地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年12月19日

特急2往復、旭川打ち切り
JR宗谷本線・札幌直通は1往復だけ
来年3月4日にダイヤ改正

 【名寄・美深】JR北海道は、来年3月4日に実施するダイヤ改正の詳細を発表。宗谷本線関係では稚内〜札幌間の特急3往復のうち2往復が旭川で打ち切られ、旭川〜札幌間の特急に乗り換え。札幌直通は1往復だけとなる。
 稚内〜札幌間の特急は現在、スーパー宗谷2往復とサロベツ1往復の合計3往復だが、そのうち札幌行きで午前のスーパー宗谷2号と午後の上りサロベツを旭川着、稚内行きで午後の下りサロベツと夜のスーパー宗谷3号を旭川発に短縮。旭川〜札幌間は新設される特急ライラック(6両編成)に乗り換える形となる。
 列車愛称も変わり、稚内〜札幌間の1往復が宗谷、稚内〜旭川間の2往復はサロベツ(1号〜4号)となり、車両は両特急ともキハ261系気動車(現行スーパー宗谷の車両)4両編成となる。なお、旭川で乗り継ぎとなる場合、自由席特急料金、指定席特急料金、グリーン料金は通算(出発駅から到着駅まで)での料金計算で、直通の場合と同じ料金とする。また、旭川での特急乗り換えは同一ホームとするが、乗り換えの面倒さや混雑時の自由席確保の難しさなどで利用客から不満も出そうだ。一方、サロベツの廃止が一部でささやかれていたため、旭川打ち切りは仕方ないとの声も少数ある。
 ダイヤ変更の理由として、現行のサロベツ、オホーツク(網走〜札幌間)で使用しているキハ183系気動車の老朽化が著しいことから、一部の車両の廃車を進めなければならず、使用可能な車両の範囲内で運行するためとしている。
 同様の理由で、網走〜札幌間の特急オホーツク4往復のうち2往復が旭川で打ち切り。列車愛称は網走〜札幌間の2往復がオホーツク(1号〜4号)、網走〜旭川間の2往復が大雪(1号〜4号)となる。車両は両特急ともキハ183系気動車4両編成。料金計算や乗り換えは宗谷本線の特急と同じ条件としている。

(写真=旭川打ち切りとなるスーパー宗谷=上=、サロベツ)

[ 2016-12-19-19:00 ]


高梨、伊藤の競り合い
名寄・ピヤシリ&吉田杯ジャンプ大会

 【名寄】全日本スキー連盟A級公認の「第47回名寄ピヤシリジャンプ大会」が17日、「第32回吉田杯ジャンプ大会」は18日、ともに午前9時半からピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100)で開かれた。
 大会は名寄地方スキー連盟(吉田肇会長)などの主催。ピヤシリ大会には女子32人、男子87人、吉田杯には女子32人が出場(男子は荒天のため中止)。
 ピヤシリ大会では、女子の高梨沙羅選手(クラレ)が、1本目94メートル、2本目が最長不倒の96メートルを飛び優勝。下川町出身の伊藤有希選手(土屋ホーム)が、1本目92メートル、2本目90メートルの安定した飛躍で準優勝を飾った。また、瀬川芙美佳選手(下川商業高校)1本目、2本目ともに77メートルを飛び5位入賞を果たした。
 男子は、小林潤志郎選手(雪印メグミルクスキー部)が、1本目96メートル、2本目96・5メートルを飛び優勝。
 一方、吉田杯は強風のため、女子が1本の飛躍のみを行ったが、男子は競技中止に。女子は伊藤選手、高梨選手がともに76メートルを飛んだが、飛型点で0・5ポイント上回った伊藤選手が優勝。鴨田鮎華選手(下川商業高校)が66メートルを飛び、4位入賞を果たした。

(写真=ピヤシリ大会で優勝の高梨選手=上=、吉田杯を制した下川出身の伊藤選手)

[ 2016-12-19-19:00 ]


受講者14人に認定書
名寄・もち米サポーター養成塾

 【名寄】「もち米サポーター養成塾」(塾長・村中洋一名寄市もち米生産組合長)の第4回講座が18日に市民文化センターで開かれ、養成塾の締めくくりとして餅つきを体験した他、受講者14人に「名寄もち米サポーター」の認定書が交付された。
 同養成塾は、生産日本一を誇る名寄のもち米を市民の誇りと感じてもらうとともに、もち米を自主的にPRしてもらう応援隊を養成するもの。昨年度に続いての開講で、小学生から大人まで14人が参加。今年4月の入塾式・もみまき見学を皮切りに、5月の田植え体験、10月には稲刈り体験と出荷施設見学を行い、農業や名寄のもち米について学びを深めてきた。
 活動の締めくくりとなったこの日は、餅つき講座で開講。なよろ名誉もち大使の水間健詞さん、10代目なよろもち大使の今田正志さん、大出崇博さんによる餅つきのデモンストレーションを披露。受講者たちは4つのグループに分かれて餅つきを体験。児童や女性たちは、重いきねを力いっぱい振り下ろす様子が見られた。その後、加藤剛士市長から、受講者一人一人に「名寄もち米サポーター」の認定書が贈呈。村中塾長が養成塾の活動を振り返るとともに、もち米サポーターとしての活動に期待を込めた。

(写真=なよろもち大使の指導で餅つきを体験した受講者たち)

[2016-12-19-19:00 ]


美深は3〜4年後
道警・来年4月に3署統合

 【名寄・美深】道警は、第4回道議会定例会に「北海道警察組織条例改正案」を提出し、15日に可決された。それによると、来年4月1日に三笠、夕張、沼田の3警察署がそれぞれ岩見沢、栗山、深川に統合。また、3〜4年後に美深、砂川の2警察署がそれぞれ名寄、滝川に統合される見通し。
 道警では、少人数体制での運営を余儀なくされている警察署が抱える活動上の問題点として(1)駐在所が不在となりがち(2)夜間・休日の当直体制が不十分(3)係単位での活動が困難―を挙げている。
 そのため、駐在所の慢性的な不在状態の解消による地域警察活動の強化、夜間・休日の当直体制強化、事案対応力の強化を目的として、小規模警察署の統合を実施する。それにより、来年4月1日に三笠と岩見沢、夕張と栗山、沼田と深川でそれぞれ統合。統合先の警察署は本署として2署分の管轄の治安を維持。統合される警察署は本署の分庁舎として継続運用され、警察相談や交通窓口(運転免許証の手続きなど)が設置される。交番や駐在所の配置、体制は現状維持される。
 美深と名寄、砂川と滝川は3〜4年後に統合される見通しで、来年4月統合の警察署と同じ方式で運営される見込みだ。

[2016-12-19-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.