地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年1月20日

最後の卒業公演へ練習に奮闘
名寄市立大学児童学科・2月19日エンレイホールで

 【名寄】名寄市立大学短期大学部児童学科の卒業公演が、2月19日午後1時半(開場同1時)から市民文化センターエンレイホールを会場に開かれる(入場無料)。本年度で最後の卒業公演となり、学生たちは成功を目指して練習に奮闘しており、実行委員の古川裕梨さん、平野菜摘さんは「子どもも大人も楽しめる公演ですので、多くの来場を待っています」と呼び掛けている。
 市立名寄短期大学時代から毎年恒例で、市民に親しまれている卒業公演だが、本年度から児童学科が4年制の保健福祉学部社会保育学科に移行。児童学科は現在2年生のみであるため、最後の卒業公演となる。
 実行委員会(土田尚佳委員長)を立ち上げ、キャストをはじめ舞台監督、演出、道具、衣装、音響、照明などのスタッフは全て学生が手掛けており、昨年12月から台本読みや道具作りなどに取り組んでいる。実習や就職活動、卒業研究の合間や放課後を活用し、練習に励んでいる。
 今回は「たのきゅう」「かいじゅうたちのいるところ」の2本を上演。いずれも原作をアレンジし、同学科の今野道裕教授が脚本を手掛けている。
 現在は同大学本館で練習しているが、公演1週間前には同ホールに移動。平野さん、古川さんは「今野先生の脚本は奥深く、大人も考えさせられるストーリー。子どもも大人も楽しめます」と語り、多くの来場を呼び掛けている。

(写真=大きな舞台装置が特徴の「かいじゅうたちのいるところ」の練習風景)

[ 2017-01-20-19:00 ]


当選番号に一喜一憂
美深町商工会・夢チャンス宝くじ抽選会

 【美深】美深町商工会(園部一正会長)主催の「新春2017夢チャンス宝くじ抽選会」が19日にSUN21で開かれた。
 年末年始大売り出し抽選会の抽選1回につき、1枚進呈した「夢チャンス2宝くじ」の抽選。町民約200人(主催者発表)が来場。
 水本守副会長、山崎晴一副会長、山口信夫町長が、抽選箱の中からA賞(全町共通商品券3万円)2本、B賞(同2万円)5本、C賞(同1万円)10本を引き、当選番号が決定。来場者は、当選番号が発表されるたびに自分の番号を確認。当選者は「やったー」と喜び、笑顔を見せていた。
 また、当日限定イベントとしてコインつかみ取り(当選者20人、総額15万円)、全町交通商品券(総額1万円)が当たる参加者全員参加のじゃんけん大会も催され、大盛り上がりだった。
 なお、夢チャンス宝くじ抽選会の当選番号は、22日付朝刊新聞折り込みチラシでも周知する。賞品は商工会窓口で交換することができ、期限は27日午後5時までとなっている。

(写真=抽選箱から当選番号を引く、水本副会長、山崎副会長、山口町長)

[ 2017-01-20-19:00 ]


ダンスで盛り上がる
名寄市立大「くるくる」・21日に「CAS vol.5」開催

 【名寄】ダンスパフォーマンスイベント「CAS vol.5」が、21日午後2時(同1時半開場)から市民文化センター多目的ホールで開かれる。
 名寄市立大学ダンスサークル「くるくる」(佐藤寛奈代表、メンバー30人)が主催。ダンスイベント「CAS」は、名寄の地にダンスを広めるとともに、来場客にダンスの楽しさを知ってもらうイベントに―と企画し、今年で5回目を迎えた。
 イベント当日は、「くるくる」のメンバーをはじめ、名寄の「6STEPS」(3チーム)、美深の「ODS movers」(1チーム)の他、北海道教育大学旭川校(同)、旭川医科大学(同)のダンスチームの出演も予定されている。
 「ヒップホップ」「WAACK(ワック)」「LOCK(ロック)」「ブレイク」など、さまざまなジャンルのダンスで盛り上がる。
 チケットは、前売り券500円、当日券700円(小学生以下は無料)。チケット購入希望者は佐藤代表(080-2826-8964)まで。

(写真=本番に向けリハーサルに熱が入る「くるくる」のメンバー)

[2017-01-20-19:00 ]


ことわざ、世界一周、北海道方言、ご当地キャラ
下川・児童が多彩なかるたを体験

 【下川】町教育委員会主催のキッズスクール「いろいろカルタ」が19日に公民館で開かれた。児童11人が参加し、多彩なかるた遊びを楽しんだ。
 いろいろカルタは毎年1月の恒例プログラムで、年に1、2種類ずつ新しいかるたを導入し、今回は合計14種類を用意。
 新たに購入した「ことわざかるた」に加え「冬エコおみくじ」「北海道方言」「北海道地名」「ご当地キャラクター」「お化け」「世界一周」など、ユニークなかるたが並んだ。
 児童たちは好みのかるたを選び、みんなで一緒に遊びながら盛り上がっていた。時間内に遊べなかったかるたも数多くあることから、来年のかるた遊びも楽しみにしていた。

(写真=かるたを楽しんだキッズスクールの児童たち)

[2017-01-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.