト8入りを目標に全力で臨みたいです」と抱負を語る。
 中学1、2年を対象とした新人戦。名寄地区予選会では男子シングルスに約50人が出場。松村君は地元内外の選手を相手に4勝し決勝戦へ。1セット目を21対13で取り、2セット目を9対21で落としたが、3セット目を21対17で勝利し、優勝に輝いた。
 当日は気温が30度近い蒸し暑い中での大会だった。松村君は「勝った時は『優勝してしまった』という気持ちでした。大会では調子は良かったのですが、1回戦目以外は全てフルセットで対戦し、だいぶ疲れがたまった中での決勝でした。力むことなく、日ごろの練習成果を出すことができました」と振り返る。
 全道大会には、小学生を含む中学2年生以下が出場。男子シングルスは24人が出場を予定し、松村君は「まずは初戦を突破し、ベスト8入りを目指したいです」と抱負を語り、仲間との練習に汗を流している。

(写真=名寄地区大会で優勝した智恵文中の松村君)

[2017-07-30-19:00 ]


美深産羊肉の丸焼きも
8月に札幌でクラフトビアフェス

 【美深】「BIFUKA CRAFT BEER FES2017」が、8月26日午後3時から町内大通北4赤れんが倉庫で開かれる。
 ファームイン・トントの主催。道北地域では、普段味わうことのできないクラフトビールと羊肉の魅力を知ってもらうためのイベントで、アメリカ・オレゴン州のブルワリーから10種類のクラフトビールが集結する。
 さらに、美深産羊肉の丸焼きをメインとしたフード提供、地元アーティストによるスペシャルジャズライブなど、盛りだくさんの内容となっている。
 開催時間は、午後3時から同8時まで。同4時から同5時、同6時から同7時の間にジャズライブが開かれる計画。
 前売りチケットは、限定オフィシャルビアグラス付きで3900円(10枚つづり)。限定150枚。美深町観光協会、なよろ観光まちづくり協会で取り扱っている。当日チケットは1枚400円。オフィシャルビアグラスは500円。
 問い合わせ先は、美深町観光協会(01656-9-2470)。

(写真=クラフトビアフェスのリーフレット)

[2017-07-30-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.