地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年7月8日

管理者自主企画で利用数32%増加
下川町・桜ヶ丘公園フレペ

 【下川】下川町西町、桜ヶ丘公園センターハウス、ガーデニング・フォレスト「フレペ」は、平成22年度にオープンして7年が経過。町の憩いの場として定着しつつある。28年度延べ利用者数は、前年比32%増の2万4983人となった。
 「フレペ」は公園管理、町の情報発信や自然を生かした交流体験、ふれあいや憩いの場の拠点として、万里長城北側に建設。ホールには樹木が枝を伸ばし成長していく姿を表した平面トラス構造が採用され、コンサート会場や、多彩なハーブティーを味わえるカフェとしても好評だ。
 利用拡大を図るために指定管理者の自主企画イベントも積極的に展開し、28年度は小学生対象イベント、中学生以上対象のハーブ講座、小学生以上対象のボードゲーム大会などを実施した。
 今後の利活用で「フレペを含む公園全体を、交流の場として幅広く利用いただきながら、さまざまなアイデアをいただくことで、有効利用に結び付けていけたらと思う」と話す。

(写真=フレペ自主企画の子ども対象イベント)

[ 2017-07-08-19:00 ]


11基が市街地練り歩く
名高祭で伝統の「あんどん行列」

 【名寄】名寄高校(鈴木聡校長)の「第68回名高祭」の口火を切る「あんどん行列」が7日、市内中心市街地などを練り歩いて行われ、大いに盛り上がった。
 名高祭の伝統行事であり、多くの市民に親しまれている「あんどん行列」は毎年、前夜祭と位置付けて開催。今年も、クラスごとに生徒たちが一生懸命に制作した「下剋上」や「豪華絢爛」「和」「竜宮城」「荒じいさんと空を翔ける城」などをテーマとしたあんどん11基が、名寄地区中心街を力強く練り歩いた。
 生徒たちは、心を一つにあんどんを担いで威勢のよい掛け声を上げながら歩き、沿道に集まった大勢の人たちは、素晴らしい出来栄えのあんどんをじっくりと眺めていた他、カメラやビデオで撮影する姿も見られ、盛り上がっていた。
 なお、8、9の両日は同校で一般公開。8日は午前10時50分から、9日は午前9時から。

(写真=生徒たちが威勢のよい掛け声で練り歩いた「あんどん行列」)

[ 2017-07-08-19:00 ]


全力で出会いを応援
幸せつかませ隊〜縁結びプランナー・美深独身農業青年紹介パンフ更新

 【美深】独身農業者がパートナー(配偶者)に巡り合えるよう応援する「幸せつかませ隊〜縁結びプランナー」は、農業青年紹介パンフレットを更新した。
 縁結びプランナーは、美深町農業後継者育成推進協議会(会長・山口信夫町長)から委嘱を受けた結婚相談員。結婚相談に関する研修会への出席、結婚問題に関する相談対応・アドバイスなどの活動を通じ、独身農業者の力になっている。
 パンフレットは、農業後継者の配偶者対策の一環として平成27年度に作成。 同協議会事務局で把握している独身農業青年の経営形態、趣味、性格に加え、青年からの一言を掲載。顔写真は絵となっているが、QRコードを読み取ってホームページを開くことで顔写真を見ることができる。更新したパンフレットに掲載されている独身農業青年は畑作、水稲、酪農の6人(20〜40代)。「美深町に遊びに来てください」などとメッセージを送っている。
 同協議会事務局によると、札幌の結婚相談所2カ所にパンフレットを置き、美深町の農業青年をアピール。さらに、「縁結びプランナーが、名刺代わりにパンフレットを配布し、PRしている」と話す。問い合わせ先は、美深町農業後継者育成推進協議会事務局の美深町農業委員会(01656-2-1642)。「出会いは、ちょっとしたきっかけ。気軽に問い合わせてください」と呼び掛けている。

(写真=独身農業青年を紹介するパンフレット)

[2017-07-08-19:00 ]


小学生に参加呼び掛け
へっちゃLAND2017

 【名寄】野外体験学習事業「へっちゃLAND2017」が、28日から31日までの3泊4日でトムテ文化の森キャンプ場を会場に開かれる。
 便利さから離れた野外生活の中で、さまざまな自然体験・集団生活を通じ、自分のことは自分でする習慣を身に付け、協力し合い、最後までやり抜く心を育てることが目的。登山やクラフト作り、レクリエーション、キャンプファイヤー、炊事などを行う。
 対象は市内の小学4年生から6年生。定員40人。参加料は4000円程度(食材費、教材費、傷害保険など)。申し込みは12日までとなっている。
 また、本年度からジュニアリーダー・シニアリーダーを配置し、中高生の野外体験学習とリーダー育成を目的としたボランティアも募集している。対象は市内の中高生が定員5人。参加料は無料。申し込み締め切り日は14日。
 申し込みは同実行委員会事務局(市民文化センター内、01654-2-2218)へ。

[2017-07-08-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.