地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年6月10日

施設全体の基本設計に着手
名寄市議会議員協議会・加藤市長が名寄温泉改修で説明

 【名寄】名寄市議会議員協議会が、9日に市役所名寄庁舎で開かれ、加藤剛士市長が、老朽化が進む名寄温泉サンピラーの施設改修について、「30年度当初から施設全体の基本設計に着手できるよう進めたい」と考え方を説明した。また、今月7日に名寄市立総合病院で発生した、筋弛緩剤の盗難事件について言及し、加藤市長が「入院患者や地域住民に多大な心配を掛けたことに対し、病院設置者としてお詫びしたい」と陳謝した。
 なよろ温泉サンピラーは、昭和48年12月のピヤシリスキー場開設と併せ「ロッジピヤシリ」として開業。平成9年12月には、なよろ温泉サンピラーとして営業開始。温浴施設をはじめ、宿泊施設、レストランなど老朽化が進行。市では当初、第2次総合計画前期実施計画に、温泉整備事業として、温浴施設改修(29年度・2億円)を登載したが、諸条件を含め検討時間を要する―とし、29年度当初予算への計上を見送った経緯がある。
 同温泉施設整備に関する考え方で、加藤市長は「庁内施設改修プロジェクト委員会での検討に加え、施設を管理する名寄振興公社や市民の意見などを踏まえ、老朽化に伴う施設の機能維持・確保、また、多様化する利用者ニーズとの間に差が出来ていることなどを踏まえ、温浴施設の改修が必要と判断。しかし、当該施設は温浴機能のみならず、宿泊やレストラン、ロッジなどが一体となっており、施設全体の基本設計に取り組むことが、施設の機能維持、事業費の両面から必要で効率的と考える」と説明。
 今後の見通しとして、「新年度当初から基本設計に着手できるよう進めたい。本体工事は、第2次総合計画の実施計画の策定過程で議論を深め、冬季スポーツ拠点化の推進施策との連携を考慮し、中期財政計画との整合性を図りながら、計画的、段階的に整備したい」とした。

[ 2017-06-10-19:00 ]


14日に4議員一般質問
下川町議会定例会・熱電併給関連議案の審議も注目

 【下川】下川町議会の第2回定例会は、14日午前10時から開会され、谷一之町長の行政報告、町議会の町森林バイオマス地域熱電併給事業調査特別委員会の調査報告後、4議員から一般質問が行われる。
 さらに同日、議案審議も行われるが、住民から賛否分かれる「森林バイオマス熱電併給事業」で関連補正予算の計上が見込まれ、議会審議の行方が注目されている。定例会は3日間になる予定だ。
 通告のあった一般質問は次の通り。
 ▽春日隆司議員「高齢者生活支援施設の必要性」「林業大学校の誘致」「環境未来都市の推進と評価」
 ▽斉藤好信議員「胃がん予防」「高齢者の住宅対策」
 ▽大西功議員「野火災危機期における各団体等の連携」「タウンプロモーション推進部の成果と課題」
 ▽蓑谷春之「公営住宅、町営住宅の現状と落雪による危険箇所の防止策」「建設工事における工期の設定」

[ 2017-06-10-19:00 ]


元気さで少人数をカバー
下川商業高3年・札幌販売実習が好評を得る

 【下川】下川商業高校3年生の販売実習が、1日に丸井今井 札幌本店前で行われ、保護者、教職員、町障害者支援施設「山びこ学園」の利用者と共に、多くの地元特産品を販売した。今年の3年生は過去最少の20人。さらに雨天にも見舞われたが、持ち前の元気さと支え合いの精神で乗り切り、好調な売り上げを記録した。
 雨天のため人通りも少なかったが、地下街でちらしを配るなど周知した結果、「きょうだったのか」「テレビで見たことある」などと販売会場へ足を延ばす客などが徐々に増え、客足は終始途切れなかった。接客や会計もしっかり回せて好循環で展開した。
 人気が高かったのは、矢内菓子舗のパンと菓子で、生クリームあんぱんはいち早く品切れになった。町産手延べうどんの生麺200個も完売。今回の生徒開発手延べうどん「昆布うどん」も好評で350束を売った。

(写真=札幌で行った下川商業高校3年生の販売実習会)

[2017-06-10-19:00 ]


名寄市OB議員清悠会が視察研修

 【名寄】名寄市OB議員清悠会(高見勉会長)の視察研修会が28日、市立大学と南小学校で行われる。事務局では「1人でも多くの会員に参加してもらいたい」と呼び掛けている。
 研修会は会員対象で、参加は無料。視察場所は、4月に開館したばかりの同大学の新図書館や学内、新校舎を整備して昨年開校した南小学校の2カ所。
 視察後、紅花会館で昼食懇談会(費用は同会負担)を開催する。
 集合時間と場所は、午前9時半までに同大学新館ロビー。
 詳細の問い合わせは、20日までに沖沢清一事務局長(電話01654-2-5338、090-1640-6624)まで。
 「名寄市のより充実したまちづくりに協力するためにも参加してほしい」と話している。

[2017-06-10-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.