地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年4月13日

冬季スポーツ拠点化へ弾み
前日本スポーツ振興セン職員の豊田さんが抱負
名寄市・Jr育成の基盤づくりへまい進

 【名寄】4月1日付で、市教育委員会教育部スポーツ・合宿推進課に前日本スポーツ振興センター職員の豊田太郎さん(39)が採用された。ライプチヒ大学公認コーディネーショントレーニングトレーナーで、前職ではジュニアアスリートの発掘・育成に従事。名寄を舞台に昨年から実施されているウインタースポーツコンソーシアム事業にも携わってきた。市特別参与・スポーツ振興アドバイザーの阿部雅司さん(51)は「最先端のトレーニング知識を持った人がきてくれるのはラッキー。力強いパートナーができ、冬季スポーツの活性化を一気に進めることができる」と話し、2人がタッグを組み、名寄のスポーツ振興に取り組む考え。
 今後の活動について、ジュニア選手育成のシステムづくりを挙げ、「名寄からオリンピック・パラリンピック選手の輩出を目指し、ジュニア育成の基盤づくりに取り組みたい。また、子どもたちがたくさんスポーツに参加し、体力向上や人間性の成長にも取り組みたい。そのためには指導者の育成も不可欠。名寄市内の各関係機関と連携を深め、メディカルの面も含めたプログラムをつくっていきたい」と熱意。
 また、名寄市は冬季スポーツ拠点化の一環で、冬季ナショナルトレーニングセンターの誘致を目指しており、「そういった施設が来るだけのノウハウがあるという実績づくりが大切。私はジュニア育成の部分でそのノウハウを構築し、センター誘致に向けて貢献したい」と話す。

(写真=名寄のスポーツ振興へタッグを組む阿部さん=右=と豊田さん)

[ 2017-04-13-19:00 ]


「寒の戻り」で積雪
名寄・季節が逆戻りした光景に

 【名寄】道内では「寒の戻り」で、西高東低の冬型の気圧配置も一時的に強まったことから、名寄市内でも13日早朝から雪が降り積もり、季節が逆戻りしたかのような光景となった。
 気象庁アメダスのデータによると、名寄は11日午後1時から積雪ゼロになったが、13日早朝から雪が降り、同日午前9時現在では6センチの積雪。
 また、下川は10日午後1時から積雪ゼロとなったが、13日午前9時現在では積雪3センチ。一方、美深では雪解けが遅れており、13日午前9時現在で30センチの積雪となっている。
 名寄市内でも辺り一面が雪で真っ白となり、冬に逆戻りしたかのような景色に。慎重にハンドルを握るドライバーや足元を気にしながら歩く市民たちの姿が見られていた。
 「寒の戻り」は13日までで、14日以降は天候が回復し、気温も平年に比べて高くなる見通し。

(写真=雪が降り積もった名寄市内)

[ 2017-04-13-19:00 ]


飲酒運転の根絶を
名寄市内飲食店で啓発

 【名寄】飲酒運転防止啓発「ハンドルキーパー運動」が12日に名寄市内飲食店を巡って行われ、店主や客にさらなる注意を喚起した。
 春の全国交通安全運動(6日〜15日)の重点項目の一つに「飲酒運転の根絶」が盛り込まれているとともに、この時期は転勤に伴う歓迎会シーズンでもあることから、名寄地区交通安全協会連合会、名寄交通安全協会、名寄警察署が中心となり、今回の啓発を実施した。
 道内では平成26年7月13日に小樽市、27年6月6日に砂川市で飲酒運転による交通事故で尊い命が奪われるなど「飲酒運転をしない、させない、許さない」という意識を定着させるため、27年12月1日に「北海道飲酒運転の根絶に関する条例」が施行されている。
 同署の佐々木孝幸交通課長、同協会の宮腰建一副理事長、同連合会の宮下正人専務理事らが飲食店を巡回。複数人で飲酒する際、あらかじめ酒を飲まない帰宅時の運転役を決めておく「ハンドルキーパー運動」をPRするとともに、飲酒運転根絶を訴えるポスター、ステッカー、ミニのぼりを店主に手渡しながら、客にも協力を呼び掛けていた。

(写真=「ハンドルキーパー運動」などをPRした宮腰副理事長=左=、佐々木課長)

[2017-04-13-19:00 ]


多彩な被写体独自視点で
写真同好会「北彩」の作品展

 【名寄】写真同好会・写友「北彩」(渡辺哲郎代表、会員9人)の写真展が、18日まで市民文化センターで開かれており、自然や人物など、多彩な被写体を独自の視点でとらえた作品が並んでいる。
 同会は、平成9年度の市民講座「写真教室」の受講生によって設立。以来、写真展を毎年開催し、今年で19回目を迎えた。今回は会員8人が作品51点を出展。
 野鳥や動物たちの躍動感あふれる姿、子どもの一瞬の表情を捉えたスナップ、豊かな四季を感じさせる光景や雄大な自然など、撮影者それぞれの視点が生かされた作品がずらり展示。
 じっくりと作品を観賞する来館者の姿が見られている。

(写真=18日まで開かれている「北彩」の写真展)

[2017-04-13-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.