地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年8月19日

住宅リフォーム助成事業で説明
名寄市議会経済建設委・事業規模は1300万円

 【名寄】名寄市議会経済建設常任委員会(奥村英俊委員長)が18日に市役所名寄庁舎で開かれた。市が9月開会の市議会第3回定例会で上程を予定している、住宅リフォーム代の一部を補助する「名寄市住宅改修等推進事業補助金」案について説明。市営業戦略課は「事業規模は1300万円を予定。申請件数が当初予算を超えた場合、28年度については補正予算で対応したいと考えている」などと説明した。
 市営業戦略課によると、同事業は住宅改修工事費用の一部を助成するもの。事業案によると、住宅改修工事などに要する経費が100万円以上に20万円、経費が50万円以上に10万円を補助する内容。
 一般の住宅改修に加え、移住者向けの住宅改修(市外に3年以上居住していた者が転入し所有する住宅)、市が今後実施する空き家バンクに登録されている住宅改修に関しても規定を設けるなど、「住宅改修等事業」「移住定住事業」「空き家バンク定住事業」の3事業を盛り込む。
 市営業戦略課によると、事業規模は1300万円を予定。市議会第3回定例会で補正予算案を上程。可決後、登録業者の募集・登録(市内業者に限定)。市ホームページなどで事業周知を図り、10月1日からの事業開始を予定。
 委員会では、当初予算を超える申請があった場合の対応で、市担当は「100万円以上の改修工事で考えた場合、65件分となる予算規模。もし、申請件数が65件を超える見込みとなった場合は、補正予算で対応したい。また、この事業は複数年、行う計画。本年度の申請状況などを基に、補助メニューの在り方などを検証しながら来年度につなげていきたい」とした。

[ 2016-08-19-19:00 ]


台風でヒマワリ倒伏
名寄・サンピラーパークも一部被害

 【名寄】17日午後、北海道に上陸した台風7号の影響で、市内のヒマワリ畑では倒伏するなどの被害が見られた。市内日進の道立サンピラーパーク内のヒマワリ畑も、強風により一部倒伏。公園を管理する名寄振興公社では「心配していたよりも被害は少なかった」と胸をなでおろしている。
 同パーク「風の丘」のヒマワリ畑は、上段と下段に分かれているように見え、約30万本が咲き誇る。被害があったのは下段のうち4割から5割程度。暴風雨により倒伏したり、花弁が飛散するなどの被害を受けた。
 同パークのヒマワリ畑は、一昨年も強風被害により著しい被害を受け、夜間のライトアップを中止した経緯がある。しかし、今回の台風での被害は、ヒマワリ畑の一部にとどまった。
 そのため、風の丘上段に設置されている展望台(昭和産業の協力で設置)からの眺めは、まだまだ見ごろとなっている。
 また、名寄市観光交流振興協議会(会長・加藤剛士市長)が実施している、ヒマワリ畑の夜間ライトアップは、当初予定通り21日まで実施する計画。これは、名寄のヒマワリ畑を舞台とした映画「星守る犬」のワンシーンに、夜の星とヒマワリ畑を眺める場面があり、これを再現したもの。昼間とは一味違う幻想的な光景が、多くの来場者を魅了している。ライトアップの時間は、日没後から午後8時まで(雨天時は中止となる場合もある)。

(写真上=強風で一部倒伏したサンピラーパークのヒマワリ畑)
(写真下=展望台からの美しい眺めはまだまだ見ごろ)

[ 2016-08-19-19:00 ]


一般事務職含め募集中
9月に名寄市の職員採用試験

 【名寄】名寄市は、9月18日午前9時から名寄市立大学で29年度の名寄市職員採用試験を行う。募集は一般事務職と保育士などで、24日まで受験申し込みを受け付けている。9月の試験では、一般事務職と農業土木技師について民間企業などで勤務経験を持つ社会人枠を設けている。また、7月に実施した大卒を対象にした1次採用試験には29人が受験し、2次試験は20日に行われる予定だ。
 名寄市では、7月に大卒、9月には高卒などを含めた職員の採用試験を実施している。職員の定年退職数のピークは過ぎているものの、早期退職もおり、28年度については18人を採用。そして、29年度については一般事務職で10人程度の採用を見込み、試験を行っている。7月での試験結果は、まだ出ていないため、9月分の募集は一般事務職で5人程度としている。
 9月の試験募集では、一般事務職が大卒、高卒、短大卒と、社会人枠としている他、保育士、消防士、機械系技師各1人と、社会人枠で農業土木技師1人としている。社会人枠での応募に当たっては、職務経験を確認するため、職歴証明書などの提出を求めている。
 試験は9月18日午前9時から名寄大学で行うが、一般事務職は教養試験、適正試験、論文(作文)などとなっている。24日まで受験の応募を受け付けているが、問い合わせは市総務課職員係まで。

[2016-08-19-19:00 ]


賞品ゲットへドキドキ
美深町商工会・サマーセールチャンス1抽選

 【美深】美深町商工会(園部一正会長)の「生活応援2016サマーセール」抽選会が、17日から町内大通北3の大内新聞店横で始まり、多くの町民がワクワク感、ドキドキ感を持ちながら抽選器をガラガラと回す光景が見られている。
 サマーセールの売り出し期間は、7月1日から8月19日まで。今年もダブルチャンス方式で、「チャンス1」は、サマーセール参加店で買い物500円ごとにシール1枚が進呈され、10枚貼った専用台紙1枚で1回抽選できる。さらに、チャンス1抽選会参加者のみに参加権が与えられる「チャン2」抽選も用意。美深ふるさと秋まつり(9月4日)会場で実施する。
 チャンス1の抽選初日は、降雨というあいにくの天候となったものの、豪華景品ゲットを目指す多くの町民が、専用台紙を握り締めて来場。ドキドキしながら抽選器のハンドルを回して一喜一憂。外れてもボックスティッシュまたは、商品券(50円)が獲得できるが、特別賞(商品券1万円)やA賞(缶ビール1箱、米10キロ、洗剤1箱、ジュース1箱のいずれか)などが出ると当選の鐘が鳴り、喜びの表情を見せていた。

(写真=賞品獲得を目指して抽選器を回す来場者)

[2016-08-19-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.