地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年2月26日

特別賞や入賞果たす
名寄の書心書道教室・全国学生書道展で健闘

 【名寄】第48回全国学生書道展(国際書道協会主催)が、このほど札幌市民ギャラリーで行われ、市内西11南4の書心書道教室(主宰・米山秋水さん)で学ぶ生徒たちが、特別賞や入賞を獲得するなど健闘した。
 全国の幼児から高校生までを対象に、作品5979点の応募があり、書道展ではこのうち入賞作品3837点が展示された。書心書道教室の子どもたちは毎年、さまざまな書道展で入賞するなど活躍。同コンクールでは、小学3年から中学3年までの児童・生徒が特別賞に6人輝いた。この他、幼児の入賞者が4人、特選に8人が選ばれた。
 特別賞には、櫻田陽大君(東小3年)、及位俊士哉君(東小3年)、水間樹さん(名小3年)、米山結衣さん(西小3年)、榎本恭子さん(名中1年)、合田優里菜さん(東中3年)で、それぞれが素晴らしい書を披露した。幼児の入賞者は、一戸葵生さん(カトリック幼稚園)、須藤佳菜さん(カトリック幼稚園)、中山莉桜香さん(南保育所)、成田煌世君(大谷幼稚園)。
 教室を主宰する米山さんは「まずは文字に興味を持ってもらい、それぞれが持っている個性を大切にしてほしい。その個性が理解できると書はもっと楽しくなる」と話す。なお、同教室からはこの他、須藤愛菜さん(西小3年)、高野陽向君(南小3年)、上家心優さん(南小4年)、上山葵さん(南小4年)、夏坂朱さん(西小4年)、上山つむぎさん(南小5年)、水木莉緒さん(南小5年)、鈴木さくらさん(名中1年)の8人が、それぞれ特選に選ばれる健闘を見せた。

(写真=全国学生書道展で特別賞や入賞に輝いた生徒たち)

[ 2017-02-26-19:00 ]


森林の多様性を表現
下川・コモレビに地元産木製時計

 【下川】町の産業連携拠点施設「まちおこしセンター・コモレビ」に、12種に及ぶ下川産木材で作られた「樹木型壁掛け時計」が設置された。木製時計は町公区長連絡協議会(濱下伸一郎会長、18公区)が、協議会50周年記念として寄贈したもので、来場者を楽しませている。
 木製時計は同協議会が、50周年記念事業を検討する中、コモレビに時計がなかったことから同事業として寄贈したもの。依頼を受けた町内在住木工作家の臼田健二さんが、施設に合うものをイメージして制作した。
 材にはトドマツ、サクラ、セン、ミズナラ、ニレなど12種が使われ、全て下川産。枝葉のついた樹木型の時計、その周辺には鳥が飛び交い、根元にはドングリを抱えるリスがいる。ドングリには本物を使用し、リスが土に隠して取り忘れたドングリから木が芽生える「森林の生物多様性」を描いている。
 町環境未来都市推進課の三条幹男課長は「コモレビは情報・交流の拠点でもあり、ぜひ木時計を見に来ていただき、集う場として利用してもらいたい」と話す。

(写真=まちおこしセンターに掲げられた木時計)

[ 2017-02-26-19:00 ]


大正中期の段飾りも
名寄・北国博物館で「ひな人形展」

 【名寄】名寄市北国博物館(吉田清人館長)の「ひな人形展」が、23日から3月5日まで同館ギャラリーホールで開かれている。
 3月3日の「桃の節句」「ひな祭り」に合わせて開催する恒例の展示。今年も市民から寄贈されたひな人形をはじめ、おひなさまやお内裏さまなどを描いた掛け軸、飾り布を展示している。
 ひな人形は古いもので大正中期から昭和50年代のものまで展示。年代順に飾られており、顔つきが現代風に変わったり、人形や装飾品そのものが大きくなるなど、変遷をたどることもできる。ひな祭りや名寄周辺のひな人形、飾り方もパネルで説明している。
 かつての段飾りは7段が主流で、三人官女や五人ばやしなども飾られた豪華なものが見られたが、近年は住宅のスペースが手狭になったこともあり、段数が減ったり、おひなさまとお内裏さまだけの「親王飾り」が多いことから、訪れた人は懐かしさも感じながら見入っている。

(写真=年代順に飾られている段飾りのひな人形)

[2017-02-26-19:00 ]


多彩なステージで披露
名寄高校吹奏楽部・3月20日に25周年演奏会

 【名寄】名寄高校吹奏楽部の25周年記念定期演奏会が、3月20日午後2時半から市民文化センターエンレイホールで開かれる。
 演奏会のテーマは「楓」。3部構成で、第1部は「落夏流穂」などを演奏する吹奏楽オリジナルステージ。第2部は、「SUN」など曲を名寄中学校と名寄東中学校の吹奏楽部と合同で披露するステージ。第3部は「名高メモリアルメドレー」などを演奏するポップスステージ。
 チケットは同ホールチケットセンター(3-3333)、なよろ観光まちづくり協会(9-6711)、パン工房留久(3-5371)、カントリーキッチン四季菜(3-0707)、さしかわ名寄支店(3-9081)、早川統計眼鏡店(3-3275)、二宮美深堂(01656-2-1087)、士別市のサカイ楽器(0165-23-4758)で取り扱っている。
 問い合わせは名寄高校吹奏楽部(01654-3-6841)の村松さんまで。

(写真=多くの来場を呼び掛けるポスター)

[2017-02-26-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.