地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年8月20日

団体初出場で5位入賞
全日本トランポリンJr選手権・風連少年団の大野、佐々木、大築さん

 【名寄】風連トランポリン少年団(日根野正敏団長)所属の大野風花さん(名寄東中3年)、佐々木李梨さん(名寄中2年)、大築花音さん(風連中2年)が、第2回全日本トランポリン競技ジュニア選手権大会の団体競技女子13〜15歳の部で5位入賞。同大会の団体は初出場で「全国で初めて賞状をもらえてうれしい」と喜びを語った。
 同大会は、日本体操協会が主催し、7月28日から31日まで石川県白山市で開催。個人、シンクロ、団体の競技で行われ、風連少年団からは過去最高の10人が挑んだ。団体競技は15チームがエントリー。3人1チームで、個人競技のポイントの合計点で順位を競った。その結果、大野さん、佐々木さん、大築さんの風連少年団が5位入賞。道内チームに限定すると風連少年団が最高となった。
 大野さんは「規定演技では今までで最高の演技点の点数を出せて、うれしい。自由演技は少し失敗してしまったので、悔しい」。佐々木さんは「練習であまりうまくできず心配だったが、大会では気持ちを下げず、しっかり通して演技することができた」。大築さんは「規定ではあまり演技点が伸びず悔しかったが、自由は今までに出したことのない点数でうれしかった」と振り返る。
 6位までに入賞することを目標とするとともに、けがで出場できなかった栗原星来さん(名寄中2年)を思いながら大会に挑んだとのこと。
 日本体操協会トランポリン委員会公認コーチで風連少年団指導員の山崎真由美さんは「規定と自由で予選が2本ずつあり、正しい演技をしないと点数にならず、頑張って練習した成果が表れた。男女一緒に練習しており、女子は他のチームより高く跳び、高さの点数をしっかりと取れたことが入賞につながったと思う」と分析する。

(写真=入賞に笑顔を見せる佐々木さん、大野さん、大築さん=左から=)

[ 2016-08-20-19:00 ]


名寄産食材使い商品開発
香川調理専門学校・市内の食関係者と意見交換会

 【名寄】香川調理製菓専門学校(東京都豊島区)による「名寄産の特産品を使ったメニュー開発と食関係者意見交換会」が19日に駅前交流プラザ「よろーな」で開かれた。18日に来名した同校の学生9人が、もち米などを使って考案したメニューを紹介するとともに、地元農業者などと意見交換しながら交流も深めた。
 同校では、授業の一環として、地域の特産品などを活用した料理・デザート開発にも取り組んでいる。名寄の特産品を使用した商品開発は5年目で、今年は18日に学生9人が来名。滞在期間は22日まで。今回は「ひまわりパウダー」「もち米」「スイートコーン」を使ってメニューを考案。学生たちが試行錯誤しながら、「なよろバーガー」「なよろ栄養満点5色おこわ」「ひまわりシュウマイ」「チェー風甘酒スイーツ」「フルーツ餅」「クリームチーズ大福」の6商品を開発した。
 意見交換では最初に、学生たちが使用した食材について「ひまわりパウダーは水にも湯に溶けにくく、加工するのが難しかった。一方で、工夫すると色が濃く付いて見栄えが良い」「もち米は加工法を少し変えるだけで食感や色合いなどが変化した」などと感想を話した。
 この他、地元農業者などの食関係者と懇談した学生たちは、「もち米やスイートコーンの品種や特徴、食材の生産過程を学ぶことができて良かった」などと発表し、有意義な時間としていた。
 また、開発したメニューの試食会(各メニュー30食限定)を、21日午前9時半からなよろ健康の森で開催される「第38回なよろ産業まつり」の会場で行う。

(写真=開発したメニューを紹介する香川調理製菓専門学校の学生たち)

[ 2016-08-20-19:00 ]


決勝で仲間同士の対決も
下川剣道少年団・オホーツク大会女子団体優勝

 【下川】下川剣道少年団が、オホーツク圏青少年剣道大会(14日・紋別市)の女子小学生団体戦で優勝と準優勝を独占。女子小学低学年個人戦でも、堀川結衣さん(4年)が優勝を果たし、好調ぶりを見せた。
 女子小学団体戦には、道内11チームが出場。下川勢はAチームとBチームに分かれて出場したが、両チームとも勝ち進んで決勝戦で対決した。仲間同士の戦いに戸惑いつつも、Bチーム=松岡杏奈さん(4年)、堀川さん、中島羽菜さん(6年)=が、Aチーム=江口莉都さん、宍戸仁美さん、松岡陽奈さん(以上6年)=を破り、優勝した。
 さらに下川勢は青少年剣道錬成大会(7月17日・稚内市)で、松岡杏奈さん、遠藤美奈さん(4年)、竹内正世君(3年)、寺澤大翔君(4年)、堀川さんのチームが小学低学年団体で2位、松岡陽奈さんが小学高学年女子個人で3位に入賞した。
 北海道「赤胴」少年剣道錬成大会(7日・札幌市)の個人戦では、道内各地方から選抜の代表183人が出場したが、江口さんがベスト16入りした。

(写真=各大会で健闘を見せた下川剣道少年団)

[2016-08-20-19:00 ]


「安全運転心掛けて」
名寄・バイクの日で街頭啓発

 【名寄】「バイクの日」の19日、市内の交通安全団体による街頭啓発が、道の駅「もち米の里なよろ」駐車場などで行われ、ライダーに安全運転の励行を呼び掛けた。
 「バイクの日」は、平成元年に当時の総務庁が制定。この日を中心に、全国で事故防止啓発やバイクの安全運転講習などの活動が展開されている。
 街頭啓発には、名寄地区交通安全協会連合会、風連交通安全協会、セーフティ・レディース・クラブ、名寄警察署など11団体から約30人が参加。
 啓発では、国道40号沿いに「飲酒運転根絶。パトロール中」などと記された啓発旗を手に、旗の波でドライバーやライダーに事故防止を啓発。また、道の駅駐車場内では、ライダーやドライバーに、飲酒運転防止を呼び掛ける啓発チラシをはじめ、スピードセイバーなどと記されたライダーフラッグ、夜光反射材、ポケットティッシュなどのグッズを手渡し、「バイクの日での啓発活動です。安全運転を心掛けてください」などと呼び掛けた。

(写真=ライダーに安全運転を呼び掛けた啓発)

[2016-08-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.