地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年1月6日

本紙管内各自治体で仕事始め
決意新たにまちづくり・新年を迎え首長が年頭訓示

 本紙管内(名寄市、下川町、美深町)の各自治体は6日が仕事始めとなり、名寄、下川、美深の各首長が年頭の訓示を行った。地方自治体の行財政運営が厳しさを増すとともに、人口が減少する一方で、幅広い住民サービスの提供が求められていることから、各自治体の職員たちは首長訓示に耳を傾け、住みよいまちづくりへ決意を新たにした。
 【名寄】加藤剛士市長による訓示は、午前9時から市役所名寄庁舎で行われた。職員約100人を前に、加藤市長は「穏やかな1年のスタートになった」と年末年始を振り返るとともに、「今年は第2次となる総合計画や農業・農村振興計画、地域福祉計画、観光振興計画がスタートする大事な1年」などと強調した。
 平成29年度に向け、「1月から3月までは、4月からスタートさせる各種計画を具現化させるための最初の予算を決める重要な期間」とした上で、「今後10年の名寄市づくりに向けたロケットスタートを切れるかは、この3カ月の予算編成作業にかかっている」などと訴えた。
 最後に、「今年は酉(とり)年。職員一人一人が自らの力を発揮して飛躍の1年にしてほしい」などと述べ、職員は気持ちを引き締めていた。
                             ◇
 【下川】谷一之下川町長の年頭訓示は、午前10時から役場庁舎で行われた。谷町長は出席した町職員約70人の前で「持続可能な地域社会の創造を目標に、町職員と強固なスクラムを組み、町民の皆さんと一丸となってさまざまな課題へ取り組んでいく」と新年の決意を述べた。
 昨年まで公民館大ホールで行っていたが、仕事始めに住民サービスが滞らないよう、庁舎内の実施に変更。
 谷町長は「私たち町の使命は気候変動による自然災害が多発する中、世界を見つめ、問題意識・危機意識を持ち、住民の安全・安心、より快適で生きがいの持てる暮らしを支え、幸福度の高い地域社会を創造していくことにある。住民の対話を重視しながら、地域の潜在課題を共有し、スピード感を持って解決策を探究していかなければならない」。
 その一方で「職員に対しても町民の一人として、プライベートな時間の確保が必要。仕事と生活のバランスを保つ上では、職員間の相互の理解と協力が不可欠であり、風通しの良い職場環境を創造していかなければならない」と語り、全職員と町民憲章を朗読。「町民との信頼関係を育み、幸せ実感できる年を祈念している」と締めくくった。
                             ◇
 【美深】山口信夫町長の年頭訓示は、午前9時から町役場大会議室で行われた。
 職員約80人が出席し、総務課総務グループの橋本博幸さんのリードで町民憲章を朗読した。
 山口町長は「町民から役場に期待する声があり、要望、希望をかなえなくてはならない。来年、平成30年に開拓120年を迎える。人口は減少しているが、元気な美深町の発展を見せなくてはならないし、全国に元気な美深町を発信しなくてはならない」。
 さらに、「地方創生の時代と言いながらJR問題など困った問題があるが、みんなの力で跳ね返したい。跳ね返すことは大変なことだが、若い職員、中堅職員、幹部職員が、それぞれの立場で挑戦しなくてはならない。新しい発想で挑戦的に仕事をしてほしい」と、職員の一層の奮起を促した。

(写真上=「今年は大事な1年」と強調した加藤市長の訓示)
(写真中=年頭訓示を述べる谷一之町長)
(写真下=職員の一層の奮起を促した山口町長の年頭訓示)

[ 2017-01-06-19:00 ]


地域住民が新年祝う
本紙管内各自治体で交礼会

 本紙管内(名寄市、下川町、美深町)の新年交礼会が、5日に各自治体で開かれた。それぞれの交礼会に参加した地域住民たちは、各首長などの年頭の挨拶を聞くとともに、酒を酌み交わしながら新年を祝い、新たな1年を迎え、スタートさせた。
 【名寄】2017市民新年交礼会はホテル藤花で開かれ、新年の幕開けを祝った。
 道北なよろ農協、名寄市社会福祉協議会、名寄市町内会連合会、名寄商工会議所、風連商工会、上川北部森林組合、名寄市が世話人で開催。200人が出席。陸上自衛隊名寄駐屯地隊員による朔北太鼓演奏後、加藤剛士市長、黒井徹市議会議長らが鏡割りを行った。
 出席者たちは和やかに歓談しながら互いの飛躍を誓った。
 一方、2017ふうれん新春交礼会は、道北なよろ農協、上川北部森林組合、風連商工会などが世話人となり、午前10時からふうれん地域交流センターで開催。100人が出席し、世話人代表の中島道昭道北なよろ農協組合長は「今年は酉年。ゆとりを持って幸せをみんなで取りにいこう」と挨拶した。

                            ◇
 【下川】下川町の新年交礼会は、バスターミナル合同センターで開かれた。町、町議会、各地元団体の代表や一般町民など108人が参加し、新年の挨拶を交わした。
 2年前まで元旦開催だったが、参加者が年々減少傾向にあったため、谷一之町長就任後の昨年から開催日程を5日に変更。その結果、参加者は2倍近くに増えた。
 谷町長は年頭挨拶で「5月には町長任期4年の折り返しになる。これから2年目の予算編成も迎え、将来像や地域課題を明確にし、きめ細かな施策を展開したい。人を育み地域力高め、日本一幸せ感じる町にしたい」と抱負を語った。
 酉(とり)年生まれを代表し、小林清一郎さん(幸町公区長)が「私は84歳になった。町民の皆さんが望むのは心豊かな住み良いまちづくり」と挨拶し、その具現化の年を願いながら、全員で万歳三唱。新年に希望を込めた。
                            ◇
 【美深】平成29年新年交礼会が町文化会館COM100で開かれ、新しい年の幕開けを祝った。
 官公庁や自治会などから約130人が出席。町民憲章朗読、美深町家斉唱などに続き、山口信夫町長が「美深町を発展させるため、第5次総合計画の見直しと実績づくりが大切。元気な美深農業を目指して担い手づくりに頑張るとともに、地域材の活用に全力を挙げる。商工業では、担い手を育て明るい元気なまちづくりに努力する」。さらに、各課からの29年度予算請求額は55億円という大きな数字であり、「見通しでは47億円で、8億円の不足。予算査定でどのようにするか考えたい」とした。
 倉兼政彦町議会議長の音頭で乾杯。各テーブルでは、新年の挨拶を交わすなど、終始和やかな雰囲気に包まれていた。

(写真=鏡割りを行い新年を祝う各界の代表者たち=名寄=)
(写真=新年交礼会で挨拶する中島組合長=風連=)
(写真=新年を祝して乾杯した参加者たち=下川=)
(写真=倉兼議長の音頭で乾杯する出席者たち=美深=)

[ 2017-01-06-19:00 ]


介護職の人材確保へ
名寄・加藤剛士市長定例会見

 【名寄】加藤剛士市長の定例記者会見が6日に市役所名寄庁舎で開かれた。加藤市長は介護職の人材確保へ、今年1月から新たにスタートした介護人材確保緊急対策事業の概要を説明し、「すぐに目に見える結果が得られるとは限らないが、事業を継続していくことで、介護職員確保につながると考えている」と期待を寄せる。
 近年、老人福祉施設などの慢性的な介護職員不足が全国的に問題となっている。名寄市社会福祉事業団が運営する特別養護老人ホーム2施設(清峰園、しらかばハイツ)でも介護職員確保が喫緊の課題となっている状況。市担当によると、清峰園で介護職員定数60人に対し51人、しらかばハイツで定数37人に対し28人と不足しており、両施設共に定員いっぱいに利用者を受け入れられない状況が続いている。
 このような中で、昨年12月の市議会第4回定例会で介護人材確保緊急対策事業が可決。今年1月に「名寄市介護職員初任者研修受講費用助成金等交付要綱」を定めた。28年度は補正予算として事業費84万円を計上。同事業は、介護職員初任者研修について、市内の介護保険サービス事業所に介護職員として就業中または内定を得た人を対象に、研修終了後に1年以上勤務することを条件に、研修費用(上限8万4000円)を助成。
 また、介護の有資格者を対象に、申請前1年以内に市内の介護保険サービス事業所に勤務した経験がなく、新たに介護職員として市内の介護保険サービス事業所に1年以上勤務することを条件に、就職支度金として8万4000円を支給するという、資格取得のための受講費助成と、有資格者の就業支援という2本立ての内容。

(写真=定例記者会見を行う加藤剛士市長)

[2017-01-06-19:00 ]


業種の垣根越え連携
名寄で青年団体新年交礼会

 【名寄】第5回青年団体新年交礼会が5日にホテル藤花で開かれ、新年の挨拶を交わすとともに今年1年の抱負を語り合い、新たな年の幕開けを祝い合った。
 市内の各青年団体による新年の初顔合わせ。名寄青年会議所、名寄商工会議所青年部、JA道北なよろ青年部の3団体が持ち回りで世話役となり開催しており、今年は名寄青年会議所(遠藤貴広理事長)が幹事。
 新年交礼会には3青年団体をはじめ、風連商工会青年部、名寄ローターアクトクラブ、なよろ観光まちづくり協会から50人が出席。
 遠藤理事長が「地域活性化のために農業、商業、工業の垣根を取り払い、より広い視野で先を見通すことが求められる。それぞれの産業のことを知っているようで知らないことが多い。きょうは互いを知り、このまちをどのようにしていくかを語り合う機会にしてもらいたい」と挨拶。
 来賓を代表し、加藤剛士市長が「市民が知恵を出し合いながら政策を打ち出していくことが求められている。この交礼会が、農・商・工・官が一体となり名寄を盛り上げていくためのきっかけとなることを願っている」と祝辞を寄せた。
 祝宴では、各出席団体が新年の挨拶を交わすなど、新たな年のスタートを祝った。

(写真=市内青年団体から60人が出席した新年交礼会)

[2017-01-06-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.