地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年11月7日

台湾農業学び国際交流
名寄産業高・酪農科学科2年生を派遣

 【名寄】名寄産業高校(増田雅彦校長)酪農科学科2年生8人が、8日から12日まで台湾に派遣され、農業実習などを通して現地の農業を学びながら国際交流を深める。生徒たちが7日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤剛士市長に意気込みを語った。
 道北農業担い手育成対策協議会(会長・加藤市長)が主体となり、同校生の台湾派遣事業を昨年から実施。国際感覚を身に付けた農業経営者の育成、異なる文化を持つ人たちと共生する資質を養うことを狙いとしている。
 今年は酪農科学科2年生の渡辺健司さん、池田創太さん、三戸ちはるさん、鈴木智絢さん、立上琳人さん、中村彩花さん、夏井若菜さん、村岡郁也さんの8人を派遣。引率団は増田校長が団長、岡本常範教諭、山田裕治市経済部農務課長、李珮h市経済部交流推進係長が引率する。
 日程は、8日に名寄を出発、台湾・嘉義市に到着。9日は農家で農業実習に取り組み、有機野菜やプチトマトの収穫作業に携わる。太保市農会(日本の農協に相当)を表敬訪問、嘉義大学で酪農研修を行い、台湾の酪農や畜産の現状を学ぶ。10日は、日本人技術者の八田與一氏が建築を指揮した農業ダムの「烏山頭ダム」を見学。国立雲林虎尾農工では、生徒たちが農業クラブ全国大会で優秀賞を受賞したメロンの有機栽培プロジェクトを発表。11日は台湾の観光名所を巡り、12日に帰国する。

(写真=台湾に派遣される酪農科学科生徒と引率団員たち)

[ 2016-11-07-19:00 ]


芸能発表に盛大な拍手
美深・町民文化祭最終日も盛況

 【美深】町民文化祭最終日の6日、町文化会館COM100文化ホールで町民芸能発表会、エントランスホールでお茶を楽しむ会やハーブティー・ハーブバター試飲試食会などが催され、多くの町民でにぎわった。
 町民文化祭実行委員会(中村剛実行委員長)の主催。本年度は「未来☆創造〜新たな出発・その先へ」をテーマに、1日から6日までCOM100を会場に開かれた。
 町民芸能発表会は、正午から文化ホールで開催。琴城流大正琴美深愛好会がオープニングを飾り、「さくら変奏曲」や「お岩木山」などを奏でた。
 ステージ上ではダンス、踊り、一輪車、フラダンスなど、美深で生まれ育った芸術文化が披露され、豊かな表現力で観客を魅了。大きな拍手を受けていた。
 また、視聴覚室で真空管オーディオ鑑賞会、エントランスホールでお茶を楽しむ会とハーブティー・ハーブバター試飲試食会&クラフト作り、小ホールや大会議室などで町民作品総合展示会が催された。COM100内は、さまざまな文化に飾り付けられ、多くの町民が笑顔で楽しい時間を過ごしていた。

(写真=ダンスを披露したODSmovers)

[ 2016-11-07-19:00 ]


佐竹君(風連中央)が優勝
名寄で児童将棋大会・石田プロの教室も楽しむ

 【名寄】日本将棋連盟名寄支部(吉川明男支部長)、名寄市児童センター(芝野美記館長)主催の第24回児童将棋大会が5日に同センターで開かれた。
 大会には地元の名寄をはじめ、士別、美深、中川から小学生20人が参加。吉川支部長と来賓の小野浩一教育長が「将棋を楽しむとともに、精いっぱい頑張ってほしい」などと健闘を願って挨拶した。
 また、対局を前に名寄出身でプロ棋士として活躍する石田直裕四段による教室を開催。石田四段は、対局で勝つための基本で「相手の強い駒を取って戦力をアップさせること」とした他、「盤上を広く見渡して考えることで、いろいろな指し方が見えてくる」などとアドバイスした。
 競技は、1人3回戦ずつ対局する予選リーグを行い、上位16人が決勝トーナメントでの優勝目指して戦った。緊迫した雰囲気の中、児童たちは真剣なまなざしで盤上を見つめ、相手の考えを読みながら駒を指し、頭脳戦を展開していた。

(写真上=勝つための基本をアドバイスした石田四段)
(写真下=20人が参加して頭脳戦を展開した将棋大会)

[2016-11-07-19:00 ]


辻村・菅野組は2連覇
道トランポリン競技選手権・美深協会の芳賀・宇野組初優勝

 【美深】美深町トランポリン協会(南和博会長)メンバーが、10月29、30の両日、名寄市スポーツセンターで開催の「第38回北海道トランポリン競技選手権大会」という全道の強豪が集う舞台で健闘。中でもシンクロナイズドAクラスで、辻村いちかさん(美深高1年)と菅野愛来さん(美深中2年)が2連覇を果たすなど活躍した。
 北海道トランポリン協会が主催する同大会は、道内最高峰の大会で、19団体から116人が出場。美深協会からは辻村さん、菅野さん、辻村来夢さん(美深中1年)、三住楓さん(美深小6年)、芳賀まひるさん(同4年)、宇野梨沙さん(同同)が大会に挑んだ。
 個人では、Aクラスで辻村いちかさん3位、菅野さん4位。Bクラスで辻村来夢さん6位、芳賀さん7位、宇野さん14位、三住さん16位。シンクロでは、辻村いちかさんと菅野さんがAクラス2連覇。芳賀さんと宇野さんがBクラス初優勝、辻村来夢さんと三住さんは同6位入賞を果たした。さらに、個人の予選合計得点で競う団体戦では、辻村いちかさん、菅野さん、辻村来夢さんの組が2位。三住さん、芳賀さん、宇野さんの組が7位となった。

(写真=活躍した辻村いちかさん、菅野さん、辻村来夢さん=後列左から=。三住さん、芳賀さん、宇野さん=前列左から=)

[2016-11-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.