地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年2月5日

森林保全へ支援始める
全国の廃油リサイクル企業・本年度対象は下川など5自治体

 【下川】下川町など環境モデル都市5自治体は、全国オイルリサイクル協同組合、組合会員企業10 社と連携し、森林保全活動「森とアースへのECO-プロジェクト」に取り組み始めた。
 「全国オイルリサイクル協同組合」は、全国各地で廃油の適正処理とリサイクル事業に取り組む企業で構成。資源循環の歩みをさらに進めるため、先進的に森林保全へ取り組む自治体を支援する「森とアースへのECO-プロジェクト」をスタートさせた。5自治体の森林保全活動を支援するための寄付金は、意義・趣旨をより多くの顧客と共有するために、会員企業10社がそれぞれ、10社の顧客企業へ声掛けして募る。
 寄付の仕組みには、効果を明確にするため、カーボンオフセットを採用。寄付額相当分の森林保全で生じる二酸化炭素(CO2)吸収量を使って、各社の廃油処理による再生重油精製から排出されるCO2の一部を、オフセット(相殺)する見込みだ。
 下川町を支援対象地域に選んだ理由に「森林資源の活用まで含め、全国で特に先進的な視点を持った森林づくりをされている。他4町村(岐阜県御嵩町、岡山県西粟倉村、高知県梼原町、熊本県小国町)も明確な森づくりのコンセプトを持っている」と話す。

[ 2017-02-05-19:00 ]


美深町活性化目指す
美深町商工会青年部と北はるか農協青年部
互いの強み生かし農商連携

 【美深】さらなる美深町の活性化を目指して─。美深町商工会青年部、北はるか農協青年部美深・下川支部は、お互いの強みを生かした農商連携を通じ、特産品ブランド化や地域イベント協力など、積極的に取り組んでいる。
 商工会、農協の両青年部では、一緒になって美深町を盛り上げよう─との強い思いで農商連携に取り組んでおり、昨年11月の視察研修では、広島県の「民宿あるぺん屋」でどぶろくと甘酒の製造工程などを学ぶとともに、山口県の大規模システム農園「花の海」で今後の農業経営への理解を深め、農商連携の重要性を再認識した。さらに、19日に開催のびふかウインターフェスタでは、雪中フラッグゲームを企画。多くの人に楽しんでもらう計画だ。
 また、9日に農商連携視察研修の報告会を開催するが、その中では、成果報告と合わせて「かぼちゃあまざけ美深」、美深産のもち米と小豆を使用した「お汁粉」を提案する。
 報告会を前に、商工会青年部の菅野聖一部長と小野寺一真副部長、農協青年部美深・下川支部の山下博史副部長と中瀬祥吾理事が1日、SUN21に集まり、お汁粉の中に入れる餅作りに取り組んだ。午前中は、もち米6キロを石臼ときねを使って餅つき。午後からは、固めた餅を食べやすい大きさにカットする作業に汗を流すなど準備を進めた。

(写真=地元産品のみで作ったお汁粉の提案に向けて餅つきに行う部員たち)

[ 2017-02-05-19:00 ]


ジャンプ選手育む下川
JR北海道機関紙で特集

 【下川】1日に発行されたJR北海道の車内機関紙2月号で、下川町の出身スキージャンプ選手とジャンプ少年団、ジャンプ選手育成環境などが特集されている。
 19日から25日まで、冬季アジア札幌大会が開かれることから、ルポライターの北室かず子さんが「冬のスポーツを取り上げたい」と、知人である下川町の谷一之町長などを訪れて取材した。
 特集では「ジャンプ少年団、世界の空へ 故郷が育むトップ・アスリート」と題し、谷町長やジャンプ少年団の伊藤克彦コーチなどへのインタビュー、町内のジャンプ台など選手育成環境整備の経緯、葛西紀明、伊藤有希をはじめとする世界で活躍する出身選手たち、ジャンプ少年団員、町公民館の資料室などを紹介している。
 さらに上川町のジャンプ少年団も特集している。上川少年団の勢藤則幸コーチは、下川中学校へ留学している理桜選手の父親でもあり、下川にも身近な情報が満載だ。機関紙はJR北海道の特急車内で無料配布している他、書店や定期購読で購入できる。

(写真=下川のスキージャンプを特集した記事)

[2017-02-05-19:00 ]


こだわりの飲食や雑貨
下川・18日に「旅するカフェ」開催

 【下川】和寒町でコーヒーや雑貨を販売する「nido」が、さまざまな地域を巡る「旅するカフェ」を主催しており、18日は正午から5時まで下川町西町の桜ヶ丘公園ガーデニング・フォレスト「フレペ」で開催し、道内9店舗がこだわりの雑貨、コーヒー、料理、デザートなどを振る舞う。
 昨年に引き続き町内開催の「アイスキャンドルミュージアム」との連携企画として実施し、パン工房fu-Sora、食工房おると、MERLE、ベーカリー&コーヒー「cotori」、ノースプレインファーム、Moi!Suomi、フプの森、雑貨とオーダーメイドカーテン「梨の花」、オーガニックコーヒーと雑貨「nido」が出店することになっている。

[2017-02-05-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.