地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年9月21日

旧営林署跡地に移転へ
名寄警察署・31年度の新庁舎完成予定

 【名寄】名寄警察署庁舎が、旧名寄営林署跡地に移転することが明らかとなった。早ければ今月末にボーリング調査が始まり、平成31年度の新庁舎完成を予定している。
 名寄市によると、先週末に道警から電話連絡があった。橋本正道副市長は「庁舎移転で道予算の調整がついたとの連絡を受けた」と明らかにした。スケジュールは、早ければ今月末から10月にボーリング(地質)調査を行い、29年度に設計。30年度から31年度にかけて新庁舎建設を予定しているという。
 旧営林署跡地の面積は5200平方メートル。13年8月に営林署が廃止された後、名寄市土地開発公社が15年3月に6000万円で跡地を取得。同公社の解散に伴い、26年6月に市が6270万円で取得した。市では警察署庁舎移転を道警に要望してきた経緯があり、橋本副市長は「要望していたことがかない、安堵(あんど)している」と語った。
 昭和40年11月に完成した警察署現庁舎敷地(2000平方メートル)の跡地利用について、橋本副市長は「市役所名寄庁舎と隣接するので魅力的な土地であり、駐車場の狭あい解消など、いろいろな活用方法が考えられるが、道や道警との交渉となり、どのような形で取得するか時間がかかると思う」と話した。
 一方、道警では小規模警察署の再編計画を打ち出しており、名寄と美深の両警察署を統合し、美深を分署とするする方針。分署は自動車専用道路「名寄美深道路」の終点に近い美深町敷島9線付近に移転することを美深町に示している。

[ 2016-09-21-19:00 ]


選手たちが健脚競う
名寄・あかげらロードレース大会

 【名寄】道北陸上競技協会(宮本儔会長)主催の第32回名寄あかげらロードレース大会が19日、なよろ健康の森陸上競技場を発着点に開かれ、選手たちが日ごろ鍛えている健脚を競い合った。
 今年の大会には市内をはじめ、近隣市町村、旭川、稚内などから97人がエントリー。コースは、幼児対象の746メートル、小学生の3キロ、中学生以上の5キロと10キロの4種類。
 選手たちはスタートの合図で一斉に飛び出し、日ごろの練習成果を発揮して力強い走り。すがすがしい天候の下、選手たちはさわやかな汗を流して一生懸命に走ったりしながら、自分のペースでレースを満喫していた。

(写真=幼児から一般まで97人がエントリーしたあかげらレース)

[ 2016-09-21-19:00 ]


核兵器廃絶を訴える
名寄・原水爆禁止世界大会報告会

 【名寄】原水爆禁止2016年世界大会の報告会が16日に駅前交流プラザ「よろーな」で開かれ、被爆者から聞いた原爆の実態についての話を通して、痛ましさや悲惨さをあらためて感じた。
 報告会は、原水爆禁止名寄協議会(大本隆雄代表)が主催。同協議会では50年近く同大会に名寄から代表者を派遣している。
 今年の同大会は、8月4日から6日まで広島市で開かれ、名寄から斎藤稜平君(名寄高校2年)が出席した。
 前段で大本代表が「核兵器廃絶が世界の焦点となっている。日本では核抑止力として核の傘に入るためアメリカに協力、国際的な動きとは背を向けている。原爆投下から71年が経過したが、被爆の影響で苦しめられ続けているのが現実問題であり、若い人たちや後世に伝える意義は大きい」と挨拶した。
 続いて、斎藤君が報告。被爆者たちの講話を基に語り、原爆の熱線による被害や後遺症などから「爆発した瞬間だけではなく、その後にも被害があったという恐ろしさを知った」と訴えた。
 高校生の分科会に参加し「核廃絶を絶対に目指さなければならない。核兵器をこれ以上つくらせてはならない思いで一致した」と振り返った。

(写真=被爆者たちの講話を基に報告した斎藤君)

[2016-09-21-19:00 ]


レッスン成果堂々と
さしかわ名寄支店の音楽会

 【名寄】さしかわ名寄支店(川合欽也支店長)主催の「2016みんなのおんがくかい」が、17日から19日までの3日間、市民文化センターエンレイホールで開かれ、生徒たちが日ごろのレッスン成果を堂々と披露した。
 ヤマハ音楽教室の名寄教室と美深教室合同の発表会。4歳児から高校生までの生徒160人が出演した。
 ステージは、17日は1部、18、19の両日は2部ずつの計5部構成。初日は講師による演奏で開幕し、エレクトーンやピアノのソロ、アンサンブル演奏を披露。「小人がひとり森の中で」「かえるのうた」「こぐまのマーチ」「365日の紙飛行機」「つむぎ歌」「タランテラ」「風になる」「星に願いを」など、さまざまなジャンルの曲を演奏。
 緊張した表情を浮かべていた生徒も、練習通りに演奏でき、ほっとした表情で一礼する姿も。会場にはわが子の演奏を聴こうと多くの父母らが訪れ、精いっぱい演奏する姿に、惜しみない拍手を送っていた。

(写真=出演者、来場者共に音楽を楽しんだ発表会)

[2016-09-21-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.