地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年12月18日

名寄自学が優良教習所
全日本指定自教連から表彰

 【名寄】名寄自動車学校(和田敏明管理者)は、全日本指定自動車教習所協会連合会(田中節夫会長)の会長表彰として優良教習所。さらに和田管理者が教習推進功労、指導員の高橋紀世治さんが優良職員でそれぞれ表彰を受けた。和田管理者は「表彰受賞は市民皆さんの交通安全に対する意識のたまものと協力のおかげ」と感謝している。
 同連合会には全国で1350校、道内は73校が加入。第49回全国大会が11月25日に東京都内で開催され、その席上で各種表彰が行われた。
 そのうち、優良教習所は長年にわたって自動車運転教育で積極的な取り組みを推進、講習水準を向上し、多くの優良運転者を育成した功績。教習推進功労は自動車運転教育推進者として尽力し、指定自動車教習所の発展に貢献。優良職員は自動車運転教育を実践し、他の模範となる人に贈られる。
 本年度、優良教習所は全国で38校、道内は名寄自動車学校と手稲自動車学校(札幌)の2校。教習推進功労は全国で107人、道内は6人で、道北地方は和田管理者のみ。優良職員は全国で240人、道内は14人で、道北地方は高橋さんを含め2人が受けた。

(写真=受賞は市民の協力のおかげ―と感謝する和田管理者、高橋さん=左から=)

[ 2016-12-18-19:00 ]


社会実用レベルを突破
下川商業高3年・久保田希さん英検2級合格

 【下川】下川商業高校3年の久保田希さんが、実用英語技能検定2級に合格。一般や大学生を含めても合格率25%の難関で、同校では初の合格者となった。
 英検2級には、筆記とリスニングの1次試験、面接形式のスピーキングテスト(2次試験)があり、本年度から筆記に英文で考えを述べる「英作文」も加わった。高卒レベルの英語を応用し、社会生活に生かせる力が求められる。
 久保田さんは下川町生まれ、下川中出身。検定受験費の助成が手厚く、多くの検定取得に挑戦できるという理由で、下川商業高校へ進学し、3年間で15種を取得している。
 英検では1年時に準2級を合格。在学中に2級を目指そうと思っていたところ、3年選択授業「英語表現」の一環で受験することになり、勉強を重ねて10月11日、11月6日の名寄会場試験へ挑んで合格。「単語が苦手で大変だったが、先生が丁寧に教えてくれたので合格できた」と振り返る。
 春から事務系への就職が内定しており「今まで学んだことを生かしながら、一人前の社会人になれるよう頑張って働き、育ててくれた親へ孝行したい。機会があれば英検準1級も挑戦してみたい」と話す。

(写真=英検2級に合格した久保田希さん)

[ 2016-12-18-19:00 ]


新星を確認観測
名寄の佐野康男さん・自作機材利用し、IAU報告

 【名寄】元なよろ市立天文台「きたすばる」台長、名寄市内在住の佐野康男さん(56)は、このほど、さんかく座の銀河に出現した新星を確認観測し、撮影に成功した。
 この新星は、中国の星明天文台が3日午後10時22分(日本時間)、さんかく座の銀河M33に新星状の候補天体を発見。国際天文学連合(IAU)に報告し、公表された。佐野さんはその情報を基に、自宅前に自作した超新星捜索機材をこの銀河に向け、新星状天体の確認観測を実施。発見からおよそ2時間後の4日午前0時23分(日本時間)、16・8等星の新星状の候補天体を確認し、IAUに報告した。この銀河の新星は、6日午前8時33分に「M33N 2016‐12a」と命名され、天文電報(ATel)として世界中に速報し、公表された。
 名寄市内で過去にこの銀河に発見された新星を確認観測したのは、平成22年12月17日に宮城県の遊佐徹さんが発見したもの(命名M33N 2010‐12a)で、翌日に市立天文台の40センチ望遠鏡で確認観測して以来6年ぶり。この時も佐野さんが確認観測を行った。 今回の観測では、平成13年4月23日に佐野さん宅前に自作した超新星システムとスライディングルーフ観測室を利用。今年4月から観測システムの修繕と一部新システムを構築し、8月ごろから本格的に稼働。いくつかの超新星の確認観測報告を行ってきた。

(写真=佐野さんが観測した新星の画像)

[2016-12-18-19:00 ]


大切な人へ心を込める
下川キッズ児童が年賀状作り

 【下川】新年用年賀状の受け付けが、15日から全国で一斉に始まったが、町内では町教育委員会主催のキッズスクールが午後3時から公民館で開かれ、消しゴムはんこで年賀状を作った。
 児童16人が参加し、各自1枚ずつ年賀はがきを持参。これに指導員手作りの消しゴムはんこを押し当てた。はんこは、こま、絵馬、富士山、だるまなどの他、えとの酉(とり)も用意された。
 さらに個性いっぱいの手描きイラスト、「あけましておめでとう」「ずっと友だちだよ」「今年もいっぱい遊ぼうね」などメッセージを書き加えた。
 差出人や宛名も書いて、友だち、祖父母など好きな人へ宛てた年賀状を完成させた。

(写真=一生懸命、年賀状を書いた児童たち)

[2016-12-18-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.