地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年12月27日

新雪の森を笑顔で散策
名寄・自然交流体験事業
東京杉並児童と交流深める

 【名寄】名寄市と友好交流都市提携を結ぶ東京都杉並区小学生の「名寄自然体験交流」が、26日から28日まで市内各所で行われており、森林散策など冬の遊びを満喫している。
 自然体験交流は、名寄、杉並区両教育委員会の主催で実施。杉並の子どもたちに名寄の特徴でもある冬の自然に親しんでもらうとともに、市内小学生と交流を深めようと、平成24年度から実施。11月27日には、名寄、杉並区の両会場をインターネット中継で結び、子どもたちが事前交流している。
 5回目の交流事業となった今冬は、杉並区の小学5、6年生25人が、2泊3日の日程で名寄に滞在。期間中は、公募で集まった名寄の小学4〜6年生17人と一緒に、天体観測やスノーシュートレッキング、カーリングなど、北国の冬ならではの自然体験交流を満喫。
 自然体験は、道北自然観察指導員会の協力で実施。スノーシューを身に着けた杉並区の児童たちは、積もった雪の上を歩いたり、雪玉を投げ合ったりしながら、「冷たくて気持ちいい」「最高」などと大はしゃぎ。同館東側の森林の中を散策。「キツツキの食痕」「凍裂」などのチェックポイントを探しながら、新雪の森を笑顔で散策した。この他、アイスクリーム作りや、スノードーム体験などを楽しみながら交流を深めた。

(写真=北国博物館東側の森林を散策した児童たち)

[ 2016-12-27-19:00 ]


ピザ作りや樹皮細工
京丹波・小学生が下川を探検

 【下川】町と友好関係にある京都府京丹波町の小学6年生6人が、25日から28日まで下川に滞在し積雪の町内を巡り、地元小学生と交流も深めた。
 町は友好関係にある京丹波町、岐阜県御嵩町、神奈川県横浜市戸塚区の3地域と双方間の子ども交流に取り組んでいる。
 京丹波町とは、森林・林業施策を互いに学び合うとともに、人事交流やまちづくり交流を展開。夏に下川の小学生6人が京丹波へ訪れたが今回はその逆、京丹波の小学生6人が下川を訪れた。
 京丹波(和知小学校6年)の子どもたちは26日、京丹波を訪れた下川の小学生6人と再会し、一緒に小学校舎をはじめ、町内中心街や一の橋地区の施設を散策した他、ピザ作りも体験。27日にはスノーシューで積雪の森林散策、雪遊び、シラカバ樹皮細工などを楽しんだ。
 京丹波の東昌一郎君、梅原宗大君、梅原一能君は下川の印象に「雪の量が多くて寒いけど、屋内は暑い。日暮れが早い。屋根の角度が大きい。信号機が縦に並んでいる」。下川で最もやりたいことに「雪遊び。雪原で寝転がってみたい」と話す。

(写真=ピザを作って味わった京丹波と下川の小学生)

[ 2016-12-27-19:00 ]


楽しい思い出を作る
美深・姉妹町添田町から教育交流訪問

 【美深】福岡県田川郡添田町教育交流訪問団(団長・光井美登利落合小学校校長)が、24日夜に来町。児童4人が、3泊4日の日程でホームステイしながら美深の児童と触れ合い、楽しい時間を過ごした。
 美深町と添田町は、旧国鉄日本一の赤字線が取り持つ縁で、昭和56年10月に姉妹町としての盟約を締結。各分野で交流を深めており、次代を担う子どもの派遣、受け入れも行っている。
 本年度は、美深町が受け入れ。添田町の小学4、5、6年生4人に加え、光井団長や小河善徳副町長ら引率者3人が来町し、旭川市の旭山動物園観光、美深スキー場でのスキーや雪板体験など。
 その中のスキー体験では時折、雪が強く降る天候となったが、添田町の児童たちは、ホームステイ先の児童をはじめ、スキーの指導者らと一緒にスキーにチャレンジ。ゆっくりシュプールを描きながら冬遊びを楽しんだ。
 なお、訪問団は、27日午前に離町。楽しい思い出を胸に帰路についた。

(写真=スキーに挑戦し、楽しんだ子どもたち)

[2016-12-27-19:00 ]


すがすがしい新年を
下川神社で神徒会がすす払い

 【下川】「すがすがしい新年を迎えよう」と、下川神社の神徒瑞垣会6人が26日に同神社社殿の「すす払い」を行った。同神徒瑞垣会も高齢化が進み、年々作業をこなせる会員が減少。今後会員だけでできることが、少なくなると考えられる。
 祝詞、玉串を上げた後、作業を開始。用意された長さ3・5メートルのササ竹4本を使い、サラサラと葉の当たる音を響かせながら、社殿内の高い柱や天井のすすを払った。神殿内の床、手すりなどのぞうきん掛けや境内除雪作業も行い、神社内外をきれいにした。
 会員の後藤俊子さんは「1年間の終わりにみんなで顔を合わせ、すす払いできることに感謝します。来年もみんな健康で一緒にできることを願っています」と心を込めながら作業に励む。
 同神社では31日午後11時から大はらいと除夜祭、1月1日午前0時から初もうでが行われる。同日午前10時から元旦祭も行われ、町の1年間の安全を祈願する。

(写真=新年へ思いを込めてすすを払う神徒会員)

[2016-12-27-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.