地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年3月30日

医師総数2人増の72人
名寄市立病院運営委員会・新年度診療体制などで説明

 【名寄】名寄市立総合病院運営委員会(稲場英紀委員長)が29日に同病院で開かれた。
 加藤剛士市長、稲場委員長は「平成29年度は病院の新改革プランや第2次の名寄市総合計画がスタートする大事な年。地域医療の充実に向けて一丸となって取り組みたい」などと挨拶した。
 病院事務局は新年度の診療体制で説明。4月から新たにスタートさせる総合内科に常勤医師2人を配置する他、泌尿器科で1人増、皮膚科で1人減。麻酔科は2人増だが、28年度2人減だった部分が充足されたもので、結果、常勤医総数は2人増の58人。研修医は新年度から2人増の14人体制となり、同病院の医師総数は72人になるとした。
 看護職員については、3月末で16人が退職するものの、新年度は21人(新採用18人、再任用3人)を採用することから、一定程度確保できている状況。
 加えて、新採用のうち9人は名寄市立大学出身者で、課題としている大学と病院の就職連携で一定程度の成果が表れた数字を示した。

[ 2017-03-30-19:00 ]


地域医療の維持確保へ
名寄開業医師会・誘致助成制度創設で市に要望

 【名寄】名寄開業医師会の齊藤武志会長が29日に市役所名寄庁舎を訪れ、「名寄市における開業医誘致助成制度」の創設に関する要望書を、加藤剛士市長に提出した。
 近年の市内の開業医状況をみると、平成25年に中村整形外科と岡崎内科、今月10日にあかいし内科が閉院。25年度から28年度の4年間で三つの開業医がなくなったことに伴い、同医師会の会員数が11人、7医療機関にまで減少した。
 要望は、この状況を踏まえた開業医確保を目的としたもの。内容は(1)開業費用の一部助成の制度化(条例整備など)(2)地元の医療機関や開業医などの関係機関と協議の上、制度化・運用すること(3)制度化するに当たり、士別市と稚内市の条例などを参考にし、名寄市の実情に合った内容とすること―の3項目。名寄庁舎には齊藤会長(片平外科、脳神経外科院長)、幹事の名寄三愛病院の山岸真理院長とたに内科クリニックの谷光憲院長が訪れ、加藤市長に要望書を手渡した。
 加藤市長は「正式な開業医誘致に関する要望は初めてだが、『かかりつけ医』は地域医療に最も重要な役割を果たす存在のため、危機的状況を重く受け止めている」とし、「できるだけ速やかに具体策を打ち出す必要があるため、早い段階で制度設計をまとめ、全国に発信できるよう進めたい」と述べ、理解を求めた。

(写真=加藤市長に要望書を手渡す左から谷、山岸両幹事、齊藤会長)

[ 2017-03-30-19:00 ]


「知識伝えていきたい」
美深・谷口さんが指導林家認定受ける

 【美深】美深町東6北1の製材業、谷口栄二さん(64)が、北海道指導林家の認定を受けた。
 指導林家は、模範的な施業技術を有し、模範的な地域の山づくりを実践している林家などを、地元の市町村長の推薦を受けて北海道知事が認定するもの。
 谷口さんは、トドマツなど地域の間伐材を原料とする製材業を営むとともに、所有林のアカエゾマツやトドマツなどの人工林を適正に管理。木材加工や森林施業の技術や知識に優れた地域木材産業の中心的立場。
 さらに、将来の地域木材産業の振興を見据えた林業経営を行っている他、将来の優良木育成に向け、アカエゾマツやトドマツとともに、シラカバの育成にも注力している。
 認定証伝達式は、28日に町役場で行われ、奥村日出雄上川総合振興局北部森林室長から認定証を受け取った谷口さんは「認定を受けるとは思っていなかった。指導林家の立場で、どの程度指導できるかは分からないが、知識などを伝えていきたい」と意気込みを語った。

(写真=指導林家の認可を受けた谷口さん=中央=)

[2017-03-30-19:00 ]


一輪車技術認定会で健闘
名寄ユニサイクルクラブ

 【名寄】名寄ユニサイクルクラブのメンバーが、26日の名寄地区一輪車技術認定会で健闘。中でも井上ももちゃん(カトリック幼稚園年中)が7級と6級、山本希実さん(名寄小2年)が2級に合格し、年齢的にハイレベルな級位を突破。また、吉田真菜さん(南小6年)と川田結葵さん(名寄中2年)がエキスパート2級に挑戦、一部の種目をクリアしており、完全攻略を目指している。
 同認定会は毎年3月最終日曜日に開かれており、今年は26日にピヤシリフォレスト体育館で開催された。
 名寄ユニサイクルクラブは4人が合格。その中で井上ももちゃんが7級と6級、山本希実さんが2級、佐藤美咲さん(名寄小5年)が2級、山本和羽さん(名寄小4年)が1級に合格した。
 認定員の井上さんは「みんなで楽しくやることで伸びる。上の子が下の子を育てていってほしい。仲間がいるからこそやり遂げられる。楽しくやることが上達の近道」と期待を込めている。

(写真=メンバーの吉田真菜さん、山本希実さん、井上ももちゃん、川田結葵さん=左から=)

[2017-03-30-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.