地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年4月4日

地域コミュニティにも期待
名寄市立大学・新図書館完成でオープン式
5月1日から一般利用を開始

 【名寄】名寄市立大学(佐古和廣学長)の新図書館オープン式が4日に同館で行われた。図書機能を充実させた学生の学習環境整備だけではなく、一般市民も利用しやすい環境に配慮した施設となっていることから、学生と市民のコミュニティの場としての有効活用にも期待が寄せられている。
 収蔵されている図書は、看護や栄養、社会福祉、児童の専門図書が中心だが、市民も利用することから一般図書も一定程度充実。また、図書だけに固執したものではなく、コミュニティスペースとした1階には、インフォメーションラウンジやリフレッシュルーム、オープン・グループワーク・スペースなどを整備。学生が勉強しやすい機能や環境整備を優先しながらも、一般市民も気軽に利用できる機能整備にも配慮し、大学だけの施設とするのではなく、全市民の図書館として位置付け。
 2階と3階は図書スペース。2階については絵本や一般図書などを多く収蔵している他、交流を深めながら読書を楽しめる空間としている。3階は専門図書が中心で、主に学生が勉強する場となっている。この他にも、300席規模の講堂をはじめ、コミュニティケア教育研究センターも整備することとしており、地域の大学としての機能も充実させた。
 オープン式では、加藤剛士市長や佐古学長、青木紀前学長などがテープカットを行い、出席者で新図書館の完成を祝った。オープン式終了後に内覧会が開かれ、大学事務局職員の案内の下、出席者が館内を見学。出席者は、最新機能を備えた新図書館をじっくりと見て回った。

(写真=待望のオープンを祝ったテープカット)

[ 2017-04-04-19:00 ]


町内宅配物受け取り拠点設置
下川町&ヤマト運輸・関東翌配便を可能に
地方創生へ包括的連携協定

 【下川】下川町は3日、ヤマト運輸(本社・東京都)と「地方創生に関する包括連携協定」を締結。ヤマト運輸で航空便集約と宅配荷物店頭受け取りの町内拠点を「町バスターミナル」に設けて、輸送サービス向上を図る。午前11時から町役場で調印式が行われ、谷一之町長は「多様な地域課題解決へ、先駆的にチャレンジするもので、地元生産物を翌日に東京都内へ配送できるなど、サービスの向上で町を一層、売り込める。さらなる地域活性化を目指し、幸せ日本一のまちへ積極的に取り組みたい」と語った。
 下川町では高齢化と人口減少で、生活に不可欠なサービス、コミュニティ機能の低下など社会的課題が顕在化。運送業でも利用減少で路線維持、人材確保、過疎地域への輸送コスト高などが課題になっている。ヤマト運輸はこれらの課題解決として、昨年7月に路線バス(名士バス)で(名寄〜下川間の)乗客と荷物を同時に輸送する「貨客混載輸送」をスタート。その派生効果として、下川町内でこれまでできなかった「航空便」輸送の取り扱いが可能となった。
 協定ではこれを機に地域サービス向上を図ろうと、下川町内の航空便集約拠点と宅配荷物の店頭受け取り拠点を「バスターミナル」に設けて、これまで2日以上要した関東への配達を1日で可能とする「関東翌配便」の利用、名寄支店へ行く必要のあった不在荷物店頭受け取りが、町内でできるようになる。
 協定は国土交通省北海道運輸局交通政策部の春名史久部長を立会人に、谷町長とヤマト運輸の藤崎公英道北主管支店長が調印した。

(写真=協定調印を行った=左から=ヤマト運輸の藤崎支店長と谷一之町長)

[ 2017-04-04-19:00 ]


「自信と誇りを持って」
美深町・年度初めで山口町長が訓示

 【美深】平成29年度の業務開始に伴う山口信夫町長の訓示が3日に町役場で行われた。
 職員約70人を前に、山口町長は「開拓120年の準備、本格的なチョウザメ事業など将来を目指したまちづくりに入る。29年度予算は、特別会計を含めて66億2748万円、一般会計では48億1400万円。執行に全力を挙げいく」。
 新採用職員、異動職員に対し、「早く慣れ、業務に精通してほしい。報告、連絡、相談の『報・連・相(ほうれんそう)』を徹底してほしい。何をやるにも一人ではできない。それぞれの課、グループ、役場のチームで実施していることを心してほしい」。
 さらに、役場職員、公務員としての自信と誇りを持つよう強く呼び掛けるとともに、「役場職員として町に尽くしてほしい。本年度は、さまざまな面で、挑戦的に仕事を進める年」と、職員の奮起を促した。

(写真=「町に尽くしてほしい」と述べる山口町長)

[2017-04-04-19:00 ]


黄色と緑色の姿ポツポツ
フキノトウが「春の訪れ」告げる

 ○…春らしい陽気に恵まれる日も多くなってきている今日このごろ。幹線道路では、車がほこりを舞い上げながら走る様子も見られる中で、道端などには春の訪れを告げるフキノトウがポツポツと顔をのぞかせている。
 ○…周りの枯れた草木よりも一足先に芽吹き、春の訪れを告げることを使命とするフキノトウ。長い眠りから覚め、黄色と緑色の小さな姿が人目を引く。ほ場にはまだたくさんの雪が見られるが、しっかりと大地に根を張る姿は、自然のたくましさを感じさせてくれている。
 ○…気象庁によると、今冬の名寄の最低気温は氷点下28・1度(前年氷点下25・8度)。氷点下20度を下回った日数は、12月から3月までで15日間(前年10日間)だった。
 ○…10月から4月2日現在までの総降雪量をみると、今冬は656センチで、前年度と比較すると123センチの減少。また、最深積雪(4月2日現在)は55センチで、前年同期より4センチほど多いが、歩道などの雪解けも徐々に進んでいる。
 ○…春の便りを告げるフキノトウ。長い冬が終わるのを心待ちにしていた農家も、本格的な春作業に向け動き始めている。

(写真=春の訪れを告げるフキノトウ)

[2017-04-04-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.