地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2017年2月21日

下川中スキー部がジャンプで健闘
世界Jr選手権・勢藤さんが女子団体5位
中学全国大会・工藤君2位、日下君3位

 【下川】下川中学校スキー部の生徒4人が、スキージャンプの世界・全国の大会で活躍。20日に谷一之町長、松野尾道雄教育長へ報告に訪れた。中学全国大会(4日・山形県開催)では、工藤漱太君(3年)が2位、日下瑠基君(同)が3位、津志田雛さん(1年)が26位に入り、世界ジュニア選手権(開催地・アメリカ)では、勢藤理桜さん(3年)が女子個人戦(1日開催)34位、女子団体(3日開催)5位と健闘を見せた。
 谷町長への報告で工藤君と日下君が「中学最後の全国大会で表彰台へ上がることができた」と話し、1年生で全国出場を果たした津志田さんは、来年へ向けて飛躍を誓った。
 勢藤さんは世界ジュニア初出場。高校生以上の先輩ジュニア選手を相手に奮闘したが「とても緊張した。現地のジャンプ台にタイミングを合わせられず、うまく飛べなかった」と悔しそう。団体戦では下川商業高校2年の瀬川芙美佳さん、他2人と出場し5位。「先輩からリラックスできる言葉を掛けていただき助けられた」。今後については「さまざまな場所へ行っても、一つ一つジャンプ台の特徴をつかんで対応できるよう、練習を頑張りたい」と語った。
 3月に名寄市内で開かれるジュニアオリンピックに下川中4人も出場するが、それぞれが全国大会や世界ジュニアの経験を生かし「見つけた課題へ取り組み、大会に挑みたい」と話した。その上で工藤君は「表彰台を狙いたい」。日下君は「10位以上入賞を目指す」。勢藤さんは「良いジャンプ、優勝を目指して頑張りたい」。津志田さんは「初出場。リラックスを心掛け、自分のジャンプを飛びたい」と抱負を述べた。

(写真=町長へ大会結果を報告した下川中スキー部の生徒4人)

[ 2017-02-21-19:00 ]


住田さん指導農業士
北野さん農業士
称号認定受け加藤名寄市長に報告

 【名寄】市内風連地区在住の住田美紀さん(50歳)が北海道指導農業士、智恵文地区在住の北野裕介さん(33歳)が北海道農業士の称号認定を受けた。2人は21日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤剛士市長に報告した。
 指導農業士は、新規就農者の定着促進や女性・青年農業者への活動支援など。農業士は、新規就農者に対する助言や経営改善・地域農業の振興に関する協力などを役割として活動する農業従事者。
 今回の住田さん、北野さんの認定に伴い、名寄市内の指導農業士は14人、農業士は26人となった。
 指導農業士となった住田さんは、風連地区で水稲(もち米)を中心に小麦、大豆、長ネギ、トマトなどを生産。また、平成21年度からは名寄市農業委員となって活躍している他、結婚相談センターと農業担い手育成センターの委員も務め、担い手支援に力を注ぎ、地域に欠かせない存在。
 農業士となった北野さんは、智恵文地区でカボチャやバレイショ、秋小麦、ビート、スイートコーン、大豆などを生産。農作業受託組織のオペレーターとしても活動し、地域農業に大きく貢献している他、本年度からは上川地区青年部協議会長も務め、若手農業者の中心的存在。
 報告を受けた加藤市長は「認定おめでとう。これからも地域のリーダーとして、農業振興に向けて活躍してほしい」と喜ぶとともに、激励していた。

(写真=認定証を手に報告した住田さん=右から2番目=と北野さん=同3番目=)

[ 2017-02-21-19:00 ]


渾身の空中演技披露
美深町長杯エアリアル大会

 【美深】美深町主催の第12回美深町長杯エアリアル大会が19日に美深スキー場特設ミニジャンプ台で開かれた。
 競技規則は、全日本競技規則および一部特別ルール。
 年中から一般まで35人が出場。渾身のジャンプで空中に飛び出し、練習を重ねてきた空中演技を披露して着地を決めると、大きな歓声が沸き、拍手が送られた。

(写真=練習を重ねてきた空中演技を披露した選手)

[2017-02-21-19:00 ]


成長した姿も披露
名寄カトリック幼稚園・ミュージックフェス

 【名寄】名寄カトリック幼稚園(長尾俊宏園長)の「ミュージックフェスティバル」が18日に同園で開かれ、園児たちが遊戯や器楽演奏などを披露した。
 園児たちの頑張りや成長した姿を見せる機会としても開催。2部構成で進行し、前半は年少組、後半は年中組と年長組がステージに登場した。
 年少組は遊戯「にょきにょきっ!」で幕開け。遊戯「Go!Go!コケッコッコー」、オペレッタ「アリとキリギリスとハチ」などが続いた。
 年中組と年長組は器楽「しゃぼん玉」、遊戯「まわれ!スシスシロック!」、オペレッタ「はしれ!ウリくん」、鍵盤ハーモニカ演奏「ぶんぶんぶん」などを披露した。
 園児たちは笑顔を浮かべながら、それぞれの演目を成し遂げた様子。一方、保護者たちはわが子の活躍する姿に見入り、カメラやビデオに収めるなど、成長した姿に感心していた。

(写真=遊戯などを披露した園児たち)

[2017-02-21-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.