地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年8月3日

西3条通りに露店95軒
きょうから名寄神社例大祭・5日は「みこし渡御」

 【名寄】名寄神社例大祭が、4日午後7時からの宵宮祭でスタートする。本祭りの5日は、午前9時半から「みこし渡御」が予定され、古式ゆかしい装束をまとった行列が、威勢の良い掛け声とともに「みこし」を揺らしながら市内を勇壮に練り歩く。
 名寄神社例大祭は、 名寄まつり祭典実行委員会(櫻井則之祭典委員長)が企画、運営。5日の「みこし渡御」は、祭りの中心行事の一つ。氏神が年に一度、社を出て市民生活を見て回るものとされ、多くの市民が五穀豊穣(ほうじょう)、商工繁栄、市民平和、交通安全を祈願するもの。
 今年の「みこし渡御」は、午前9時半に神社を出発。そよかぜ館、東病院、市役所名寄庁舎を経て、駅前交流プラザ「よろーな」へ。「よろーな」からはみこし徒歩行進となり、稚児が合流。同10時45分ごろ出発し、吉田病院、はせがわ、桜井組、西條、みやざき菓子店、ホテル藤花、坂下組の順で市街地を練り歩く。また、祭りムードを盛り上げる露店(4日〜6日)は、西3条通の南6丁目から9丁目にかけて出店。金魚すくいやスマートボールといった昔ながらの遊びの他、綿あめ、かき氷、クレープ、たこ焼きなど95軒が並ぶ予定。
 6日は、名寄祭り協賛、第7回「商店街大道芸フェスティバルinなよろ」(名寄市商店街連合会主催)が、正午から名寄祭り露店会場の市内西3条通特設会場付近で開催される。
 タイムスケジュールにより特設会場(第1、第2会場)を移動しながらパフォーマンスを披露してもらうもの。「タンバリンマスター ゴンゾー」「パフォーマー はち君」「パフォーマー 刹那」「バルーンアーチスト あい」のゲストパフォーマー4組をはじめ、市民パフォーマー12組が出演予定。大道芸、ダンスなどのパフォーマンスを披露する計画で、同連合会では多くの来場を呼び掛けている。

[ 2016-08-03-19:00 ]


6日に「なよろ水祭り」開催
なにいろ工房・20年ぶりの復活へ

 【名寄】なにいろ工房(黒井代表)主催の「なよろ水祭り」が、6日午前10時半から市内西2南6の特設会場で開かれる。同工房では「子どもから大人まで、幅広い世代の方々に楽しんでもらいたい」と来場を呼び掛けている。
 名寄では、昭和36年に始まった「なよろ水まつり」の本尊として木造の「河童大明神」を制作。水まつり会場には、河童大明神が祀られ、来場者が水をかけるなどして親しまれた。その後、水まつりは、買い物公園、花火大会とともに1本化された。「なよろ水まつり」もいつのまにか姿を消し、20年の月日が経過。なにいろ工房を中心に、かつて水まつりを楽しんだ有志が集い、祭りを復活させることに。
 「なよろ水祭り」は、名寄商工会議所青年部、名寄市社会福祉協議会、弥生の里農園、天塩弥生駅の協力で開催。午前10時半からの「かっぱ復活セレモニー」で開幕。河童大明神の捜索から発見までを、寸劇形式で紹介。引き続き、河童大明神の復帰後、初の仕事として、結婚式の祭司を務めるという設定で、実際に名寄に移住してきたカップルのウエディングセレモニーを実施。生のゴスペルも披露されるなど、本格的なセレモニーとなる計画。なお、式の様子はFMラジオ「Air てっし」で生中継される予定。
 午後の部(正午〜午後5時)では、「水に感謝して、カッパと遊ぼう」をコンセプトに、子どもから大人までが楽しめる内容。午後3時半からは、水風船を使ったゲーム。親子や友達同士で水風船をキャッチするゲームや、大人同士では、洗面器を頭に乗せ水風船をキャッチするといった内容。菓子やビールチケットなどの景品も用意されるとのこと。また、会場では水鉄砲の貸し出し(40個予定)も行われ、自由に楽しんでもらうことにしている。同工房では「濡れてもよい服装で訪れてほしい」と呼び掛けている。なお、子どもたちの着替え場所も用意される。

(写真=多くの来場を呼び掛けるPRポスター)

[ 2016-08-03-19:00 ]


思い思いの光景描く
名寄・夏休み子ども写生会

 【名寄】夏休み子ども写生会が2日に浅江島公園で開かれ、園内を自由に回りながら思い思いの光景を描いた。
 名寄市公民館(仙石徳志館長)が主催した夏休み恒例行事。自然の中で家族と一緒に絵を描くことで、子どもの感性や創造力を高めるとともに、家族の交流を深めることを狙いとしている。幼児と小中学生、保護者76人が参加。子育てサークル「たららん」も親子連れで顔を見せた。講師は棚橋美術教室主宰の棚橋麗子さんが務め、同教室に通う生徒たちもサポート役に入った。
 棚橋さんは「自分でいいなあ―というものを見つけたら、それを描いてみて」などとアドバイスし、子どもたちは園内へ。広い園内を自由に回って木々や池、遊具など、あらゆる光景を描写。対象物と向き合いながら、水彩絵の具やクレヨンを画材に、個性あふれる発想で描き、出来栄えに満足している様子だった。
 なお、作品展示は2日午後から12日午前中まで市民文化センター展示ホールで開催。表彰式は12日午後1時半から行われる。

(写真=園内のあらゆる光景を描写する子どもたち)

[2016-08-03-19:00 ]


朝まで長渕剛を歌う
美深・6日にオールナイトフェス

 【美深】オールナイト剛フェス2016in美深が、6日午後3時から森林公園びふかアイランド内の野外ステージを会場に開かれる。
 実行委員会(堀井哲哉代表)の主催。朝まで長渕剛さんの曲を歌い、熱く盛り上がるイベントで、音楽旅人☆音楽夢人とOF企画が協力。札幌、旭川、深川、釧路、倶知安、千歳から長渕剛さんを愛する7組が出演する予定。1組3曲の弾き語りを行うが、当日の飛び入り(1人1曲)も大歓迎だ。
 午後8時をめどにライブは終了。その後は、自由に3曲回し程度で体力の続く限り歌い続ける。
 参加費1000円(豚ジンギスカン300グラム、おにぎり2個、野菜付き)。その他の飲食物の持ち込みは自由。ビールのみ1杯300円で販売する予定。また、当日は正午から入場可能。雨天時は、アートヴィレッジ恩根内が会場となる。
 問い合わせ先は、オールナイト剛フェス実行委員会(メール・tsuyoshifes@gmail.com)となっている。

[2016-08-03-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.