地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年5月28日

加藤さんが準優勝
名寄パワーリフティング協会・国体北海道予選会で健闘

 【名寄】名寄パワーリフティング協会(黒田英二会長、会員20人)のメンバーが、14日に江別市民体育館で開かれた「国民体育大会パワーリフティング競技第3回北海道予選会」に出場。その中で加藤寛之さん(36・陸上自衛隊名寄駐屯地)が74キロ級で準優勝した。
 北海道パワーリフティング協会が主催し、9月に愛媛県で開かれる国体の予選会として開催。準優勝以上で国体本戦への出場権を得る。パワーリフティングは国体の公開種目として実施する。
 名寄協会からは初出場3人を含め6人が臨み、スクワット、ベンチプレス、デッドリフトの3種目の合計重量で順位を競った。
 59キロ級で、武田佳和さん(42・名寄市役所)が合計397・5キロで4位、神成允弥さん(33・陸上自衛隊名寄駐屯地)が385キロで6位。66キロ級では、宮森涼太さん(24・陸上自衛隊名寄駐屯地)が410キロで8位。74キロ級では、加藤さんが615キロで準優勝、今健太郎さん(32・陸上自衛隊名寄駐屯地)が385キロで12位。105キロ級では、細川広一さん(48・第一建設)が490キロで5位となった。
 神成さん、宮森さん、今さんは初めての出場。加藤さんは全階級の選手を通して体重比で最も重い重量を挙げたことから大会最優秀選手賞に選ばれた。国体本戦は日程の都合上、出場を辞退するが、今回の実績が考慮され、別の全国規模の大会出場を探っている。

(写真=活躍した今さん、神成さん、宮森さん、加藤さん、武田さん、細川さん=左から=)

[ 2017-05-28-19:00 ]


名寄で初の総会開催
北海道交通安全指導協・来年5月に創立40周年式典

 【名寄】北海道交通安全指導員連絡協議会(会長・渡邉修滝川市交通指導員会顧問)の平成29年度通常総会が25日にホテル藤花で開かれ、飲酒運転根絶など交通安全活動の推進で事業計画を承認。さらに来年の創立40周年記念事業を実施することを確認。また、指導員への表彰も行った。
 道協議会は全道186の交通安全指導員会で構成。総会開催は名寄では初めて。道協議会の副会長の一人に名寄市交通安全指導員会の山下敏之会長が務めている。全道の指導員180人が出席。前段で指導員表彰(69人)が行われ、本紙管内では名寄市交通安全指導員会の井口隆雄さんが表彰を受けた。
 事業計画は、交通安全活動の推進で期別運動(春、夏、秋、冬)、通年運動(高齢者事故防止、シートベルト全席着用などの7大セーフティーキャンペーン)、教育活動(幼児、児童生徒、高齢者を対象とした交通安全教室)、飲酒運転根絶に関する活動(「飲酒運転根絶見回り隊」による飲食店やコンビニ訪問、啓発物品配布)。また、地域広域協議会体制の充実強化、会議・研修会(理事会、指導員ブロック研修会、新任指導員研修会など)の開催も決めた。
 来年は道協議会の創立40周年を迎え、記念事業を実施。来年5月24日に滝川市内のホテルスエヒロで記念式典・祝賀会を開催。記念誌も発行する。

(写真=表彰を受ける名寄市交通安全指導員会の井口さん)

[ 2017-05-28-19:00 ]


特殊詐欺に注意して!
美深消費者協会が街頭啓発

 【美深】美深消費者協会(荒木久恵会長)は25日、美深スーパーと道北ラルズマート美深店前で街頭啓発を実施。複雑・多様化する消費者トラブルの被害防止に向けて注意を促した。
 消費者庁では、「消費者保護基本法」(現消費者基本法、昭和43年5月施行)の施行20周年を機に、昭和63年から毎年5月を「消費者月間」に設定。消費者問題に関する教育、啓発などを集中的に行っている。美深町でも毎年、同月間の一環として同協会、美深警察署、美深町地域安全推進協議会が連携して特殊詐欺、悪質商法防止に向けた街頭啓発を実施している。
 今年は約20人が参加し、美深スーパーと道北ラルズマート美深店の前で、「暴力追放」や「少年非行防止」などと書かれたのぼり旗を手に啓発活動を実施。
 買い物客に対し、道内で多発している特殊詐欺への注意を呼び掛けながら、啓発チラシなどを配布。意識高揚を図った。

(写真=特殊詐欺、悪質商法への注意を呼び掛けた参加者)

[2017-05-28-19:00 ]


楽しみながら運動能力向上
びふかスポーツクラブKids

 【美深】NPO法人びふかスポーツクラブ(中林佳昭理事長)Kidsが25日に町民体育館で始まり、多くの子どもたちが元気な声を響かせながらスポーツを楽しんだ。
 Kids事業は、運動能力向上のための小学生プログラム。本年度は、5月から来年3月まで月に1回実施(全11回)。プログラム内容は、同クラブ企画・運営委員会考案の独自プログラムとなっている。
 本年度第1回目は約60人が参加し、級表を基に連続で跳ぶ「縄跳び」、下半身強化の「筋トレ」、パイプの上にボールを置いて隣の人にパイプを使って渡す「パイプライン」など全身持久力、筋力、巧緻性、敏しょう性を鍛える6種目にチャレンジ。
 子どもたちは、汗だくになりながら各種目に全力。スポーツを楽しみながら運動能力を高めていた。

(写真=子どもたちの元気な声が響いたスポーツクラブKids)

[2017-05-28-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.