地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年1月13日

力強い筆運びで表現
名寄市公民館・新春こども書き初め広場

 【名寄】名寄市公民館(仙石徳志館長)主催の「第44回新春こども書き初め広場」が12日に市民文化センターで開かれた。
 同広場は、時代を担う子どもたちに伝統文化である「書」を通じて、希望や抱負を表現してもらい、児童・生徒の健全育成に寄与することを目的に毎年開催している恒例の事業。
 今年も高志書道会で活動している5人が指導に当たり、幼児から小学生まで26人が参加。作品課題は、幼児から小学校低学年が「はごいた」「かどまつ」「おとし玉」、同中学年が「新しい年」「初日の出」、同高学年が「初雪の町」「冬の景色」などで、同会の審査で金賞、銀賞、銅賞が決まる。
 参加した子どもたちは、真剣な表情で筆を手に持ちながら半紙を見つめ、今年1年への期待も込めた力強い筆運びで作品を仕上げていた他、親子で参加して仲良く書く姿も見られた。
 また、同日午後から同センターで、参加した子どもたちの作品展も開催。展示は23日までで、同日午後3時からは表彰式も行われる。

(写真=真剣な表情で筆を運ぶ子どもたち)

[ 2017-01-13-19:00 ]


満月に照らされた絶景
下川町・夜の森林や雪原でムーンウオーク

 【下川】満月に照らされた夜の森を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が12日に五味温泉体験の森(エコハウス「美桑」前集合)で開かれ、月夜の絶景に酔いしれた。
 毎年、冬の満月の日に開催される恒例イベント。下川、名寄から8人が参加した。スノーシュー(西洋カンジキ)を履いて積雪の森林を散策。出発直後は曇り空だったが、雲の隙間から満月が顔を見せ、うっすらと照らされた道を進み、雪原が広がる高台へと抜けた。雪原では仰向けになって静寂の夜空を楽しみ、道中、枯れ枝を集めてたき火をしながら、ハーブティーも味わった。
 次第に夜空が晴れ始めると、満月がくっきりと現れて積雪を明るく照らし、夜と思えない神秘的な絶景が、参加者たちへ感動を与えていた。
 今後も満月を迎える2月11日、3月12日に同じ時刻と場所で開催される。参加費は五味温入浴券付き(無期限)で1500円、スノーシュー持参は300円引き。さらに4歳以上小学生以下は900円、3歳以下は無料。問い合わせは森の生活(電話01655-4-2606)へ。

(写真上=満月の光を浴びて夜の森を歩いたムーンウオーク)
(写真下=森林と雲の間から顔を出す満月)

[ 2017-01-13-19:00 ]


最優秀賞など27人に
名寄図書館・小中学校読書感想文で表彰式

 【名寄】市立名寄図書館(鈴木カヲル館長)の平成28年度名寄市小中学校児童生徒読書感想文コンクール表彰式が12日に駅前交流プラザ「よろーな」で行われた。
 同コンクールは、読書の楽しさ、素晴らしさを体験することで読書の習慣化を図ることなどを目的に毎年実施している。
 本年度は、各小中学校で選考した作品合わせて116点の応募があり、名寄市教育研究所に所属する学校教諭13人が作品を審査した。
 表彰式では、各学年の最優秀賞と優秀賞受賞者一人一人に表彰状を手渡した鈴木館長が「受賞おめでとう。読書はさまざまな生き方を教えてくれることから、今後も新しい本に挑戦して、それを言葉や文字にして読書の魅力を伝えてほしい」などと挨拶。
 最後に、入賞者を代表して名寄東中3年の佐々木美月さんが「本を読むことで、たくさんの考え、学ぶことができる。今後も学ぶことや考えること忘れず、たくさんの本を読みたい」と挨拶した。

(写真=鈴木館長から表彰状を受け取る受賞者たち)

[2017-01-13-19:00 ]


今年は「ドラえもん」
南地区協議会・2月4日にスノーランタンの集い

 【名寄】南地区地域づくり協議会(藤原忠会長)の「2017 スノーランタンの集い」が、2月4日午後3時から総合福祉センターで開かれる。
 雪や寒さを利用して地域住民に冬を身近に親しんでもらうことを目的に、平成15年から始まったもの。20年度からは市民の触れ合いの場と位置付けて毎年開催しており、この時期恒例の地域行事として住民に親しまれている。
 今年も名寄市利雪親雪推進市民委員会、名寄市社会福祉協議会、名寄市総合療育センター、名寄南小学校PTAの協力を得て開催する。当日は午後3時から、会場となる総合福祉センター南側のふれあい広場で、子どもからお年寄りまで多くの地域住民の参加を募ってスノーランタンを制作する。このスノーランタンは毎年テーマを変え、点灯させると絵が浮かび上がるよう配置しており、今年のテーマは人気アニメキャラクターの「ドラえもん」。
 点火式は同4時半からで、スノーランタン制作の参加者や来場者に、豚汁や肉まん、あんまんも振る舞われる予定となっており、同協議会では地域住民の参加を呼び掛けている。

[2017-01-13-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.