地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年12月20日

駅舎には寂しさ漂う
名寄駅のキヨスク閉店・売り上げ減少などで

 【名寄】日本最北だったJR名寄駅のキヨスクが、20日で閉店した。売り上げ減少やJR北海道の事業見直しによるものだが、利用客からは閉店を惜しむ声も多い。ただ、道内の駅ではキヨスク閉店が相次いでおり、現在は旭川駅や札幌駅など都市部の店舗が中心となっている。
 名寄駅のキヨスクは昭和30年に開店。当初は鉄道弘済会が運営していたが、62年4月の国鉄分割民営化に伴い、JR北海道グループ会社の北海道キヨスクに移管した。だが、全道的にコンビニエンスストアとの競合が影響し、売り上げが減少。名寄店でも同様の事態で、経営が厳しいことなどを理由として、20日限りでの閉店が名寄市にも伝えられていた。
 道内のキヨスクは国鉄分割民営化当時の昭和62年は283店だったが、今回の名寄店閉店により36店まで減少。名寄店は平成23年4月の稚内駅新駅舎開業による稚内店閉店で日本最北となったが、今後は旭川店が最北となる。JR北海道の事業見直しにより、道内の駅ではキヨスク閉店が相次いでおり、近年は根室、網走、滝川などで閉店。残るは旭川、札幌、小樽、苫小牧、函館、帯広、釧路、北見など都市部の駅が中心となっている。
 名寄駅には、かつて角舘商会による駅弁販売があったが、平成21年6月に閉店。JR北海道旅行センターのツインクルプラザも今年3月末で閉店していることから、駅舎には寂しさも漂いそうだ。

(写真=20日限りで閉店した名寄駅のキヨスク)

[ 2016-12-20-19:00 ]


例年より早い出現
名寄の秋元さんサンピラー撮影

 【名寄】名寄市内で写真店を営む秋元忠行さん(72)は、15日にサンピラー(太陽柱)の撮影に成功した。秋元さんは「今年初のサンピラー撮影。例年に比べてかなり早い時期にサンピラーが出現し驚いている」と話している。
 サンピラーを撮影したこの日は、名寄の最低気温氷点下20・4度を記録。日平均気温も氷点下14・2度と厳しい寒さに見舞われた。
 秋元さんは同日午前8時半ごろ、道道名寄遠別線の名母トンネル付近でサンピラーを撮影したとのこと。太陽が昇りはじめるとともに幻想的な光の柱が出現したという。
 秋元さんによると、気温、風、天気の3つで好条件がそろわなければ、良いサンピラーが発生しないとのこと。秋元さんは「今年は何枚、良いサンピラー写真を撮ることができるか楽しみ」と話している。

(写真=名母トンネル付近で撮影したサンピラー)

[ 2016-12-20-19:00 ]


名寄の歴史、文化学ぶ
なよろ観光まちづくり協「おとな塾」が開講

 【名寄】なよろ観光まちづくり協会主催の、なよろまるわかり講座第1回「おとな塾」が17日に北国博物館で開かれ、多くの受講者が名寄の歴史や文化を学んだ。
 名寄市観光ボランティアの育成を目指す事業。全5回(予定)の日程で開講し、名寄の歴史や文化、食、観光などについて学んでもらうもの。
 第1回目の講座は、「名寄市の郷土について」をテーマに、同博物館専門指導員の鈴木邦輝さんが講師を務めた。
 鈴木さんは、明治31年の入植前の名寄の地図をはじめ、立木が目立つ未開拓の名寄市街予定地の様子、道路沿いに平屋の店が立ち並ぶ明治44年の西4条通り、さまざまな官公庁の位置が記された大正14年の市街図などをスクリーン映像で紹介し、名寄の街並みの歴史について説明。また、廉売市場の商店など市街地の商業や、上川北部地域の消費動向に変化をもたらした大型商業施設の出店などの歴史を解説した。続いて、同館常設展示室に移動し、アイヌの自然や食文化、寒冷地特有の建築物構造などについて理解を深めた。

(写真=北国博物館常設展示室の見学も行った受講者たち)

[2016-12-20-19:00 ]


園児の顔がほころぶ
美深林産協同組合がツリー贈呈

 【美深】美深林産協同組合(梶田幸宏代表理事)は16日、美深町幼児センターに大きなクリスマスツリーを贈呈。園児たちの顔がほころんだ。
 同組合では、樹木との触れ合いを通じ、森林への興味・関心を深めてもらうきっかけにしてもらおう─と同センター、町文化会館COM100、美深育成園にツリーをプレゼントしており、今年で16年目。
 今年のツリーも美深産アカエゾマツ(28年生)。同センターとCOM100に樹高3メートル30センチ各1本、育成園には樹高1メートル4本を、8日に届けた。
 贈呈式には、同組合と上川総合振興局北部森林室、同センターの3から5歳児と教職員合わせて約100人が出席。梶田代表理事から園児の手に目録が手渡されると、園児たちは元気良く「ありがとうございました」とお礼の言葉を述べた。また、感謝の気持ちとして、園児たちから梶田代表理事に手作りのツリーが贈られた。

(写真=贈呈されたクリスマスツリーの前で記念撮影)

[2016-12-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.