地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年4月6日

第1会派は市民連合・凛風会に
名寄市議会・市政ク所属の2人離脱
大石、川口議員が「1人会派」

 【名寄】名寄市議会の会派構成が変更となった。5日に市役所名寄庁舎で開かれた各会派代表者会議でまとまったもの。第1会派だった市政クラブ・新緑風会所属の大石健二議員と川口京二議員が脱会したためで、両議員については今後、1人会派として活動する。また、この変更に伴って市民連合・凛風会が最大会派となった。
 市議会会派構成は、任期満了に伴って改選された平成27年4月から今年3月までの約2年間、議員8人が所属する市政クラブ・新緑風会を第1会派、所属議員7人の市民連合・凛風会を第2会派とし、公明、共産、名風会の三つの1人会派で構成していた。
 だが、任期折り返しの3年目となる29年度のスタートを前に、最大会派の市政クラブ・新緑風会に所属していた大石議員と川口議員が脱会することを表明。これに伴って会派構成が変更となり、2人が抜けて所属議員が6人となった市政クラブ・新緑風会が、会派名を「市政クラブ」に。2人減となったことにより、所属議員7人の市民連合・凛風会が第1会派となった。
 また、脱会した大石議員は「新緑風会」、川口議員は「無所属の会」の1人会派を結成。これに伴って大石議員は、会派割り当てとなっている議会運営委員会の委員と議会改革調査特別委員会の委員を辞任。議運委員の後任は市政クラブの塩田昌彦議員、議会改革委員は同クラブの東川孝義議員となる予定。一方で、大石議員が務める市民福祉常任委員会副委員長、川口議員の経済建設常任委員会副委員長ポストについては今後も継続することが確認されている。

[ 2017-04-06-19:00 ]


新たな仲間が小学校生活スタート
期待を胸に新生活・名寄南小学校に86人が入学
1年生3人が仲間入り・智恵文小学校の入学式
「元気に挨拶して」・中名寄小入学式は4人
笑顔と活力ある子に・下川小1年生23人が入学式
新生活にドキドキ・美深小学校で入学式

 【名寄】名寄南小学校(三浦礼子校長)の入学式が6日に同校体育館で行われた。新1年生86人が新生活への期待を胸に、6年間の小学校生活をスタートさせた。
入学式に先立ち、新1年生が少し緊張した様子で自分たちの教室へ。自分の名前が書かれた席に座り、担任教諭による自己紹介などが行われた。
入学式では、保護者や在校生、教職員たちの温かい拍手で出迎えられながら入場。新入生紹介では担任の先生に名前を呼ばれると元気よく返事した。
式辞で三浦校長は「今日から1年生です。皆さんには『お話を良く聞くこと』『進んで挨拶をすること』『交通安全に気を付けること』の3つにしっかりと取り組んでください」などと呼び掛けていた。
なお、同日は名小、東小、西小、風連中央小でも入学式が行われた。

(写真=名前を告げられ「はい!」と元気に返事をする南小の1年生)
                            ◇
 【名寄】智恵文小学校(川崎直人校長、児童30人)の平成29年度入学式が6日に同校体育館で行われ、新1年生児童3人(男子2人、女子1人)が学校生活をスタートさせた。
式では、保護者や来賓をはじめ、上級生からの大きな拍手に迎えられ、新1年生が少し緊張した表情を見せながら入場。川崎校長が「入学おめでとう。『元気よく挨拶する』『友達をたくさんつくる』『命を大切にする』の三つを約束して、毎朝、笑顔で元気に登校してほしい」などと挨拶。
続いて新1年生の紹介。本年度入学したのは遠藤芽依さん、夏井光輝君、東田虎大君で、3人は名前を呼ばれると大きな声で返事をするとともに、「よろしくお願いします」と元気に挨拶した。
新1年生は、楽しい学校生活が送れるよう期待に胸を膨らませていた。

(写真=智恵文小新1年生の左から東田君、夏井君、遠藤さん)
                            ◇
  【名寄】中名寄小学校(伊端俊紀校長、児童19人)の平成29年度入学式が6日に同校で行われ、1年生4人が笑顔を浮かべながら仲間入りを果たした。
新入学生は中山喬友君、楢山陽向君、平間柊吾君、森瑠斗君。式では、担任の西沢江里教諭とともに在校生、教職員たちの温かい拍手で迎えられながら入場。
伊端校長が式辞を述べ「今日の入学式を楽しみにしていたと思います。学校はとても楽しい所です。運動会や学芸会などで出番がたくさんあります」などと語るとともに「元気に大きな声で挨拶しましょう。しっかり話を聞きましょう。2つの約束を守って楽しい小学校生活を送りましょう」などと呼び掛けていた。
1年生たちは期待に胸を膨らませながら学校生活をスタートさせ、楽しみにしている様子だった。

(写真=自己紹介する中山君、楢山君、平間君、森君=左から=)
                            ◇
  【下川】下川小学校(鈴木豊校長、児童139人)の入学式は6日に同校体育館で行われた。新1年生23人(男子11人、女子12人)が、校庭前にあるハルニレの大木に出迎えられて校舎へ入り、胸を躍らせながら学校生活をスタートした。
新入生は6年生に手を引かれて入場。緊張のあまり、体や表情が硬直している様子も見られた。一人一人が名前を呼ばれると、手を挙げて元気に返事し、丁寧に一礼した。
鈴木校長が「より楽しい学校生活を送るために、3つの『あ』を約束してほしい。1つしかない命、『安全』を守って。元気な『挨拶』で学校全体を明るくしよう。心の『温かい』児童、『ありがとう』『ごめんなさい』をすぐに言える児童に育ってほしい。本校では地域・保護者と連携し『笑顔いっぱい、活力ある子どもの育成』『児童一人一人の確実な成長』へ全力を尽くす」など挨拶した。
新入生は地域材の机、椅子、内装など木の温もりいっぱいの教室に囲まれ、担任の水間達也先生から受け取った教材を確認し、これからの学校生活を楽しみにしていた。

(写真=名前を呼ばれて元気に返事をした下川小1年生)
                            ◇
  【美深】美深小学校(工藤雅樹校長)の平成29年度入学式が6日に同校体育館で行われ、元気いっぱいの新1年生28人が仲間入り。ワクワク、ドキドキな小学校生活をスタートさせた。
上級生や保護者、教職員らが手拍子を打つ中、緊張の表情の新1年生が入場。工藤校長が「同じ学級のお友達と仲良く元気に生活してほしい。交通事故や大きなけが、病気に遭わないでほしい。何か困ったことがあったら、先生や上級生が優しく教えてくれるので安心してください。元気に頑張りましょう」などと式辞を述べた。
新入学児童の紹介では、一人一人の名前が呼ばれると、手を挙げて大きな声で「はい」と返事。元気な姿を見せた。
また、同日午前10時から仁宇布小中学校(入学者・小学生ゼロ、中学生4人)、午後1時半からは美深中学校(同・28人)でも入学式が行われた。

(写真=元気いっぱいに返事をする美深小の新1年生)

[ 2017-04-06-19:00 ]


「事故に気を付けて」
名寄・新入学児「フォトで交通安全」

 【名寄】新入学児童交通安全キャンペーン「ぼくも・わたしもフォトで交通安全」が6日に中名寄小学校で行われ、新1年生たちは交通事故防止を促されつつ、一生に一度の小学校入学の晴れ姿を写真に収めた。
 同キャンペーンは、名寄市交通安全運動推進委員会(会長・加藤剛士市長)が主催。春の全国交通安全運動(6日〜15日)に合わせ、平成7年度から市内小学校の持ち回りで行っており、入学式の記念写真を撮影するとともに、児童への交通安全を啓もうする機会としている。
 本年度は中名寄小学校の1年生4人が対象。お父さん、お母さんに手を引かれながら初めて登校した新入学児童と加藤剛士市長、P裕名寄警察署長、定木孝市朗名寄交通安全協会理事長、伊端俊紀同校長らと記念撮影するとともに「入学おめでとう」と祝福の言葉を掛けた。
 さらに市交通安全指導員たちが「交通事故に気を付けて学校に通ってください」などと優しく声を掛けながら、子どもたちが毎日、無事に元気で登下校できるよう願っていた。

(写真=入学式の記念とともに交通安全を啓もうしたキャンペーン)

[2017-04-06-19:00 ]


基礎練習の大切さ実感
下川剣道少年団の堀川結衣さん・道連盟Jr強化練成会へ参加

 【下川】下川剣道少年団の堀川結衣さん(下川小5年)が、北海道剣道連盟ジュニア強化のメンバーに選ばれ、1日に石狩市で開かれた強化練成会に参加。日ごろの練習の大切さを、再認識する機会になったようだ。
 下川剣道少年団で同練成会へ小学生団員を送り込むのは初めて。堀川さんは昨年の紋別、中川、下川、遠軽などの各大会個人戦優勝など優秀な成績を収め、強化指定を受けた。
 強化練成会には、小学生19人、中学生32人が参加。基礎体力測定後、礼・作法など基本動作、素振り、基本打ちなどを学び、稽古を重ねた。
 堀川さんは「練成会で教わったことは、日ごろから少年団の先生に言われていることが多く、その大切さを改めて認識した。また参加した人たちはみんな、とても強かった。私も強くなりたいと思った。これまで以上に意識を変えて、練習に励みたい」と話す。
 8月末にも札幌で練成会が開かれる。

(写真=ジュニア強化練成会へ参加した堀川結衣さん)

[2017-04-06-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.