地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年11月30日

美深町地域安全推進協議会
警察署から情報提供も・後期推進会議で今後の計画確認

 【美深】美深町地域安全推進協議会(会長・山口信夫町長)の平成28年度後期推進会議が29日に町文化会館COM100で開かれた。
 同協議会、美深警察署(古藤敏之署長)から26人が出席。山口会長が「皆さんの地域安全推進に対する思い、警察署の指導が実を結んでいる。安心安全な町だが、何が起きるかわからないため、気を付けてほしい」と挨拶。
 来賓の古藤署長は、15日にラルズマート美深店前で発生の事故に関し、「市街地での人身事故は、平成22年以来で重く受け止め、対策を講じている。道路を横断する方に対し、一言声を掛けてほしい」と、事故防止への協力を求めるとともに、横断歩道を渡っての道路横断を呼び掛けた。
 同協議会事務局が、交通安全や振り込め詐欺被害防止の街頭啓発など前期の活動報告、美深町議会定例会で採択された「美深町飲酒運転撲滅に関する決議」についての説明が行われた。
 今後の事業計画は、12月6日美深高等養護学校交通安全教室、14日私の主張発表大会、15日歳末パトロール、1月9日110番の日地域安全音楽会(仮称)などを予定している。

(写真=後期推進会議の開会に当たり、挨拶する山口会長)

[ 2016-11-30-19:00 ]


糖尿病治療薬などに理解
名寄・たに内科クリニックの講演会

 【名寄】たに内科クリニック(谷光憲院長)の院内講演会が29日に同クリニックで開かれ、糖尿病の治療薬や、血糖を急に上げないようにする注意点などを学んだ。
 谷院長は、健診で見つかる糖尿病は氷山の一角とし、「隠れ糖尿病を見つけるためには、食後血糖を計測することが大切。また、糖尿病の治療は食事と運動が基本で、それでも改善されない場合は薬による治療を行う」などと説明。
 糖尿病治療薬(7種類)のうち、新薬「SGLT2阻害剤」について、「健常者は尿に糖は出ない仕組みとなっている。この薬はあえて尿の中に糖を排出し、血糖を下げる効果がある」と解説。安全かつ良好な血糖のコントロールが大切とし、「血糖値の変動幅が大きいほど、心筋梗塞などのリスクを高める。また、低血糖は認知症のリスクを高めることになり、穏やかに血糖を下げることが重要。1日血糖の平坦化、低血糖を起こさないなど、患者一人一人に合ったオーダーメイドの治療が求められる」と強調した。
 続いて、同クリニック栄養士の佐藤亜依さんが「血糖を急に上げないようにするには?」をテーマに講演した。

(写真=一人一人に合ったオーダーメイドの治療が大切と話す谷院長)

[ 2016-11-30-19:00 ]


腹を締めながら遊ぶ
下川・「親子ヨガ」で心身健康に

 【下川】豊富温泉などで「健康づくり教室」を担当する、沖ヨガインストラクターの中島まなみさんを講師に招き、26日に町内、総合福祉センターハピネスで2つのヨガ教室が開かれた。午前9時からは、こども運動サークル「しもかわっこ」主催の「親子ヨガ」。親子で楽しむ健康運動を学んだ。
 「親子ヨガ」は乳幼児、小学生、子育て世代の30人が参加。沖ヨガは古典的ヨガに武道、東洋医学、民間療法などを組み合わせ、心身のバランス回復、自己能力開発を促す総合ヨガ。
 中島さんは「親も子どもと一緒に本気で遊ぶだけで、家族全員が元気になれる。ヨガのポイントは『腹を締める』。それでバランスが取れ、芯から強い子どもが育つ。幼いうちはあらゆる動きを取り入れるのが大切。スポーツも一つに絞らないほうが良い」など説明し、全身を伸ばして体のバランスを取る山、三日月、相撲などのポーズを教えた。
 引き続き、エアロビクス同好会「ステップアップ」主催の初心者ヨガ「簡単ほぐし動作」も開かれた。

(写真=親子で楽しんだ沖ヨガ教室)

[2016-11-30-19:00 ]


楽しく伝統文化に親しむ
風連中央小6年生が琴演奏体験

 【名寄】風連中央小学校(堀江充校長)6年生(24人)による琴演奏体験が29日に同校で行われ、伝統文化に親しんだ。
 今回の和楽器体験は、音楽の授業の一環。同校で琴演奏体験を行うのは、約10年ぶりとのこと。講師には、生田流正派邦楽会大師範(箏曲・三弦教授)の宮本幸子(雅楽幸)さんを招いた。
 宮本さんは、琴について触れ、「琴の発祥は中国。琴の各部分の名称は龍頭、龍尾、龍腹など、龍になぞらえて付けられている」などと説明。
 続いて、宮本さんが模範演奏「六段の調(一段)」で美しい音色を披露。「花は咲く」では、琴演奏に合わせ、児童全員が元気な歌声を響かせた。演奏体験では幻想曲「さくらさくら」に挑戦。宮本さんと同校の本庄奈津美教諭による演奏を聴いた後、児童たちは5グループに分かれ練習開始。
 琴は1グループに1面ずつ用意され、交代で練習。演奏の順番を待つ児童も、真剣な表情で譜面を見つめる様子も見られ、楽しみながら伝統文化に触れていた。

(写真=琴演奏に挑戦した風連中央小の6年生たち)

[2016-11-30-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.